この記事の所要時間: 88

最近話題のApple Pay。

Suicaのチャージが
iPhoneでもできるようになりましたね。

iPhoneに実装されたSuica機能を
Apple Pay Suicaといいます。

Felica搭載のAndroid向け
「モバイルSuica」は先行して使えていましたが
iPhoneユーザーは日本でも多いですし
もどかしい思いをしていたことでしょう。

Apple Pay自体は、2016年10月25日に
iOS10.1のリリースとともに、
晴れて日本国内で利用が開始となりました。

この記事では
iPhoneで使えるSuicaやチャージの仕方
Apple Pay Suicaについて
書いていこうと思います。

他にもSuicaの記事を書いていますので
ご参考にどうぞ。
【Suica 】西日本での作り方?Suicaは西日本で購入できるのか調べてみた

【Suica】クレジットカードでチャージする方法4つ!

それではどうぞ!

スポンサーリンク




そもそもApple Payとは?

Apple Payは、iPhoneを使った非接触型の決済サービスです。
店頭にある専用のリーダーにiPhoneやApple Watchをかざすだけで、
クレジットカードや電子マネーで決済できる仕組みです。

iPhoneに標準で搭載されている
「WALLET」アプリというものがあります。
これに最大8枚のクレジットカードやSuicaが登録でき
iPhone1つでお買い物や電車・バスの利用ができます。

QUICPayやiDはご存知ですか?
普段から使っている方もいると思いますが
これが電子マネーです。
専用端末にタッチするだけで
現金なしで買い物ができますよね。

Apple Payは、Suica・QUICPay・iDに対応しています。

日本では、「iPhone7」「iPhone7 Plus」、
そして「Apple Watch Series2」が
2016年に発売されました。

その際、米アップルが日本でのサービスを開始したのが
Apple Payです。
その後に発売された「iPhone8」と「iPhone8 Plus」
「iPhone X」にも、もちろん搭載されています。

筆者のスマホはiPhone6なので
まだ使えていませんが・・・

Apple Payが使えれば、
iPhoneがお財布の代わりとなって
現金もクレジットカードも持ち運ぶ必要がなくなります!

すごい時代になりましたね。

スポンサーリンク


Apple Pay Suicaについて

Apple Pay Suicaは
何ができるかというところから
ご説明していきます。

まず、SuicaをiPhoneへ登録する際、
2種類の方法があります。

①Walletアプリで登録
②Suicaアプリをダウンロードして登録

iPhone標準搭載のWalletアプリだけでも
Suicaの利用は可能です。

Suicaアプリでないとできないことも多いので
ぜひSuicaアプリをダウンロードして使うことを
オススメします。

①Walletアプリでできること

・お持ちのsuicaカードをApple Payへ登録する

・コンビニ・鉄道・バスなどで
電子マネーとしてSuicaを利用する

・Walletアプリで、Apple Payに登録した
クレジットカードからSuicaをチャージする

・コンビニ等のお店で現金チャージ

・Apple Payに登録したクレジットカードで
継続定期券を購入する

このように、Suicaの基本的なサービスは
Walletアプリだけで利用することができます。

たまに電車に乗るくらいの頻度なら
これで十分かもしれません。

②Suicaアプリでできること

上記で説明したWalletアプリで使えるサービスは
もちろんSuicaアプリでも使えます。
ここでは、Suicaアプリにだけできることを
ご紹介しますね。

・新しく定期券を購入する
Apple PayのSuicaなら、駅の窓口や券売機に並ぶことなく
アプリ上で簡単に定期券が購入できます。
Walletでは、継続購入はできますが
新規購入はできません。

・オートチャージ機能を利用する
オートチャージとは・・・
Suicaの残額が設定金額以下になると
改札入場時に自動的に設定金額をチャージしてくれるサービスです。
チャージする金額は自分で設定できます。
改札を止められる心配がなくなりますよ。

私の記事ではオートチャージについて
耳がタコになるくらい書いていますが(笑)
Suica特有の本当に便利なサービスですね。

・モバイルSuica特急券を購入する
モバイル特急券とは・・・
携帯情報端末で新幹線の指定席/自由席を購入し、
改札機にタッチ&ゴーで新幹線へ乗ることができます。
窓口や券売機できっぷを受け取る必要がないので
時間の短縮になりますね。

・Suicaグリーン券を購入する
グリーン車Suicaシステムというものがあります。
これは、車内改札を省略するサービスです。

具体的には、Suicaで通常通り入場し、
ホームにある券売機でSuicaグリーン券を購入します。
紙のきっぷも出ないし車内改札もないので、
煩わしい作業が減りますね!

※車内改札とは、車内で「きっぷを拝見いたします」
と切符を確認されること。

・ビューカードのサンクスポイントをsuicaへチャージする
ビューカードとは、JR東日本が発行する
クレジットカードです。
このクレジットカードを利用するとたまるのが
サンクスポイント。
貯まったサンクスポイントがSuicaにチャージでき
お買い物や乗車の際に使えるということですね。


iPhoneでSuicaにチャージする手順

さて、Apple PayやApple Pay Suicaの概要について
ご理解いただけたと思います。
Walletを使うか、Suicaアプリを使うかは
あなた次第ですが
肝心な、そのチャージ方法を
それぞれ書いていきますね。

Walletアプリでチャージする

①Walletアプリを開きます。

②登録済みのSuicaを選択して、
画面右下のiのアイコンをタップします。

③次の画面で【チャージ】を選択します。

④Suicaにチャージしたい金額を入力、
または選択します。

Suicaのチャージ額は、1,000円や2,000円だけではなく、
端数入力もできます。
Suicaにチャージできるのは20000円まで。

入力を終えたら、「次へ」を押します。

⑤Touch IDで認証が必要なので、
ホームボタンに触れます。
次に完了をタップして終了です。

とっても簡単で便利ですねー!!


Suicaアプリでチャージする

次に、Suicaアプリでのチャージ手順をご説明します。

①Suicaアプリを開きます。

②Suica一覧画面の入金(チャージ) 金額を選ぶ
を押します。

③入金(チャージ) 金額を選ぶの画面で
チャージしたい金額を選択します。

④支払いをするクレジットカードを選択します。
Suicaアプリに登録したクレジットカードで決済する場合は
「クレジットカード」を選びます。

ここで選べるクレジットカードは
Suicaアプリ内に追加してあるクレジットカードであって
Apple Payに追加したクレジットカードではありません。

右側の「Apple Pay」(黒いボタン)をタップすれば、
Apple Payに追加してあるクレジットカードで
支払うこともできます。

⑤「入金(チャージ)」をタップします。
これを押した後は取り消しができませんので
よく確認して下さいね。

⑥入金(チャージ)完了すると
残高が表示されます。

以上でSuicaアプリからのチャージは完了です。


現金でチャージする

例えばクレジットカードが使えない場合などは
現金でiPhoneのSuicaをチャージすることができます。

この場合、基本的には駅の自動券売機などでは
できません
ので、
コンビニやチャージ対応のお店で
現金でチャージしましょう。

コンビニは、大手ならほとんどチャージ可能です。

コンビニチャージについてはこちらの記事に詳しく書いています!


まとめ

いかがでしたか?

iPhoneでのSuicaのチャージに関して
ご理解いただけましたでしょうか?

まとめますと、
iPhoneでのSuicaのチャージは・・・
・Walletアプリから!
・コンビニで現金チャージ!

でした!

ご参考にして下さいね。

こんな記事も書いています♪

【Suicaの作り方】コンビニや多機能券売機でも購入可能!

スポンサーリンク