この記事の所要時間: 642

EX予約初心者の筆者です。

【新幹線】EX予約とは?スマートEXとエクスプレス予約の違い

EX予約を使うにあたり、
わからないことや実際に困ったこと、
失敗したことがありますので
どんどんこちらに書いて
皆様に役立てていただこうと思います。

スポンサーリンク



新幹線分の乗車券しか買えない

筆者は地元が群馬県なので、
帰省の際、高崎〜新大阪間で
乗車券を買うことがあるのですが、
EX予約では、これが買えません。

そのそも、EX予約は新幹線や特急列車の
予約をするものなのです。

そのため、
新幹線に乗る駅から、新幹線を降りる駅までの乗車券を
特急券とともに買うことはできますが、
乗車券単体で買うことはできません。

ただし、
e特急券という、
新幹線の特急券だけ買うことはできます。

ですので、筆者は
みどりの窓口で乗車券を
EX予約で特急券を
買うようにしています。

スポンサーリンク

兎にも角にも
筆者のような場合、乗車券は別で買う必要がある
ということを覚えておいて下さい。

そして乗車券の買い方はいくつかあります。

・みどりの窓口で買う
・券売機で買う
・e5489(いーごよやく)サイトで買う

です。

e5489(いーごよやく)は
JR西日本のインターネット列車予約サービスです。
こちらだと、乗車券も先に買っておいて、
券売機で受け取ることができます。

e5489についてはこちらをご覧ください。

【e5489とは】きっぷの種類は?東京駅で受け取れる?


在来線乗り継ぎ分は?

乗車券だけ別で買うのは面倒!!
という方もいると思います。

新幹線をJR東日本など、
EX予約で対応していない
新幹線に乗り継ぎつぐ場合は別として、

在来線を乗り継ぐ場合、
EX予約で特急券と同じ区間の
乗車券を一緒に買って、
乗り継ぎ分はSuicaなどのICカードで
通過することはできます。

例えば、新宿〜新大阪まで
この方法で行くとすると、
新宿〜東京駅まではSuicaで、
そのあとはEX予約の切符で

という感じです。

新幹線の改札では、
切符を入れた後に、
Suicaをかざしてください。

ただ、きっぷは区間が長くなればなるほど
安くなるので、最初から乗車券で
一括で買っておいた方がおトクです。

紙のきっぷ以外にも
EX専用ICカードも併用できると思いますが
かえってわかりにくいし
面倒なので、あまりオススメしません。

また自分で使ってみて良い方法があれば
更新していこうと思います。


最寄り駅ではきっぷが受け取れない?


EX予約は東京〜博多間ですので、
JR東海、JR西日本のサービスですよね。

最寄り駅では受け取れないの??
という心配の声が多いようです。

そもそも、どこできっぷを
受け取れるのかというと、

・JR東海・JR西日本の主な駅の窓口
・東海道・山陽新幹線の主な駅にある
指定席券売機や受取専用機


です。

窓口や券売機はもちろんですが、
受取専用機の設置もよく見かけます。

首都圏で受け取りができる駅は、
JR東海の窓口や券売機がある
東京・品川・新横浜・小田原・熱海駅です。

例えば筆者なら
高崎〜新大阪区間を乗車しますので、
最寄り駅ではきっぷを受け取れません。

東京駅に着いてから
EX予約のきっぷを発券します。


首都圏で受け取りの際の注意

JR東海の窓口、券売機等で
きっぷを受け取りますよね。

筆者のように、JR東海が近くにない場合。
最寄り駅から取り扱いのある駅に行くまで
きっぷを受け取れない方は、
当日、乗り換えの際に
受け取らなくてはいけません。

その際の注意として
筆者の経験を踏まえてお話ししておきます。

改札内できっぷは受け取れない

上越新幹線から、東海道新幹線に乗り換えるため
東京駅に到着してからきっぷ売り場を探しました。

東海道新幹線への改札には、
EX予約ICカードは使えません。
と看板が立っていました。

当たり前かもしれませんが、
JR東海の窓口も改札内にはありません。

不慣れな筆者も多少焦りましたが
駅員さんに聞くと、改札を出て
すぐ、JR東海の窓口ある。
乗車券を通していったん新幹線の
改札をでればOK、ということでした。

調べてみると

”東京駅の東海道・山陽新幹線と東北などの
各新幹線との乗継改札口は、
EX予約専用ICカードによる
乗車には対応しておりません。
EX予約専用ICカードで乗車する場合で、
東海道・山陽新幹線と東北などの
各新幹線を乗り継ぐ際は、
いったん、東海道新幹線の改札口を
出場してください。”
EX予約ホームページより。

なので、これを知っていれば
改札内でEX予約のきっぷを持っていなくても
焦らなくて済みますね。

よくみると、駅にもたくさんの
窓口の案内がありますので
安心して行って下さい。

JR東海の窓口や券売機の場所が
わからなければ、駅員さんに聞きましょう。

時間には余裕を持って

最初からみどりの窓口などできっぷを全部買っておけば
乗り換えの時間で焦ることはないと思いますが、
当日JR東海で発券する場合は
時間に余裕をもたせておきましょう。

年末年始などの繁忙期は
首都圏のJR東海の、窓口はもちろん
券売機も長蛇の列ができています。

当日焦らなくていいように
余裕を持って計画するか
事前に発券しておくかしておくと
いいですね。


発券する際の注意

これはあまりないかもしれないのですが
時間や乗車駅・降車駅が間違っていないか
発券前によく確認して下さい。

券売機で発券してしまって、
出発日前日から指定列車出発時刻前までだと
払い戻しに発売額の3割取られます。泣

きっぷ受け取り後に変更する場合は、
一度限り、手数料なしで
EX予約の決済用クレジットカードへ
払戻ができます。

ただ、変更後はEX予約の割引は適応されず、
通常価格になります
から、
間違えた場合、結構損します。

ちなみに、指定列車発車時刻後だと
全額です・・・

受取前または指定列車出発日の2日前までなら
330円ほどで済みます。

なので、発券前に
よーく確認をして下さいね。

筆者は、EX予約を
寝ぼけ眼で、乗る直前にしたため
真逆の区間を買ってしまいました。泣
(東京→新大阪を買うはずが
新大阪→東京で買っていました・・・)

1080円安く乗れるはずが、
通常価格で乗ることになりました。

やっぱり、事前に落ち着いて
予約するのが一番ですね。

ここで思ったのは、
簡単に、自分で予約できてしまうので
間違っても自己責任ということです。
皆様は、お気をつけ下さい。

まとめ


いかがでしたでしょうか?

EX予約の注意点は・・・
・新幹線分の乗車券しか買えないので
乗車券は別で買うこと
・在来線乗り継ぎ分はICカードでも可
・首都圏は、JR東海の窓口がある駅で
きっぷを受け取ろう
・発券前に、再度時間と区間を確認する

です。

また自分でわからなかったり
失敗したことがあれば
こちらを更新していこうと思います。

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク