この記事の所要時間: 749

皆さんご存知のSuica。
出身が関東の筆者は、大阪に引っ越してからしばらく
普通にSuicaを使って電車に乗っていました。

関西の駅でもSuicaは普通にチャージもできるので
筆者は何の不便も感じず使用していたのですが
東海道新幹線を多用するようになったため
エクスプレス予約会員になり、
ついでにSMART ICOCAを作りました。

エクスプレス予約やSMART ICOCAについては
別の記事で解説しています。
【新幹線】EX予約とは?スマートEXとエクスプレス予約の違い
【ICOCA購入場所】大阪駅ならSMART ICOCAも即日発行!

この記事では、西日本でSuicaの作り方

・・・そもそも作れるのか?

について書いていきたいと思います。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク


SuicaはJR西日本で作れる?

筆者はもともと持っていたので
JR西日本で作れるかどうかなんて考えたことがありませんでした。

この記事を見てくださっている方は
西日本にお住まいで、Suicaが欲しい方だと思うのですが
どのような経緯でこの記事にたどり着いたのでしょう?

やっぱり鉄道ファンならでは、コレクションのためでしょうか?
それとも、Suicaのペンギンが可愛いからでしょうか?笑

私はSuicaのペンギンが可愛いと思いますが、
関東に住む友人にICOCAを見せたら
ICOCAのキャラクター「イコちゃん」が
可愛くていいなー!といわれました。笑


余談はさておき、
JR西日本でSuicaカードが作れるかどうか、の答えは・・・・

作れません。涙

ごめんなさい、期待させてしまいましたでしょうか。汗

SuicaカードはJR東日本が発行するICカードなので
JR西日本の駅で作ることはできないようです。

JR西日本では手に入れることはできませんが
何とか他の方法はないか、調べてみました。

スポンサーリンク


西日本でSuicaカードを手に入れる方法

調べてみると、
Suicaカードをゲットする方法は3つあります。

①ヤフオクでゲットする。

②関東に住んでいる人に送ってもらう。

③クレジットカードと一緒に申し込んで作る.

です。


①ヤフオクでゲットする。

筆者は、

知人がICOCAの色が嫌だったらしく
(通常のICOCAの色は水色)
ヤフオクでわざわざ限定品の白いICOCAを買った

という話を聞きました。

Suicaもヤフオクで買えるんじゃないか??
と思い調べてみると、
普通に売っていました。笑

非売品のSuicaや
何かとコラボした数量限定のSuica、
東京駅開業100周年記念Suicaなど
えらい値段がついているものもあるんですが、
普通の無記名式Suicaが1400円で販売されていました。

通常Suicaカードを作るときは
デポジット(保証金)500円が必要になるので
その500円分とチャージ500円、
送料無料で1400円でした。

どうしてもSuicaが欲しい人は
かなり手軽にゲットできる方法だと思います。
少なくとも関東に行って作るよりはだいぶ安上がりですよね。笑


②関東に住んでいる人に送ってもらう。

ご家族かご友人が関東に住んでいる方は
この方法もありますね。

Suica自体はかなり手軽に作れるので
電車通勤、通学している方に頼めば
すぐにゲットできるでしょう。

関東では、Suicaをみどりの窓口や、自動券売機
コンビニで買うこともできます。

送料も数百円ですみますから
ヤフオクより少しお安くゲットできそうです。

関東でSuicaをゲットする方法はいくつかあるので
こちらの記事を参考にして下さい!

【Suicaの作り方】コンビニや多機能券売機でも購入可能!


③クレジットカードと一緒に申し込んで作る。

クレジットカードとSuicaの機能がひとつになった
Suica一体型のクレジットカードを申し込むという方法があります。

・「ビュー・スイカ」カード
(年会費477円(税抜))

・イオンSuicaカード
(年会費無料)

・ANA VISA Suicaカード
(年会費初年度無料、次年度2000円(税抜))

・アトレビューSuicaカード
(年会費初年度無料、次年度477円(税抜))

・ルミネカード
(年会費初年度無料、次年度953円(税抜))

ビックカメラSuicaカード
(年会費初年度無料、次年度477円(税抜))

・大人の休日倶楽部ミドルカード
(年会費初年度無料、次年度2575円(税抜))

があります。

前述のように、通常Suicaを作るときは
デポジット(保証金)として500円かかります。
(とはいえSuicaを返却すれば返ってきます。)
クレジットカードの場合は、デポジットが不要なので
おトクだという声も多いです。

その代わり、ほとんどのカードは
次年度以降年会費がかかりますから
覚えておいてくださいね。

唯一年会費がずっと無料なのが
イオンSuicaカードです。

比較的クレジットカードの審査もゆるいですから
クレジットカードを作るときの
ハードルは低いですね。

また、クレジットカード利用でポイントも貯まりますから
色々と重宝しそうです。

クレジットカードが増えても問題ないよ!
という方はぜひこちらをオススメします♪


モバイルSuica・Apple Pay Suica

Suicaカードにこだわらないのであれば
JR西日本でSuicaをゲットする方法があります。

それが、スマホの中にSuicaの機能が備わった

・モバイルSuica
・Apple Pay Suica

です。

もし皆さんが、この記事をご覧になって
「ビューカード申し込もう♪」と
なっていただけたのであれば、
さらに便利な機能が使えます。

モバイルSuica

通常はSuicaのICカードを持ち歩くと思いますが
モバイルSuicaは、ケータイと一体型になり
ICカードが不要になります。

使用方法は、ケータイを改札口でタッチするだけです。
いちいちカードを探さなくていいのは
とても楽でいいですね。

モバイルSuicaは、「Felica」搭載の
Android機向けのサービスです。

引き落としのため、
クレジットカードと紐づけて利用しますが
オートチャージができるのはビューカードのみ。

モバイルSuicaは、
いちいち自動券売機でチャージしなくても、

Suicaの残額が設定金額以下になると、
改札入場時に自動的に設定金額をチャージしてくれる
オートチャージという機能がついています。
(チャージする金額は自分で設定できます。)

残額不足の心配がなくなる便利なサービスですね。

ビューカードがあると
モバイルSuicaがより便利になりますね!

モバイルSuicaについては
こちらの記事に詳しく書いています!

【初心者向け】モバイルSuicaの基本サービスまとめ!

Apple Pay Suica

モバイルSuicaが、「Felica」搭載の
Android機向けのサービスなのに対して、
Apple Pay SuicaはiPhone向けのサービスです。

モバイルSuicaは2006年からありましたが

iPhoneは「Felica」ついてないなかったので
ずっと使えませんでした。

ですから、Apple Pay Suicaは近年導入されたものです。
iPhone7から対応するようになりました。

Apple Pay SuicaはモバイルSuicaの機能の
一部を使えるようにしているもので
全く同じというわけではありません。

しかし、基本的な機能の

・乗車賃の精算
・コンビニでの支払い
・オートチャージ
・現金チャージ

などは使えますから
個人的には不便はしないと思いますよ。


まとめ

いかがでしたか?

この記事をまとめますと・・・

・西日本でSuicaは作れません。涙

・西日本でSuicaカードを手に入れる方法は
3つ。

①ヤフオクで買う
②関東民に代理で買ってもらう
③ビューカードを申し込む

でした!!

わざわざ関東まで買いに行くと
交通費がバカにならないと思うので、
ぜひこの方法を活用してくださいね。

ご参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク