この記事の所要時間: 858

ビューカードをご存知ですか?

JR東日本をよく使う方は
名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

駅にも「びゅうプラザ」で旅行のパンフレットなどありますよね。
びゅうプラザは、JR東日本の旅行センターです。

名前から察しがつくと思いますが、
ビューカードもJR東日本が発行するクレジットカードです。

今回はこのビューカードについてや
ビューカードのポイントの貯め方、
ポイントの交換について解説していこうと思います。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク


なんでみんなビューカードを作るの?

なかなか鉄道に詳しくない方が
クレジットカードを作るときに
「よし、ビューカード作ろう!」
とはならないと思います。笑

なんでみんなビューカードを作るのでしょうか?

それは、通勤や旅行、出張などで
JR東日本の鉄道を使うことが多い場合、
たくさんメリットがあるからなんです。

というか、筆者が思うに、
ビューカードじゃないと便利なサービスを
受けられない場合もあるのです。

つまり、
ビューカードをつくらざるを得ないんですね。

筆者としては、
本当はクレジットカードの数を増やしたくはないのですが
年会費や作る手間、管理のデメリットより
そのサービスを受けるメリットの方が勝るので作る

というような感じです。

スポンサーリンク

ビューカードを作るメリット

先ほども述べましたが、
筆者は面倒くさがり屋なので、
できれば新しいカードを作りたくないです。
管理も手間なので、増やしたくない。

そんな筆者の考える、
ビューカードを作るメリット2つです。

①ポイントが貯まる

ビューカードは、
1000円につき2ポイント(5円相当)が貯まります。

筆者は月に多いと3回新幹線に乗るのですが
他のクレジットカードで購入しても
その分のポイントは何もつきません。
定期的にJRを使う機会があるのなら
絶対にポイントがついた方がいいですよね。

きっぷや定期券の購入、Suicaのチャージ
オートチャージ、JR東日本国内ツアーなど
ビューカードで決済するとポイントは3倍もらえます。

1000円の利用で6ポイントですね。

ポイントが何に交換できるかは
また別の項目で話をしますが、
貯まったポイントを、また運賃に交換できるので
交通費の節約になりますよね!!


では具体的に、1年でどれくらいのポイントが
貯まるのかシュミレーションしてみます。

筆者の使い方だとこんな感じ。

仕事で1か月に1回、往復26000円くらいの
新幹線に乗ります。
あとは在来線を月3000円くらい移動で使います。

そうすると5000円分も貯まります!!

もう1つ例を。

新幹線は旅行で年に1回くらいしか使わないけど
毎月チャージが4000円、
買い物をクレジットカード決済にしたら・・・

4000円ももらえるー!!

こちらでシュミレーションできますので
ぜひ皆さんの使い方に合わせて試してみて下さい!



②オートチャージが使える
オートチャージとは、Suica付きビューカード、
Suicaカード、モバイルSuica、
Apple Pay Suicaの機能で
Suicaの残高が一定額以下になると
自動改札機にタッチした際、設定額を自動で
チャージしてくれるサービスです。

ただ、
モバイルSuicaもApple Pay Suicaも
オートチャージできるのはビューカードだけなんです。

だって、毎回手動でチャージ
考えたらめちゃくちゃ時間の無駄です。
どうせ使うんだから、自動の方がいいに決まってます。

前述しましたが、
オートチャージを利用すれば
ビューサンクスポイントも3倍もらえますし。

そのため、ビューカードを作らざるを得ない・・・
JR東日本、うまくやってますね。笑


モバイルSuicaや
Apple Pay Suicaがよくわからない方は
こちらを読んでみてくださいね!

【初心者向け】モバイルSuicaの基本サービスまとめ!
【Apple Pay Suica】iPhoneでのチャージ方法3つ!


ビューカードの種類

ビューカードといっても、結構な種類があります。

・「ビュー・スイカ」カード
Suicaと定期券、クレジットカードの機能が
一体になったカード。年会費477円(税抜き)。

・「ビュー・スイカ」リボカード
リボ払い専用のカードですが、年会費が無料。

・ビューゴールドプラスカード
年会費10000円!
ちょっと贅沢な上級カード。

・ルミネカード
ルミネでのお買い物がいつでも
5%オフになります。
こちらもSuicaと定期券、クレジットカードが
一体になったカードです。
初年度年会無料、翌年以降年会費953円(税抜き)。

・アトレビュー Suicaカード
JREポイントカード、Suica、定期券
クレジットカードが一つになったカードです。
初年度年会無料、翌年以降年会費477円(税抜き)。

・JALカードSuica
貯まったポイントはマイルに変えられます。
もちろんSuicaにも!
入会後1年間年会無料、
翌年以降年会費2000円(税抜き)。

・ビックカメラ Suicaカード
ビックカメラのポイントカードと、
Suica、クレジットカードが一体になったカード。
初年度年会費無料!!翌年以降477円(税抜き)。

・大人の休日倶楽部 ミドルカード
満50歳から、旅行がおトクになるカード!
初年度年会無料、翌年以降2575円(税抜き)。

・大人の休日倶楽部 ジパングカード
男性60歳〜、女性60歳〜使える
旅行がおトクになるカード。
ミドルカードより割引率up!!
年会費4285円(税抜き)。

・weビュー・スイカカード
水戸駅ビル「エクセル」のお買い物で使えて、
JREポイントが通常の3倍もらえます。
初年度年会無料、翌年以降年会費477円(税抜き)。

・エスパルカード
エスパル(仙台駅のショッピングセンター)
全館のお買い物で使えて、
JREポイントが通常の3倍もらえます。
初年度年会無料、翌年以降年会費477円(税抜き)。

・フェザンカード
盛岡駅ビル「フェザン」のお買い物で使えて、
JREポイントが通常の3倍もらえます。
初年度500円分のびゅう商品券がもらえます。

・ペリエビューカード
千葉駅ビル「ペリエ」のお買い物で使えて、
JREポイントが通常の3倍もらえます。
年会費477円(税抜き)。

・ジェクサービュー・スイカカード
ジェクサー(フィットネスクラブ)会員限定の
Suica・クレジット一体型のカード。年会費無料。

※JREポイントとは、
JR東日本グループの共通ポイントです。

詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。
Suicaのポイントとは?上手な貯め方とJRE POINT



これだけ種類があると、
どれを選んでいいかわかりませんよね。

筆者からのアドバイスは、
とにかくビューカードが欲しいだけ!
お金をかけたくない!
という方はビックカメラSuicaカードがオススメ。
初年度年会費無料で、翌年から477円(税抜き)
がかかりますが、
前年に一回でもクレジットカードを利用していれば
無料になるからです。

ビュースイカ リボカードは年会費無料ですが
リボ払い専用のカードなのであまりお勧めできません。

年会費が惜しくなければ、
みなさんがよく利用するお店のカードで
良いと思いますよ。


ビューサンクスポイントを交換する!

さあ、いよいよ貯まったポイントを何に使うかです。

ポイントの交換の仕方は4種類です。

①Suica(電子マネー)に交換!
②商品と交換!
③提携ポイントに交換!
④商品券・クーポンに交換!

①Suica(電子マネー)に交換!

これが1番実用的な使い方ではないでしょうか。

ポイントをSuicaの電子マネーにすれば、
電車に乗れるだけじゃなく、コンビニでの
ちょっとした買い物、自動販売機でも使えて

とても便利です。

1ポイントあたり、2.5円相当に交換できます。

②商品と交換!

限定品もあるので、
Suicaのペンギンが好きな方や
鉄道マニアの方向け。

お酒やご当地グルメのお取り寄せもあります。

他にもキッチングッズや
アウトドアグッズなど、多様な商品があります。

③提携ポイントに交換!

先ほどビューカードの種類で紹介した
ビックカメラSuicaカードはビックポイントに、
JALカードはマイルというように、
提携先のポイントに交換できます。

④商品券・クーポンに交換!

よく例に挙げられるのは
びゅう商品券(JR東日本の駅・ホテル、
デパートなど全国約6000ヵ所で使える)や
びゅう国内旅行商品割引券(びゅう国内旅行商品に使える)、
グリーン車利用券ですが
他にも多様な種類の券に交換できます。

リラクゼーションスポット「リラクゼ」利用券や
ハーゲンダッツギフト券なんかもあります♪


まとめ

いかがでしたでしょうか?

ビューカードの種類や、ポイントの貯め方
何に交換できるか、
お分りいただけましたでしょうか?

まとめますと・・・

・ビューカードを作るとポイントが貯まるし
オートチャージが使える!

・ビューカードはビックカメラSuicaカードがオススメ!
・ポイント交換はSuicaにチャージがオススメ!

でした!!

ぜひ参考にしてご活用下さいね♪

こんな記事も書いています!

【えきねっと】ポイントは何に交換できる?ポイントの貯め方も解説!
【Suica】チャージはコンビニで!対象のコンビニとその手順

スポンサーリンク