この記事の所要時間: 1121

えきねっとは、JR東日本のオンラインサービスで、
新幹線や特急列車、乗車券の申し込み
JR東日本国内ツアー商品のお申込みをはじめ、
鉄道グッズなども販売しています。

えきねっとについて詳しくはこちら。

【えきねっと】ポイントは何に交換できる?ポイントの貯め方も解説!

みなさんが一番使うことになるのが
新幹線や特急列車、乗車券の申し込み
のサービスだと思います。

えきねっとから申し込めば、
受け取りは駅の自動券売機で可能なので
みどりの窓口に並ぶ必要がありません。

ネット上で手軽に申し込めるので、
慣れたら便利に使えそうですよね。

でも、だからこそよく知っておいて
もらいたいことがあるのです。

それは、キャンセルや、変更について。

公式ホームページは、
メリットが大きく書いてありますが
注意点などはよくみないと
小さくしか書いてなかったりします。

意外と読み飛ばしてしまっていませんか??

筆者はそんなタイプなのです。笑

実際にえきねっとのような予約サイトで
うっかりミスをし、損したことがあります・・・

だからこそ、皆さんには
いざという時のことを知った上で
安心して使ってもらいたい。

そんな思いで、
今日の記事を書いていこうと思います。

それでは、どうぞ!!

スポンサーリンク


えきねっとの申込みを変更する

突然の予定が変わって、
乗車時間を変更したい!
ということはあると思います。

その場合どうしたらいいでしょうか?

えきねっとで予約をした場合、
えきねっと特典が付いていない列車に関しては
原則1回のみ変更可能です。

2回目以降は払い戻しをして、
新しくきっぷを購入することになります。
でも、えきねっと特典が適用される列車へ変更するなら
3ヶ月先まで何回でも変更できます。

だだし、きっぷの受け取り前で
乗車日当日の出発時刻6分前まで、
かつ22時54分まで可能
です。

スポンサーリンク

えきねっと特典とは?

えきねっとで申し込んだ商品のうち、
利用区間がJR東日本、JR北海道および
北陸新幹線のエリアで完結する予約は
インターネットからの変更の回数や
払戻手数料について優遇が受けられる

という特典のことです。

「えきねっと特典」適用列車への変更する場合は、
初回申込時の乗車日から3ヶ月先まで
何度でも可能です

だいぶわかりにくいと思いますが、
何度でも変更できるパターンが
× えきねっと特典対象外列車→えきねっと特典対象列車
◯ えきねっと特典対象列車→えきねっと特典対象列車

ということなのです。

払い戻しの場合は、手数料がかかります。
料金はまた別で詳しく説明しますね。

えきねっとでの変更方法

①指定席を変更する

えきねっとで
「きっぷ予約」ボタンをクリック
     ↓
ログインする
     ↓
「予約内容の確認・変更・払戻」をクリック
     ↓
「きっぷ未受取分を確認する」をクリック
     ↓
「購入内容の確認結果」画面で「変更」をクリック
(変更不可の場合は「変更」ボタンが表示されません。)
     ↓
当てはまるものをクリックします。
「乗車日・列車・座席位置を変更する」
「人数・乗車日・列車・座席位置を変更する」
「人数のみを変更する」
     ↓
「変更後の列車申込」画面へ進みます。
指示に従って進めて下さい。
     ↓
「変更内容の確認」で間違いなければ、
「変更手続きへ進む」をクリックします。
     ↓
「お申込みにあたっての注意事項」が表示されます。
よく読んで、大丈夫であれば
「注意事項に同意する」にチェックを入れ、
「以上の内容に変更する」をクリックします。
     ↓
「変更が完了しました。」と表示されます。

※人数のみ変えたい場合も、座席の位置が変更となります。

※人数を増やしたい場合、空席があれば変更可能です。
人数を減らす場合は、払い戻し手数料がかかります。



②自由席・乗車券を変更する
乗車券と自由席の場合、いらなくなった予約は、
きっぷの有効開始日の23時00分を過ぎると
自動的に取消されるので
必要なきっぷを新規に申込みをしましょう。

