この記事の所要時間: 719

皆さんは、東海道新幹線のWi-fiをつかったことがありますか?

筆者は月に2回ほど東京~新大阪間で
東海道新幹線を使いますが
wi-fiを使ったことがありません。

東海道新幹線については
こんな記事も書いています♪
【新幹線】EX予約とは?スマートEXとエクスプレス予約の違い
【東海道新幹線】のぞみのコンセント付き車両の見分け方!

いつも、車内アナウンスで
Wi-Fiが使えますとの案内を聞くのですが・・・

新幹線の中ではパソコンを開いて
仕事をすることが多いのですが
自分が持っているWi-Fiだと
トンネルなどでインターネットが
つながらなくなるんですよね。

そのため、本当なら無料のWi-Fiを使いたいのですが
なぜかつながらない。
つなぎ方もよくわからない。

堀江貴文さんも
東海道新幹線のWi-Fiはつながったことがない
なんて発言していました。

結構そんな方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は
東海道新幹線の無料Wi-Fiについて
調べてみました。

ご参考にしてくださいね。

それでは、どうぞ!!

スポンサーリンク


東海道新幹線のWi-Fiはどの区間で使える?

東海道新幹線の東京~新大阪間のN700A・N700系では
公衆無線LANによる車内インターネット
接続サービスが使えると公式ホームページに記載があります。

筆者が乗ってる区間、ずっと使えたんですね。汗

東海道新幹線のWi-Fiの利用方法

調べてみると、「公衆無線LANを使うには
公衆無線LAN事業者との契約が必要」とのこと。

まず、公衆無線LANについて。

無線LAN=Wi-Fiのこと。
LANケーブルで接続される有線LANに対して、
電波を使って無線でインターネットに接続できます。

無線LANの中で、飲食店や交通機関などで
多くの人が利用できるようになっているものを
公衆無線LANといいます。

スポンサーリンク

<公衆無線LAN事業者>
・NTTドコモ「docomo Wi-Fi」
・ソフトバンクテレコム「BBモバイルポイント」提携事業者
・UQコミュニケーションズ「UQ Wi-Fi」及び提携事業者
・NTT東日本「フレッツ・スポット」
・NTT西日本「フレッツ・スポット」

新幹線のWi-Fiを使うには
このどこかと契約しなくてはならないそうです。
(業者によって異なりますが、
月々300~500円程度かかるようです。)
つまり、東海道新幹線のWi-Fiは、
2018年2月現在無料では使えません。

ただ、
・docomoユーザー
(対象の料金プランもしくはパケット定額サービスを利用)
・auユーザー
(LTEフラットで契約している人のみ)
・SoftBankユーザー
(「ソフトバンクWi-Fiスポット」への申し込んでいる人)

は無料で使うことができます。

日常的にスマホを使っている方は
ほとんどがそのままの状態で
このWi-Fiを使える契約になっていると思います。

筆者はSoftbankのスマホを使っていますが
SoftbankWi-Fiスポットは
最初から勝手にその設定にされていたと思います。

そのため、事前契約は不要ですが
さらに各々で設定が必要です。

<各社設定方法>
docomoユーザー
auユーザー
SoftBankユーザー

ただ、設定が非常にめんどくさいしわかりにくい。

これじゃあ普及しないよなぁ、というのが正直な感想。

筆者はいつも東海道新幹線で
インターネット接続がなくてもできる仕事をするか
スマホとテザリングor持参のポケットWi-Fiで
何とか対応していましたが

これを見た上でも、やっぱり設定面倒だしあきらめようかな
と思ってしまいました。笑


東海道新幹線のWi-Fiがつながりにくいってホント?

実際使ってみた人の感想をかき集めてみると
とにかく不評でした。苦笑

その大半は
・乗車人数が多ければ多いほどつながりにくい
・回線容量が不足しているのがつながりにくい
・とにかく通信速度が遅い
・帯域制限で、動画等は閲覧ができない場合も

など、褒めているものはありませんでした。

あえて良いところを挙げるとすれば
トンネル内でも使えることくらい。

それでも、通信速度が最大2Mbps程度で
普通の人ならイライラしてしまうくらいの速度です。

せっかく面倒な設定を頑張っても
あまり良いことがありません。

結論から言うと、
別に使えるようにしなくていいと思います。

そもそも事前契約が必要というところで
国内向けのサービスです。

海外から来た方には使えませんし、
時代遅れ感が半端ないです。

2009年に導入したまま変わっていないので
仕方ないと言ってしまえばそれで終わりですが・・・


新しく導入予定のWi-Fi

JR東海は、2018年1月25日、東海道新幹線で
事前契約が必要ないWi-Fiサービスの導入を発表しました。

N700Aタイプ(一番新しいタイプののぞみ)
131編成2096両すべてにおいて、順次整備していく予定です。

今回導入するのは
携帯電話の電波を利用したWi-Fiサービスで、
その通信速度も大幅に改善されそうです。

JR東海は、2019年度中に全車両での整備を終える予定で、
JR西日本とも協議し、東海道新幹線で走らせる車両40編成にも
導入を検討中です。
また、20年度に投入の新しい新幹線「N700S」にも採用する予定。

ちなみに、JR東日本とJR西日本は
2017年11月に、東北、上越、秋田、北陸の
各新幹線の車内で無料Wi-Fi導入をすでに発表していて
JR東海は2か月遅れで発表しました。これまた出遅れ感が・・・

オリンピックに向けて増える訪日客へのサービスを
充実させる狙いのようです。

快適Wi-Fi導入が待ち遠しいです!!


駅にある無料Wi-Fiスポット

新幹線内での無料Wi-Fiは期待できませんが、
駅や駅の待合室など、2018年2月現在まともに
利用できるものがあります。
「JR-Central FREE Wi-Fi」といいます。

<場所>
コンコース待合室駅東海道新幹線全駅(17駅)

新幹線改札口付近東海道新幹線全駅(17駅)

新幹線改札外名古屋駅
(JR案内所、名古屋市観光案内所、金の時計周辺)

京都駅(八条口側案内所の周辺)


上記新幹線の新しいWi-Fi導入に際して、
2018年3月からは、東海道新幹線17駅の改札口や待合室付近、
在来線24駅の改札口でも無料WiFiが使えるようになります!

<無料WiFi対応予定の駅一覧>

東海道本線
三島駅、沼津駅、富士駅、清水駅、静岡駅、
掛川駅、愛野駅、浜松駅、豊橋駅、岡崎駅、
刈谷駅、名古屋駅、岐阜駅

御殿場線・・・御殿場駅

身延線・・・富士宮駅

中央本線
金山駅、高蔵寺駅、中津川駅、木曽福島駅

高山本線
下呂駅、高山駅、飛驒古川駅

紀勢本線・・・津駅

参宮線・・・伊勢市駅


まとめ

いかがでしたか?
東海道新幹線の無料WiFiについて
ご理解いただけましたでしょうか?

この記事をまとめますと…
・2018年2月現在、東海道新幹線で使えるWiFiは
無料ではない。

・事前契約と設定をすれば使えるけれど、
面倒くさいし通信速度も遅いので
あまりオススメできない。

・駅や駅の待合室なら一応使える無料WiFi がある。

・2018年夏から、事前契約不要の新しい
無料WiFiが導入される!!

でした!



それまではケータイのテザリングか
お持ちのポケットWiFiで我慢しましょう。涙

この記事がみなさんの
お役に立てばうれしいです♪

他にもこんな時期も書いています♪
【EX予約】新幹線料金は?エクスプレス予約とスマートEX
e5489とスマートEX・エクスプレス予約。何が違う?

スポンサーリンク