この記事の所要時間: 1553

猫がこの世で一番だいすき!な
猫と20年暮らしている筆者です。

一昔前までは、ペットといったら
犬ばかり注目されて、
悔しい思いをしていましたが

ここ何年かで
急に猫が人気になりましたよね。

巷では猫の本、猫のグッズが
猫のゲーム、猫の映画が溢れています。

それまでは猫グッズなんて
全然なかったのです。

筆者は、猫用の服がなかったので
犬の服を着させてたんですよ。笑

スポンサーリンク

さて、今回の記事では

「猫が飼いたい!」
「猫のことが知りたい!」

そんなあなたのために
成猫になっても小さくて可愛い
短毛種の猫ちゃん11種類
を紹介していきますね。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク


大きい猫、小さい猫

猫も種類によって
大きさが異なることをご存知でしょうか?

犬と違って

「この猫小さい!」
「この猫大きいな!!」

と思うことが少ないですよね。

筆者が飼っていた猫は

若かりし頃は5キロほど、
年老いてからは3.5キロくらいと

と、差が激しかったので
よくわからなかったのですが。

標準サイズの成猫の
平均体重は、3.5〜4.5キロ

と言われています。

猫は、1年ほどで骨格が整い、
大人になります。

今回ご紹介する小さい猫ならば
成猫で2.2〜3.5キロくらいでしょうか。

もちろん、人間と同じように
メスの方が小さく、
オスの方が大きいです。

猫を飼っている方は

「2キロって小さ!!!!」

とわかると思うのですが、

飼っていないと
なかなかわかりませんよね。

比較として
大型の猫をご紹介しますと
成猫になるまで4〜5年かかるのですが

オスだと6~8kg
メスだと4~6kg

といわれています。

8キロってかなり大きいですよね。笑

この差をみると
小型の猫がいかに小さいか
おわかりいただけると思います。

ちなみに、猫でいう100グラムは
人間の1キロだと思ってください。


短毛で小さい猫の種類

シンガプーラ

【体重】
メス:2.2kg~3.0キロ
オス:2.7kg~3.5キロ

【相場】
ペットショップ:12~18万円前後
ブリーダー:18~26万円前後

【短毛・長毛】短毛

【原産国】シンガポール

特徴

名前の通り、
シンガポールが原産のシンガプーラは
世界最小の猫として有名です。

シンガポールでは、
下水溝のネズミを取って
生活していたので

「ドレインキャット」
(ドレイン=排水溝)

とも呼ばれていました。

体が小さいからこそ
排水溝で動き回ることが
できたんですね。

シンガプーラの顔は
アーモンド型の目や
大きな耳が特徴
で、

体格はスマートで筋肉質。

運動神経がよく動きが機敏で
フットワークが軽いです。

全体的に美しい猫、という印象です。

性格

シンガプーラは、
甘えん坊で好奇心旺盛な性格。

多頭飼いする場合は、
ヤキモチを焼くのであまりオススメしません。

また、ストレスに敏感なので
環境の変化は少ないほうがいいですね。

シンガプーラを飼う際に気をつけたいのは
温度です。

シンガポールの猫なので
暖かい環境に慣れています。

故に、寒さに弱い種類です。

冬は暖房を入れたり
湯たんぽを用意したりして、
しっかりと寒さ対策をしてあげましょう。

スキフトイボブテイル

【体重】
メス:1.7キロくらい
オス:2.0キロくらい

【相場】
ペットショップ:500万??
ブリーダー:ー

【短毛・長毛】短毛

【原産国】ロシア

特徴

2011年に猫主と認められた、
比較的新しい猫の種類
です。

シャム猫から人工的に作られた種類で
見た目はかなりシャム猫に似ています。

通称で「トイボブ」とも呼ばれています。

顔・耳・尻尾が黒く、
目は青色で、
シングルコート(単毛)なので
触り心地はちょっと固め。

人工的に作られた種類の中では
最も小さい猫
なのが、スキフトボブテイル。

新しい種類なので認知度も低く、
頭数もまだ少ないため、
飼育例は多くありません。

猫好きの皆さんでも、
初めてこの名前を聞いた方は
多いのではないでしょうか?

そのため価格もすごいことに。
あまりデータがないので
相場が難しいのですが・・・

2018年2月時点では
ブリーダーさんはほとんどいないです。

購入するとなると、
500万円という噂も・・・。

性格

スキフトイボブテイルは
人懐っこく、警戒心が薄い性格です。

おっとり、気さくな感じで
なかなか猫らしくない可愛さです。笑

スキンシップも大好きなので、
いっぱい触らせてくれます。

猫好きにはたまりませんね。

おっとりな性格なので
多頭飼いでも問題ないでしょう。

シャム猫

【体重】
メス:2.2kg~3.6kg
オス:3.0kg~4.0kg

【相場】
ペットショップ:10〜20万円
ブリーダー:10〜20万円

【短毛・長毛】

【原産国】タイ

特徴

シャム猫は猫の種類としては有名ですよね。

1300年代のタイ王国で
貴族や王族のみが飼えた
由緒正しき猫。

耳、顔の中心、尻尾、手足と
体の突起部分が黒い猫です。

この黒さ加減は何種類かあり
薄い猫もいます。

成長するにつれて、
色が濃くなっていきます。

そして綺麗なサファイアブルーの目が特徴。

顔は比較的シュッとしていて
顔の凹凸がはっきりしています。

オスもメスも、平均の猫の体重より軽く
メスだとより小さく感じます。

小さい、というよりはすらっとしていて
華奢な印象ですね。

身軽なので、運動量も多く
高いところが好きです。

性格

シャム猫は活動的でいたずら好き。
その反面、賢く警戒心が高い猫です。

しかし慣れた相手だと、とても甘えん坊でわがまま。

ツンデレなところは、
実に猫らしい猫ですね。

構ってあげる時間をたくさんとってあげないと
ストレスになる甘えん坊な猫です。

初心者には難しいかもしれませんが
わがままな猫を飼いたい方には向いていますよ。笑

ドウェルフ

【体重】
メス:2.0〜3.0キロ
オス:2.5〜4.0キロ

【相場】
ペットショップ:15〜20万円
ブリーダー:20〜30万円

【短毛・長毛】なし

【原産国】アメリカ

特徴

ドウェルフは、マンチカン、スフィンクス、
アメリカンカールを掛け合わせて
誕生した種類です。

ドウェルフの名前の由来は、
ドワーフ(小人)+エルフ(妖精)。

大きな特徴は、短足で毛がないこと。
初めて見ると、結構衝撃です。

全く毛がないように見えますが、
人間のように産毛はあります。

耳の形が丸っこく、
ヒゲもない!ドウェルフもいます。

体格もがっしりしている・・・
なんだか犬みたいです。

毛がないので、
ドウェルフをう場合は
怪我をしないよう
家具などに気をつけてあげましょう。

あまり市場には出回っていない猫なので

性格

見た目も犬のようですが、
性格も犬のようです。

人が大好きで、愛情深く
外交的な性格
なので
みんなと仲良くすることができます。

人間だけではなく、
他の動物ともうまく接することができます。

そして犬のように、活発に遊びます。

触れ合うのが好きなので
抱っこも喜んでさせてくれるでしょう。

子どもさんがいるうちでも
安心して帰る猫ですね。

クロアシネコ

https://matome.naver.jp/odai/2140325619450560301

【体重】
メス:1.3〜1.5キロほど
オス:1.8〜2.0キロほど

【相場】
ペットショップ:ー
ブリーダー:ー

【短毛・長毛】短毛

【原産国】アフリカ

特徴

クロアシネコは、アフリカ大陸の
南部の方に生息しているヤマネコの一種。

足の裏が黒いので、この名前になりました。

穴の中に住んでいます。

体長が大きくても50cm前後で
大人の猫になっても子猫のような大きさ。

体の大きさに対して頭が大きいので
より可愛らしく見えます。

茶系に黒い斑点模様が印象的で
野生味が溢れていますね。

この小さい体で、
一晩に250グラムも肉を食べます。

残念ながら、絶滅危惧種に指定されており
飼育は許されていません・・・

とってもとっても可愛いですが
飼うことはできません。涙

どうしても生でみたい方は、
アメリカの「カンザスシティ動物園」
「フィラデルフィア動物園」、「ヘンリードーリー動物園」で
見ることができますよ。

性格

クロアシネコは、
臆病で単独行動が好きです。

その反面、小さな体で
キリンを襲うくらい
勇敢な猫でもあります。

一度近くで見てみたいものですね!

トンキニーズ

【体重】
メス:2.8~3.8キロ
オス:3.5~5.8キロ

【相場】
ペットショップ:11〜25万円
ブリーダー:20〜25万円

【短毛・長毛】短毛

【原産国】ビルマ

特徴

トンキニーズは、シャム猫とバーミーズを
掛け合わせて生まれた種類といわれています。

とはいえ、諸説あるので
正確には断定できていません。

チョコレート、ライラック、ブルーグレー、シャンパン
などの毛色があります。

毛並みは短毛ですがツヤツヤで
光沢があります。

目の色は、ブルーやグリーンなど。

手足がすっと長く美しい猫です。

性格

活発で好奇心が強

シャム譲りの活発性と好奇心の旺盛さを持っています。
一人遊びも大好きなので、手のかからない猫です。

また、人懐こく順応性が高いので
多頭飼いも問題なし。

初心者にも飼いやすい種類です。

トンキニーズはシャムとバーミーズの性格を
バランスよく受け継いでいるようですね。

ハバナブラウン

【体重】
メス:2.6kg~3.8kg
オス:3.6kg~4.7kg

【相場】
ペットショップ:
ブリーダー:

【短毛・長毛】短毛

【原産国】イギリス

特徴

バナナブラウンはチョコレートポイントのシャム猫と
シャムの血を受け継ぐ黒猫をかけ合わせて生まれた種類。

毛色は茶色っぽく
グリーンの目が特徴です。

メスは標準的な猫より
小さめな種類ですが
オスの大きさは、標準に入ります。

また、頭の良さも特徴で
名前を呼ぶとちゃんとわかります。

性格

バナナブラウンは人間がとても好きな猫なので
独り占めしたがります。

多頭飼いには向かない猫ですね。

一匹で飼って
存分に愛情を注いであげるのが良いでしょう。

また、気まぐれな一面もありますので
呼んでいることに気づいても来ない、
ということはあるでしょう。笑

アビシニアン

【体重】
メス:2.5kg~3.5kg
オス:3.0kg~4.5kg

【相場】
ペットショップ:5〜15万円
ブリーダー:5〜15万円

【短毛・長毛】短毛

【原産国】エジプト

クレオパトラも愛したといわれる猫。

緑色または琥珀色の大きな目が美しく
大きな耳もまた特徴的です。

しなやかでシャープな体つきですが
意外と筋肉質です。

人間でいうとモデルさんのよう。

色は、グレーぽい猫や
オレンジっぽい猫がいます。

「ルディ」「レッド」「ブルー」「フォーン」
の4種類に分けられますが
色によって価格が異なるようですね。

ブルーが最も高値がつきます。

性格

アビシニアンは、いたずらっ子で
とっても甘えん坊です。

愛情表現が激しいので
甘えん坊の猫が飼いたい方はオススメです。

どちらかというと、
この傾向はオスの方が強いです。

また、やんちゃなので
家の中を駆け回り、カーテンをよじ登り
高いところに飛び乗ることは必至。

いっぱい遊んであげないといけない猫ですね。

バンビーノ

【体重】
メス:2.4〜4.0キロ
オス:2.4〜4.0キロ

【相場】
ペットショップ:ー
ブリーダー:40万円前後

【短毛・長毛】なし

【原産国】アメリカ

特徴

言わずもがな、毛がないこととが1番の衝撃です。
と言っても産毛は生えています。

そして顔は、大きな耳とつり上がった眼、
頬骨が突き出ているのも特徴
です。

バンビーノは、
スフィンクスとマンチカンを掛け合わせて
誕生した種類です。

ですから、マンチカンからは短い足、
スフィンクスからは無毛の特徴を
引き継いでいます。

無毛なので、寒さと直射日光に弱い猫です。
飼う場合は、寒さ、暑さ対策をしっかりしましょう。

ペットショップでも取り扱いが少なく