取消手数料はかかりません。

勝手に取り消しになるとは言っても
気になるようなら、
えきねっとからご自分で取り消しもできます。
期限はきっぷの有効開始日23時00分までです。

※乗車券だけ申し込んだ場合は、PCから取り消ししましょう。
携帯からはできません。

変更際の注意点

・乗車日、列車、区間、座席種別
(普通車・グリーン車・グランクラス)が同じで、
座席位置のみ変更する場合は変更回数にはカウントされません。

・えきねっと特典が適用されない予約の場合、
乗車日、列車、区間、座席種別を変更の際に
人数を増やした場合、
増やした人数分についても変更回数にカウントされます。
ただし、人数のみの変更には変更回数にはカウントしません。

・指定席→自由席への変更はできません!

・「乗継」の申し込みの場合
日付や列車の変更はできますが、座席種別の変更はできません。
(先:指定席→後:指定席という予約なら、
先:指定席をグリーン車・グランクラスへ変更はできますが
自由席にはできないということです。)
先:指定席→後:自由席の場合や
先:自由席→後:指定席の場合は
自由席→指定席に変えたい!ということなら
えきねっとサポートセンター」の電話対応のみです。

・「同行者が途中で乗降する」申し込み場合
乗車日・列車のみ変更できます。
座席種別の変更はできません。

何れにしてもPCからしか変更できなかったり
そもそも自分で変更できない場合もあるので
えきねっとサポートセンターの電話した方が確実です。
これ全部把握しようと思ったら大変ですよ。

とにかくややこしい・・・・・!!!


えきねっとでの申込みをキャンセルする

もう予約自体不要になり
申込みをキャンセルする場合
指定席は払い戻し手数料がかかります。

きっぷ発券前の払戻は、
乗車日当日の出発時刻6分前まで、かつ22時54分までです。

自由席、乗車券、予約成立前の事前受付は
「取消」扱いとなり、手数料はかかりません。


払い戻し手数料

気になる払い戻し手数料です・・・

えきねっと特典の場合は
きっぷの受取前であれば、
乗車日当日まで1席につき310円で払い戻しできる!!

えきねっと特典以外は結構シビアです。
乗車日の前々日23時40分までに払い戻すなら
大した金額じゃないので、
「まぁ、仕方ないか・・・」と思えますが
前日〜当日の場合
指定券の30%ってかなり嫌ですよね。笑



具体的な例を挙げてみます。
東京〜新大阪の場合、
乗車券は8750円、指定席特急料金は5700円(通常期)で、総額14450円です。
東京〜新大阪を乗車日の前々日までに
キャンセルする場合は、乗車券は220円+指定券330円で
総額550円の手数料となります。

前日キャンセルするとなると、
1930円の払い戻し手数料がかかります。
その内訳は、特急料金のキャンセル料が30%が1710円、
乗車券分が220円かかりますので、合計1930円となります。

「えきねっとトクだ値」の場合

「えきねっとトクだ値」は割引のあるきっぷです。
詳しくはこちらをご覧ください。

【えきねっとトクだ値】がおトク!割引率や事前予約の注意点も!

きっぷの受取前は1席につき310円、
受取後は割引率分の手数料がかかります。ただし、座席1席につき「トクだ値(乗車券つき)」は最低550円の手数料がかかります。
※きっぷの受取前でも、「えきねっと特典」対象外の「えきねっとトクだ値」へ変更された後に払戻された場合は、発売価格の割引率の手数料がかかります。ただし、座席1席につき「トクだ値(乗車券つき)」は最低550円の手数料がかかります。

<えきねっとトクだ値の変更・払い戻しについて>

・お受取り前のきっぷの変更は出発時刻6分前までに限り
えきねっとオンライン上でのみ可能。
きっぷの発券(受取り)後の変更は
一切できないのでご注意ください。

乗車日当日は、出発時刻の6分前まで、かつ22時54分まで変更できます。

・変更後の列車を「えきねっとトクだ値」にしたい場合、
「えきねっとトクだ値」対象列車の発売期間中
かつ席がまだ残っている場合のみ可能です。

・申込み人数を減らす場合は、
減らす人数分の払戻手数料がかかります。
上記に書きましたが、「えきねっとトクだ値」の場合、
変更後の人数以上の席数が残っていない場合は
「えきねっとトクだ値」への変更はできません。

払い戻しは指定列車の出発前で未使用の場合のみ。
なお、きっぷのお受取り前にえきねっとのサイトから
払戻す場合は出発時刻6分前までとなります。

・きっぷの受取り前で乗車日当日までに払戻しをする場合、
座席1席につき310円の手数料がかかります。

※「えきねっと特典」が適用されていない予約から
えきねっとトクだ値へ変更後に払戻する場合は、
トクだ値の割引率分の払い戻し手数料がかかります。

ただし、「えきねっとトクだ値(乗車券つき)」
「お先にトクだ値(乗車券つき)」は
最低550円(乗車券220円、特急券330円)
「えきねっとトクだ値(料金券のみ)」は最低330円の払い戻し手数料が必要です。

・きっぷの発券(受取り)後に払い戻す場合、
トクだ値の発売価格の割引率分の払戻手数料がかかります。

(例:10%割引の場合は10%の払戻手数料がかかります。)
※ただし座席1席につき、「えきねっとトクだ値(乗車券つき)」
「お先にトクだ値(乗車券つき)」は最低550円(乗車券220円、特急券330円)、
「えきねっとトクだ値(料金券のみ)」は最低330円払い戻し手数料が必要です。

トクだ値の場合は、もともとやすくなっている分の
手数料がかかるということです。

えきねっとでの予約キャンセル方法

<指定席の場合>
①えきねっとのサイト上で、「きっぷ予約」を押します。
     ↓
②ログインします。
     ↓
③「予約内容の確認・変更・払戻」を押します。
     ↓
④「きっぷ未受取分を確認する」を押します。
     ↓
⑤「購入内容の確認結果」画面で、
「え特払戻」または「払戻」を押します。
(「え特払戻」とはえきねっと特典対象予約の払い戻しで
えきねっと特典対象外の予約は「払戻」)
     ↓
⑥払戻内容を確認し、「注意事項に同意する」にチェックを入れ、
「以上の内容を払戻する」を押します。
     ↓
⑦「払戻が完了しました」と表示されます。


クレジット明細にどんな風に載る?

「えきねっと」の予約は、登録したクレジットカードで決済されます。
払い戻しをした場合も、クレジットカードで精算されます。

このように、えきねっとからキャンセルした場合は指定席購入金額から、払い戻し手数料を引いた金額が
マイナス計上されます。

受取り後に駅窓口で払い戻しをする場合、
一旦全額を返金し、払い戻し手数料を計上ということも。

みどりの窓口でも払い戻し

みどりの窓口で払い戻しの手続きする場合は、
えきねっとで決済しているクレジットカードを忘れずに持って行きましょう。
それがないと、払い戻しの処理ができないかもしれません。

払い戻しの領収書

仕事で列車や新幹線をり湯する予定だった方は
会社に提出する払戻・取消の領収書が必要ですよね。

この場合、領収書をWebで発行できないので、
サポートデスクに申し込みます。

連絡先はこちら↓
オンライン販売サポートデスク 
TEL:03-6231-6633
営業時間:
平日10:00~20:00 
土休日10:00~18:00


まとめ

いかがでしたか?
えきねっとでの、予約のキャンセル方法
手数料についてお分りいただけましたでしょうか?

まとめますと・・・

・えきねっと特典のキャンセルは
当日きっぷの発券前なら310円で済む!

・発券前なら自由席、乗車券は手数料なし!

・えきねっと特典対象外の場合は
前々日までにキャンセルしないとそこそこかかる。


・窓口で手続きする際はクレジットカードを忘れずに!

ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク