この記事の所要時間: 742


最近話題のEX。

筆者はいつも「EXとは???」と思いつつ
スルーし、みどりの窓口へ。

重い腰を上げ、EXに挑戦するも
公式ホームページみてもよくわからない・・・

EX予約=エクスプレス予約です。
EXPRESS(エクスプレス)の頭をとってEX予約。

ずっと「いーえっくす予約」と読んでいて
エクスプレス予約とは別物と思い込み
混乱していた筆者です。汗

正直申しますと、公式ホームページ
筆者にはわかりにくすぎます・・・

なので筆者のような方も
この記事を見たらわかるように
頑張りたいと思います。

今回は、料金に関することを中心に
ご説明していきますね。

スポンサーリンク



エクスプレス予約とは

エクスプレス予約とは、
東海道新幹線と山陽新幹線
(つまり最長東京〜博多間)
の区間で乗車する際に
おトクで便利なシステムです。

具体的には、

・インターネットで切符を簡単に予約できる

・場合によってはチケットレスで乗車可能

・予約変更が何度でも手数料無料
(ただし時間などの制限があります)

・早く予約するとだいぶ安く乗れるものも

という特徴があります。

詳しくは下記の記事もご覧ください!

【新幹線予約】EX予約とは?スマートEXとエクスプレス予約の違い


エクスプレス予約とスマートEX

大事な料金の話をする前に
スマートEXについても
お話ししておかないといけません。

エクスプレス予約とほぼ同じ特徴で
スマートEXというものがあります。

・インターネットで切符を簡単に予約できる

・場合によってはチケットレスで乗車可能

・予約変更が何度でも手数料無料
(ただし時間などの制限があります)

・早く予約するとだいぶ安く乗れるものも

この特徴は一緒ですが、
早トク商品など、若干の差があるのと、
新幹線の値引き額が大きく違います。

なぜなら、
スマートEXは無料会員で
エクスプレス予約は年会費1,080円(税込)

がかかるからです。

スポンサーリンク

エクスプレス予約の料金

エクスプレス予約が通常料金と比べて
どれくらい安くなるのかを表で比べてみましょう。

区間のぞみ所定料金EX予約通常往復割引のぞみ
→EX予約往復割引
東京・品川⇔名古屋11090円10110円(-980円)
東京・品川⇔新大阪14450円13370円(-1080円)
東京・品川⇔広島19080円17660円(-1420円)17910円→16290円
(-1830円)
東京・品川⇔博多22950円21320円(-1630円)21560円→19730円
(-1830円)
名古屋⇔新大阪6560円5580円(-980円)
名古屋⇔広島14230円12830円(-1400円)
名古屋⇔博多18540円16650円(-1890円)17420円→15330円(-2090円)

※片道の営業キロが
601キロ以上にある区間のみ
往復割引が適用されます。


エクスプレス予約は、
距離が長ければ長くなるほど
割引料金は大きくなります。

筆者は新大阪→東京間で
新幹線を使うことが多いですが
片道で1080円割引されるので、
一度使えば年会費の元は取れます。

新大阪→名古屋は、時間で言えば50分程度で
料金は通常6560円ですが、
そこから980円安くなるのは大きいですよ!

東海道新幹線と山陽新幹線を使う機会が
年に一回でもある方は
入っていて損はしません!

エクスプレス予約で入会することを
オススメします。

スマートEXの料金

次に、スマートEXが通常料金と比べて
どれくらい安くなるのかを表で比べてみましょう。

主な区間所定料金スマートEX
東京⇔静岡6350円6150円
東京⇔名古屋11090円10890円
東京⇔新大阪14450円14250円
東京⇔岡山17340円17140円
東京⇔広島19080円18880円
名古屋⇔博多18540円18340円