ブリーダーも日本にはあまりいないでしょう。

入手が難しい猫ですね。

性格

バンビーノは活発で優しく、
飼い主には愛情深い猫です。

人見知りをしないので
お客さんも元気に迎え入れてくれるでしょう。

マンチカン

【体重】
メス:2.5~3.5キロ
オス:3〜5キロ

【相場】
ペットショップ:約8〜50万円
ブリーダー:10〜35万円

【短毛・長毛】短毛および長毛種

【原産国】イングランド(イギリス)

特徴

マンチカンは、皆さんご存知だと思いますが
今や有名でとても人気のある種類。

一番の特徴は、短い足。
そして長い尻尾。

ギネスには、1番背の低い猫として
認定されています。

毛色や毛の長さはそれぞれで
個体差があります。

それ故、価格帯も幅広いですね。

足が短いという特徴から、
ヘルニアになりやすい猫ちゃんでもあります。

性格

マンチカンは好奇心が強く、
遊び好きな猫です。

見た目に反して
家の中を走り回ったりします。

性格は穏やかで
人や同居の他のペットとも
うまく付き合うことができます。

多頭飼いも問題ありません。

h3>ラムキン

【体重】
メス:1.8~4.1キロ
オス:1.8~4.1キロ

【相場】
ペットショップ:ー
ブリーダー:10〜18万円

【短毛・長毛】短毛および長毛

【原産国】アメリカ

特徴

 ラムキンは、マンチカンとセルカークレックスを
交配させてできた猫の種類です。

マンチカンからは短い足、
セルカークレックスからはカールした長毛を
受け継いでいます。

ヒゲはカールしていて
目は青色。

ラムキンは、この巻き毛を特徴につけられた名で
英語で子羊を意味しています。

ラムキンは、毛色も様々、
毛の長さも様々です。

カールしている毛のブラッシングは
お手入れが少し大変なので
飼い主が気をつけないといけないところですね。

ペットショップでの取り扱いは少なく
まだブリーダーも少ないのですが、
購入はブリーダーからとなることが多いでしょう。

性格

ラムキンは、おっとりしていて人懐っこく
寂しがりやな種類です。

フレンドリーなので
家族はもちろん、お客さんにも
気さくに懐いてくれるでしょう。

多頭飼いにも向いている猫です。

スクークム

【体重】
メス:1.5〜3.0キロ
オス:1.5〜3.0キロ

【相場】
ペットショップ:5〜10万円
ブリーダー:ー

【短毛・長毛】短毛および長毛

【原産国】アメリカ

特徴

スクークムは、マンチカンとラパーマを掛け合わせて
誕生した、まだ新しい種類です。
スクーカムとも言われることがあります。

特徴は、カールした毛と短い足。

毛の長さは、短い猫と長い猫がいますが
体毛だけでなくヒゲや眉毛もカールしています。

頭の大きさに対して目は大き目ですね。

個体の特徴が安定していないことから
まだ一部でしか認められていない猫です。

希少種ではありますが、日本では
比較的取り扱いが多く
意外とペットショップでも出会うことがあります。
意外とブリーダーさんが少ないです。

性格

スクークムは、賢く友好的な性格。
人懐っこいので、買いやすい種類といえます。

落ち着きがあり、
たくさん鳴かないのも大きな特徴です。

周囲を気にせずに買うことができますね。


まとめ

いかがでしたか?

短毛種で小さい猫の種類を
ご紹介してきましたが、
お気に入りの猫ちゃんは見つかりましたか?

猫も見た目や性格はそれぞれですね。

ぜひあなたにぴったりの猫ちゃんを選ぶ
手助けになれば嬉しいです!!

ご覧いただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク