この記事の所要時間: 70

白い歯って素敵ですよね!
清潔感があるし、笑顔がより輝いてみえます。

皆さんは、自分の歯の色が気になることがありますか?

歯の色について、筆者はあまり気にしたことがなかったのですが、
友人が「歯が黄ばんできた」というので、突然気になり始めました。
それ以来あまり口を開けて笑うことがなくなりました・・・

白くしたいなーと思い始めて数年経ちますが
歯医者さんにちょこっと聞いてみたくらいで実行できていません。
これを機にホワイトニングも始めたいなーと思ったので
ホワイトニングについて調べてみました!

よかったら、ご参考にして下さいね。

スポンサーリンク


黄ばみの原因は?

食べ物による着色

飲み物だと、コーヒーや赤ワイン、紅茶、ウーロン茶などを日常的に飲んでいると
これらの色素が付着して歯が黄ばみます。
食べ物だと、チョコレートやカレーが挙げられます。

どれも、一度食べて歯に色がついてしまうわけではないのですが
習慣的にこれらを摂取していると、毎日少しずつ蓄積されて
目に見えるほどの色がついてしまいます。

タバコのヤニ

タバコに含まれているタールはいわゆるヤニで、
粘着性があるため歯につくとなかなか落とすことができません。
喫煙の習慣があると毎日のように付着していくので、
食べ物よりも黄ばみやすくなります。

加齢

生えたばかりの時は白い歯でも、加齢によって黄ばんでいきます。
歯の表面はエナメル質という白くて透明感のあるものに覆われていますが
年齢とともにこのエナメル質が薄くなり、中にある象牙質(黄色っぽい)
が透けて見えることで黄ばみが目立つようになります。

スポンサーリンク

歯石の付着

歯石は、歯垢が硬くなってしまったものですが、
歯石は黄色っぽい色をしているので、黄ばみの原因になります。

ブラッシングがうまくできていないと
歯の隙間などに歯垢が溜まり歯石になります。

ブラッシングの仕方についてはこちらをご覧ください。

口が臭い?セルフケアとプロフェッショナルケアで口臭対策!

歯の磨きすぎ

歯を磨きすぎたら黄ばむなんて、まさか!と思いますよね。
実は一生懸命歯をゴシゴシ磨くことで、歯の表面のエナメル質が削れて
中にある象牙質が透けてみえてしまうのです。
象牙質はもともと黄色っぽいので、黄ばんでみえてしまうのです。

口の乾燥

口の中の唾液の分泌が少なくなると、唾液による歯の洗浄効果が働かず
歯垢が残りやすくなります。
また、唾液が十分に出ていて潤っている歯は、色素沈着を起こしにくいのですが
逆に乾燥していると、色素沈着を起こしやすくなるのです。

先天的なもの

遺伝的に、生まれつき歯の色が黄色っぽい人や、グレーっぽい人もいます。
病気ではありませんが、気になる人は多いようです。


ホワイトニングって?

歯の黄ばみの原因がわかったところで、本題に移りましょう。

ホワイトニングって、歯を白くすることでしょ?って思いますよね。
でも、具体的に何をするのかわからない人も多いのではないでしょうか。
筆者もそのうちの一人です。基本から勉強していきましょう。

ホワイトニングとは、もともとの自分の歯の色を白くする方法です。
日本人の歯はもともと黄色っぽくはあるのですが、
元の歯の色より白くするということです。歯の漂白ですね。
つまり、これは先天的に黄色っぽい歯の方が、
白くしたい場合に使う方法です。

他に、歯を白くする方法に、クリーニングというものがあります。
筆者も最初は何が違うのかよくわからなかったのですが、
クリーニングは、歯に付着した歯垢や歯石、着色汚れを取って
歯本来の色や状態に戻す事です。

歯医者さんもこの違いについて詳しくは話してくれませんでしたね。笑
自分で調べるというのはとても大事だと実感しております。

ただし、元々知覚過敏の症状がある方や、歯が削れたりすり減ったりしている方はオススメできません。
また、被せ物や詰め物の歯や、神経を抜いてしまっている歯が
目立つところにある場合も同様です。

これらは白くすることができないので
不自然な色の差が出てしまうかもしれません。

ここではホワイトニングについてご説明していきます。


ホワイトニングの種類

セルフホワイトニング

専門店に行き自分自身で行うホワイトニングで、医療行為ではありません。
歯科医師以外は、お口の中に触れてホワイトニングをすることは法律上できないのです。

一回あたりの施術時間は約30分程度。
ホワイトニングは保険が効かないので、一般的に高いと言われていますが
セルフホワイトニングは、通常のホワイトニングに比べて安価で
一回あたり3000〜5000円前後です。

<流れ>
スタッフから説明を受け、歯を磨きます。
その後、口の開口器を自分で装着して、鏡を見ながら薬剤のジェルを塗ります。
自分でLEDライトを歯に当てて、開口器をとり口をゆすぎます。
これを何セットか繰り返します。
最後にもう一度歯磨きをして終了です。

セルフホワイトニングのいいところは
・料金が安い
・痛みを感じにくい
・着色汚れを落とすことができる

ですが、全て自己責任で行うために
白さにムラが出たり、元々の歯を白くするという漂白効果はないということです。
また、ホワイトニングする際に、虫歯や歯周病があると痛む原因になることがあるのですが
それをチェックしてもらえないということがデメリットです。


ホームホワイトニング

自分の家で行うことが出来るホワイトニングです。
歯医者さんで自分の歯の形をとり、自分専用のマウスピースを作ります。
マウスピースができたら、ホワイトニングの薬液をいれたマウスピースを
毎日歯に装着し、漂白していきます。
料金は15000~30000円ほど。

上の画像のように、マウスピースは透明なので
装着していても気づかれにくいです。

マウスピースは1日2時間装着しますが、装着中は喋りにくくなります。
また、漂白後24時間くらいは色素沈着の心配がある食べ物や飲み物は控えます。
人によっては違和感が我慢できないという声も。

2〜4週間で効果が実感できるようです。
時間はかかりますが、自分でできてお金も比較的かからないので
最近人気が出ていますよ。
自分のペースでできるので、忙しくて歯医者さんに通えない方にもオススメです。

オフィスホワイトニングと併用するパターンもあります。


オフィスホワイトニング

歯科医院で、歯科医師の管理下の元行う
通院型のホワイトニングで、1回~数回の通院が必要です。

高濃度の過酸化水素を使った専用の薬液を
歯に塗り、LEDの光をあてて漂白をしていきます。
短期間で効果を出したい方はこちらがオススメです。
オフィスホワイトニングは、1回につき15000円~50000円です。
保険がききませんので、自費治療となり歯医者さんによってお値段は様々です。

歯医者さんの管理のもと行われるので、強力な薬剤とライトを使っていますから
早くはっきりとした効果を感じることができます。
その代わり、痛みが出ることもあります。

何と言っても、お値段が張るのがネックですね・・・

まとめ

いかがでしたか?

歯が黄ばんでしまう理由や
ホワイトニングの基礎知識を学んでいただけましたでしょうか。

ホワイトニングの種類は・・・

セルフホワイトニング
ホームホワイトニング
オフィスホワイトニング

の3つです!!

お金もかかることなので
歯医者さんやサロンによく相談した上で
ホワイトニングを始めて下さいね。

クリーニングに関しては、また別の記事で書こうと思いますので
楽しみにしていて下さい♪

スポンサーリンク