と、距離に関係なく
通常より200円安くなります。

割引額は、エクスプレス予約より
ずっと小さいです。

しかし、たかが200円、されど200円。
チリも積もれば山となります。

年会費無料ですし、
当日まで予約可能なので、
せっかくなので使ったほうがいいですよね。


入会について

エクスプレス予約に入会する


よし!入会しよう!と決めたら
申し込みをするだけですが、
またこれがややこしいんです。

二つ方法があります。

①クレジットカードを作って入会する
②持っているクレジットカードで入会する

以下で詳しく説明していきます。

①クレジットカードを作って入会する

公式ホームページでは、2種類のクレジットカードを
紹介しています。

・JR東海エクスプレス・カードで入会する
首都圏、東海エリアや
東海道新幹線沿線等に住んでいる方に
オススメなカードです。
通常のカードは年会費1080円ですが、
京都が好きな方には、年会費2160円で
「そうだ 京都、行こう。」エクスプレス・カード
というのもあります。

・JR西日本J-WESTカードで入会する
関西、北陸エリアや山陽新幹線沿線等に
住んでいる方にオススメなカードです。

EX予約の、エクスプレス入会申し込みページでは
「JR西日本J-WEST
(エクスプレス)もあります。」
とあって、筆者は「???」となったんですけど
皆さんはお分かりでしょうか。

「入会申し込みページはこちら」から飛んだ
J-WESTカードの入会ページでは

・J-WESTカード(エクスプレス)
年会費1080円

・J-WESTカード(ベーシック)
年会費無料

の2つが紹介されています。

とてもわかりにくいのですが、
上で説明したエクスプレス予約の
割引を使いたいなら

・J-WESTカード(エクスプレス)
年会費1080円

こちらを選んでくださいね。

ブランドはMastercard、VISA、JCB
から選ぶことができます。

※J-WESTカード(ベーシック)については、
スマートEXの項目で説明します。

②持っているクレジットカードで入会する

クレジットカードを増やしたくない場合、
今持っているカードにプラスすることで
エクスプレス予約に入会できます。

方法は、各クレジットカード会社に
特約として申し込みます。

申し込み可能なカードかは
こちら
で確認できます。
こちらから特約の申し込みができます。

ただし、J-WESTカードについている
グリーンプログラムは使えません。

※グリーンプログラムとは・・・
エクスプレス予約で乗車すると、利用区間に応じて
登録不要で自動的にポイントが貯まります。
ポイントが貯まったら、普通車指定席料金で
グリーン車が利用できます!
(東京⇔新大阪間だと、6往復で
グリーン車にグレードアップできます♪)

スマートEXに入会する


スマートEXは基本的に
手持ちのクレジットカードがあれば
ネットで登録するだけで使えます。

任意ですが、
ICOCAやSuicaなどのICカードを登録して
より便利に使えます。

ですが、
JRおでかけネットのホームページでは
J-WESTカード(ベーシック)も紹介しています。

ですので、ここでは以下の2種類について
お話していきます。

①持っているクレジットカードで申し込む
②J-WESTカード(ベーシック)を申し込む
(クレジットカードを作る)

①持っているクレジットカードで申し込む

VISA、Mastercard、JCB、
アメリカン・エクスプレス、ダイナーズクラブ、
J-WESTカード(ベーシック)が登録できます。

利用できるカードはご本人だけですので
注意して下さいね。

新幹線の料金は、予約した際に
登録したクレジットカードで決済します。

予約後、通常券売機で切符を
受け取って乗車しますが、

ICカードは登録しておけば、
改札機にタッチするだけで乗車できる

便利ですよ。

使えるICカードは、以下の10種類です。
Kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCA

モバイルSuica、Apple PayのSuicaも
利用可能できます。

②J-WESTカード(ベーシック)を申し込む

初年度年会費無料ですが、
翌年から前年にショッピングでのカード利用が
一度もない場合、1080円かかります
ので
覚えておいてください。

クレジットカードをお持ちでない方や
電車の運賃の引き落としをこのカードにして
わかりやすくしたい方などは
新たにこちら作ってもいいでしょう。

ただし、新しくクレジットカードを作るため
審査が必要です。
手元に届くまで3週間ほどかかるので
急ぎの方は手持ちのカードで登録しましょう。


まとめ


いかがでしたか?
エクスプレス予約とスマートEXの
料金の違いはわかっていただけましたでしょうか。

繰り返しになりますが
年に一回でも新幹線の東京〜博多間を
利用するなら、断然エクスプレス予約をオススメします!

そうでない場合は
スマートEXで十分だと筆者は考えています。

ご参考にしていただければ幸いです!

スポンサーリンク