この記事の所要時間: 133

えきねっとは、JR東日本が提供するオンラインサービスです。

新幹線や特急列車きっぷの申し込み、
JR東日本国内ツアー商品のお申込みをはじめ、
鉄道グッズなども販売しています。

皆さんの主な使い方は、
新幹線の指定席や特急列車の申し込みになるかと思います。

本来なら新幹線などのきっぷは
窓口に並んで買いますよね?

電車や新幹線に詳しくない方はそうなのではないでしょうか。
筆者は以前、選び方などがよくわからないので
いつも窓口で買っていました。

えきねっとは、きっぷの申し込みをオンラインでした後、
受け取りはJR東日本の駅指定席券売機でできます。

(他には、JR北海道とJR西日本の一部の駅、
そしてもみどりの窓口やびゅうプラザでも可能です。)

きっぷ受け取り前なら
変更や払い戻しもオンライン上でできます。

窓口が混んでいることも多いですから
自動券売機を使えば、時間を有効活用できますね。

えきねっとで申し込むと
みどりの窓口できっぷを購入した場合より
かなり安くなるプランもあります。

詳しくはこちらをご覧ください!
【えきねっとトクだ値】がおトク!割引率や事前予約の注意点も!

この記事では、えきねっとのポイントとはどんなものか
特徴やオススメの使い方を
解説していきたいと思います。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク


えきねっとポイントが貯まるサービス

えきねっとポイントは、えきねっとで
対象のサービスを利用すると
貯まるポイントです。

えきねっとポイントが貯まる
対象サービスが

・きっぷの予約、申し込み
・レンタカー予約
・えきねっとショッピング
・えきねっとポイントモール
・JR東日本国内ツアー申し込み

順に説明していきます!

きっぷの予約、申し込み

<JR東日本・JR北海道エリアの列車>
指定席券売機:30ポイント
チケットレス申込:30ポイント
みどりの窓口:20ポイント

スポンサーリンク

<それ以外>
指定席券売機:20ポイント
みどりの窓口:10ポイント

みどりの窓口で買うと、JR側の手間がかかる分
10ポイント少ないんですね。

また、えきねっと自体JR東日本のサービスですから
その他の列車はポイントが少ないのも仕方ないですね。

ついでにチケットレスの説明もしておきます。
不要な方は飛ばしてくださいね。

チケットレス申込とは

チケットレス申込とは、指定席特急券の発券が不要になる、
スマホや携帯電話からのみ申し込めるサービス。
(パソコンからは申し込めません。なぜ・・・)

チケットレス申し込みができるのは
常磐線特急 ひたち・ときわ
(品川駅~いわき駅間)

特急 あかぎ・スワローあかぎ
(休日はあかぎ、平日はスワローあかぎと呼ばれています。)

成田エクスプレス 
(品川・渋谷・新宿・池袋・横浜・大宮等
主要な駅と成田空港をダイレクトに結ぶ特急列車)

の3つのみです。

「チケットレス申込メニュー」から申込むと、
そのまま乗車できてしまうので
駅で指定席特急券を受取る必要がありません。

さらに、「えきねっとチケットレス割引」も
適用されます。

<チケットレス割引額>
ひたち・ときわ100円

あかぎ300円
スワローあかぎ100円

成田エクスプレス 200円

割引額は微々たるものですが
どうせなら安いほうがいいですよね。

チケットレスは特急券のみなので、
乗車券はSuicaカードやモバイルSuicaを使いましょう。
(わざわざ乗車券だけ紙のきっぷで買うのは2度手間です・・・)

チケットレス申し込みの
使いにくいところは
・キャリアメールが必須
(・・・@docomo.ne.jp、・・・@softbank.ne.jpなど)
スマホ・携帯からしか申し込めないからでしょうか・・・

・モバイルSuicaで特急券を買えない
えきねっとからしか申し込めないのです。
普段からモバイルSuicaや
Apple Pay Suicaを使っている方は
面倒かもしれません。

モバイルSuicaや
Apple Pay Suicaについて知りたい方はこちら!

【初心者向け】モバイルSuicaの基本サービスまとめ!
【Apple Pay Suica】iPhoneでのチャージ方法3つ!


レンタカー予約

えきねっとから、JR東日本エリアの
約140ヶ所の駅の「駅レンタカー」を
予約することができます。

予約時の申込金額「500円で1ポイント」がもらえます。

そもそも、JRでそんなサービスあるんだ・・・
と思っている方が多いのではないでしょうか。笑

ただレンタカーの予約だけをすることもできますが、
同時にえきねっとで指定券・自由席券・乗車券を申込みした場合に
「駅レンタカー」が割引になります!

JR西日本東北エリア:15%割引
JR北海道エリア:20%割引
JR東日本エリア:20%割引

割引率も大きくて嬉しいですよね!
レンタカー費用が浮いた分
旅行先で別のことを楽しめそうです♪

さらに!
今ちょうどキャンペーンがやっています!!

行くぜ、東北。SPECIAL
冬のごほうび えきねっと×モバイルSuica
~会員限定キャンペーン~

東北6県内の対象JR東日本レンタリース営業所で、
「えきねっと+駅レンタカープラン」を利用すると、
抽選でえきねっとポイント1000ポイント
(2500円分)が当たるそうです!

対象期間 2017年12月1日(金)~2018年3月31日(土)乗車分
応募期間 2017年11月1日(水)~2018年3月31日(土)

詳しくはこちら!


えきねっとショッピング

えきねっとショッピングは、
JR東日本グループが運営するショッピングモールで
えきねっとのサイトで鉄道グッズやご当地グッズなど
色々なものを買うことができます。
購入金額(消費税含む)
250円で1ポイントもらえます。

ペンギングッズは一押しです。

これとか可愛いですよ!

オリジナル限定販売グッズもあるので
鉄道マニアには受けるのではないでしょうか♪


えきねっとポイントモール

グルメ、ファッション、書籍、CD/DVDなど
幅広いジャンルを取り扱っています。

モールなので、色々なお店があって
例えば楽天やビックカメラ、Yahoo!ショッピングなど
日常的に使っているサイトがたくさんあります。

お店や商品によってポイントがどのくらいつくのかは
変わってきます。
例えば楽天なら、お買い上げ金額(送料別)の0.5%
となっていて、
0.5%=500円につき1ポイント獲得となります。
(500円未満の端数は切り捨てです。)

Yahoo!ショッピングなら
お買い上げ金額(税抜・送料別)の1%
1%=250円につき1ポイント獲得となります。
(250円未満の部分は切り捨てです)。
1ポイント=2.5円相当ですね。

目安は0.5〜2%という感じです。

せっかく買うならえきねっとポイントもらっておきましょう!

JR東日本国内ツアー申し込み

えきねっとのサイトから
パッケージツアーやJR+宿泊のプランを検索し
予約することができます。

加算対象商品は
・JR東日本ダイナミックレールパック
・びゅう商品(オンライン)

マークがついているのでわかりやすい。

で、購入代金額500円につき1ポイントを
もらうことができます。

ビューカードならポイントの2重取りができますよ♪

ボーナスポイント

誕生月または入会月に対象サービスを利用すると、
ボーナスポイントが加算されます。
誕生月、入会月はそれぞれ20ポイントもらえます。
入会月は同月の場合は2つのボーナスポイントを
両方もらえますよ!


ややこしいポイントの種類

そもそもJR東日本周りには色々ポイントの種類があって
ややこしいです。
一度ここで解説しておきます。

・えきねっとのサイトで貯まるポイント「えきねっとポイント」

・JR東日本が発行する「ビューカード」の使用で貯まる
「ビューサンクスポイント」

・Suicaポイント加盟店において、
Suicaポイントクラブに登録したSuicaで
買い物をすると貯まる
「Suicaポイント」
※2017年11月Suicaポイントは終了しました※

・R東日本グループの共通ポイント
「JRE POINT(ジェーアールイーポイント)」

なんでこんなわかりにくいんでしょうね。笑

Suicaポイントクラブは終了して、JRE POINTに
移行する動きとなっています。

そして、「ビューサンクスポイント」も「えきねっとポイント」も
JRE POINTに交換できるようになっています。

なので、これから一番主要になるのは
おそらくJRE POINTなのでしょう。

今の所えきねっとポイントと
JRE POINTの統合は発表されていません。

この記事では
「えきねっとポイント」の交換について
お話ししていきますよ!


えきねっとポイントを交換する!

えきねっとポイントは、「びゅう商品券」などの賞品か、
ビューサンクスポイントもしくはJRE POINTへの交換ができます。

賞品と交換する

交換できる商品一覧です。

【2018年3月31日まで】
・【400ポイントで】びゅう商品券1000円分
全国約6,000箇所の窓口・店舗や有名デパート・駅ビルなどで使えます。

・【800ポイントで】Suicaカード2000円分(デポジット含む)
みなさんご存知のICカード。コンビニなどで買い物にも使えます。

・【1400ポイントで】GALA湯沢スキー場 場内リフト《1日》引換券
GALA湯沢スキー場場内1日券で、通常料金4600円相当です。
※利用期間:営業開始日~2018年5月6日(予定)
申込みは、2018年2月28日17時00分までです。

・【800ポイントで】GALA湯沢スキー場 場内リフト《半日》引換券
GALA湯沢スキー場 場内午前券通常料金3400円相当
午後券通常料金3700円相当です。
※利用期間:営業開始日~2018年5月6日(予定)
※申込みは、2018年2月28日17時00分までです。

・【400ポイントで】GALA湯沢スキー場 SPAガーラの湯 入浴券
通常料金1300円相当の入浴券です。
※利用期間:営業開始日~2018年5月6日(予定)
申込みは、2018年2月28日17時00分まで。

・【400ポイントで】GALA湯沢スキー場 場内利用引換券
場内利用券1000円相当です。
※利用期間:営業開始日~2018年5月6日(予定)
申込みは、2018年2月28日17時00分まで。


【2018年4月1日以降】
【4060ポイント】びゅう商品券1000円券・10枚
【3660ポイント】びゅう商品券1000円券・9枚
【3260ポイント】びゅう商品券1000円券・8枚
【2860ポイント】びゅう商品券1000円券・7枚
【2460ポイント】びゅう商品券1000円券・6枚
【2060ポイント】びゅう商品券1000円券・5枚
【1660ポイント】びゅう商品券1000円券・4枚
【1260ポイント】びゅう商品券1000円券・3枚
【860ポイント】びゅう商品券1000円券・2枚
【460ポイント】びゅう商品券1000円券・1枚


【4060ポイント】Suicaカード2000円相当・5枚(デポジット含む)
【3260ポイント】Suicaカード2000円相当・4枚(デポジット含む)
【2460ポイント】Suicaカード2000円相当・3枚(デポジット含む)
【1660ポイント】Suicaカード2000円相当・2枚(デポジット含む)
【860ポイント】Suicaカード2000円相当・1枚(デポジット含む)

Suicaカード5枚ももらってどうするのかな。汗
それならビューサンクスポイントかJER POINTに変えて
Suicaにチャージしたほうがいいと思います!!


ビューサンクスポイントに交換する

JR東日本が発行するビューカードの利用でたまるビューサンクスポイント。
このポイントは、びゅう商品券やグリーン車利用券などに
交換できます
し、
「ビュー・スイカ」カードの場合は、たまったポイントを
Suicaにチャージすることもできます。

「ビュー・スイカ」カード
(Suicaとクレジットカードが一体となっているカード)
じゃないとチャージできないのが残念。

交換レートは
1えきねっとポイント=1ビューサンクスポイントです。


JRE POINTに交換する

JRE POINTは、駅ビルやエキナカで
Suicaやビューカードを使って
買い物するとでポイントが貯まります。

駅ビル等での利用Suicaへのチャージができるので
えきねっとポイントから交換するなら
JRE POINTが一番おすすめ!

商品への交換もできますが、
今の所種類は少ないです・・・。

「JRE POINT」に交換するには、
JR東日本の「JRE POINT」への会員登録が必要です。
無料ですのでご心配なく!

会員登録の仕方はいくつかありますが、
えきねっとポイントを交換してSuicaへのチャージが目的なら、
SuicaカードかモバイルSuicaで新規入会しましょう!!

交換レートは、
1えきねっとポイント=2.5JRE POINTです。


まとめ

いかがでしたか?

えきねっとポイントの貯め方、
交換の仕方についておわかりいただけましたでしょうか?

まとめますと・・・
えきねっとポイントを貯めるには
・きっぷの予約、申し込み
・レンタカー予約
・えきねっとショッピング
・えきねっとポイントモール
・JR東日本国内ツアー申し込み

を利用する!!

えきねっとポイントの使い方のオススメは
JRE POINTに交換してSuicaにチャージ!!

でした!!

是非参考にして下さいね♪

こんな記事も書いています。
Suicaのポイントとは?JRE POINTのおトクな貯め方
Suicaの作り方】コンビニや多機能券売機でも購入可能!

スポンサーリンク