この記事の所要時間: 648

先日の記事では、小さい猫の種類
特に短毛種についてご紹介しました。

【小さい猫の種類】大人になっても小さいまま!の猫ちゃん11選

小型の猫は、短毛が多いんですよね。
ですから、長毛種で小さな猫の種類は
少なめです。

今回の記事では、小さい猫の種類
特に長毛種について
ご紹介していこうと思います!

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク


小さい猫の魅力

小さい猫は愛らしいだけでなく、
飼い主にとってのメリットもたくさんあります。

餌代が安く済む

犬の小型犬と大型犬で考えてもらうと
わかりやすいですが、
小型と大型では食事量が違います。

餌代は毎日かかかるものなので
それだけ生活費が多くかかってきますよね。

猫に十分な食事を与えられないのは
飼い主として辛いですから、
地味ですが、大事なところです。

シャンプーが楽

猫はあまり臭いませんし
頻繁にシャンプーする
必要はないと思ってる方もいるでしょう。

でも実際には、
年に1回〜数年に1回という方が
多い印象があります。

何れにしても、猫が汚れて
シャンプーしなければいけないとき
たいていの猫は、かなり大変なのです。

元来猫は、水が苦手なので
慣れていない猫はとっても嫌がります。

筆者も20年間猫を飼っていましたが
あまりにも嫌がるので、

頻繁に洗いたくても
洗えませんでした。

これが長毛種で大型の猫だと
相当に大変です。

洗うのもそうですが、
なかなか毛が乾かないですし
猫はドライヤーの風も嫌いです。

これが小型だったら
長毛種でもまだなんとかなりそうです。

そんな意味でも、
小型の猫ちゃんは楽ですね。


小さくて長毛の猫の種類

マンチカン

【体重】
メス:2.5~3.5キロ
オス:3〜5キロ

【相場】
ペットショップ:約8〜50万円
ブリーダー:10〜35万円

【短毛・長毛】短毛および長毛種

【原産国】イングランド(イギリス)

特徴

マンチカンは、皆さんご存知だと思いますが
今や有名でとても人気のある種類。

長毛もいますが短毛もいます。

一番の特徴は、短い足。
そして長い尻尾。

ギネスには、1番背の低い猫として
認定されています。

毛色や毛の長さはそれぞれで
個体差があります。

それ故、価格帯も幅広いですね。

足が短いという特徴から、
ヘルニアになりやすい猫ちゃんでもあります。

性格

マンチカンは好奇心が強く、
遊び好きな猫です。

見た目に反して
家の中を走り回ったりします。

性格は穏やかで
人や同居の他のペットとも
うまく付き合うことができます。

多頭飼いも問題ありません。

ミヌエット(ナポレオン)

【体重】
メス:2.3~3.4キロ
オス:3.0~4.0キロ

【相場】
ペットショップ:ー
ブリーダー:17〜30万円

【短毛・長毛】長毛

【原産国】アメリカ

特徴

ミヌエットは、マンチカンとペルシャ、
ヒマラヤン、エキゾチックショートヘアを
掛け合わせて誕生した猫の種類。

マンチカンからは短い足、
ベルシャからは綺麗な長毛を
受け継いでいます。

可愛らしい見た目と反して、
骨格はがっしりしています。

鼻は潰れ気味の
丸顔が可愛いですね。

以前はナポレオンと呼ばれていましたが
2015年にミヌエットと改称されました。

ミヌエットはペットショップでは取り扱いが少なく、
購入するとなると、
ブリーダーからが一般的です。

性格

ペルシャ譲りの人懐こさと、
マンチカン譲りの好奇心旺盛さを持っています。
飼い主さんにも従順なので
とても買いやすい猫ですね。

警戒心が薄いので、お客さんにも
ウェルカムな対応をしてくれるでしょう。


ソマリ

体重】
メス:2.5kg~4.0キロ
オス:3.0kg~5.0キロ

【相場】
ペットショップ:15~20万
ブリーダー:11〜20万

【短毛・長毛】長毛

【原産国】イングランド(イギリス)

特徴

ソマリは、アビシニアンと似ていますが
アビシニアン絡まれに生まれる長毛の猫を
掛け合わせて生まれた種類です。

もふもふの毛で大きく見えますが
一般的な猫の平均体重と比較してみると
少し小さめの猫ですね。

目の色はグリーン・琥珀色・ゴールドのいずれかで
アビシニアンと同様です。

鳴き声も特徴で、
鈴を転がしたような美しい声といわれています。

性格

ソマリは活発で甘えん坊、そして賢い猫の種類です。
しつけもしやすいです。

コミュニケーション能力が高いので
多頭飼いにも向いています。

一方、神経質な面も持ち合わせていますので
いつもよく様子をみておいてあげましょう。

アメリカンカール

体重】
メス:2.5~5.0キロ
オス:3.0~6.0キロ

【相場】
ペットショップ:
ブリーダー:

【短毛・長毛】短毛または長毛

【原産国】アメリカ

特徴

大きな特徴である耳は、
後方外側にクルンと巻かれています。

しかしこれはアメリカンカールの
50パーセントほどに現れる特徴で
耳が立っている個体もあります。

筋肉質でスリムな体型で
長い尻尾を持っています。

元になっているのは長毛の猫ですが
短毛の個体もいます。

性格

明るくて好奇心旺盛、
人間とも仲良くやっていける猫です。

構われるのが好きなので
子どもがいるうちにも向いています。

さみしがり屋なので
多頭飼いでの飼育がオススメです。

スコティッシュフォールド

体重】
メス:2.5~4.9キロ
オス:3.0~6.0キロ

【相場】
ペットショップ:10~20万
ブリーダー:10~20万

【短毛・長毛】長毛または短毛

【原産国】スコットランド(イギリス)

特徴

スコティッシュフォールドといえば
キュートな折れ耳ですよね。

しかしスコテッシュフォールドの中でも
耳が折れていない猫もいれば、
ちょっとだけ折れているなど
色々な種類がいます。

人気なのはもちろん折れ耳なのですが
折れ耳タイプが生まれるのは約30パーセント。

折れ耳の猫の価格が高くなる傾向があるので
相場には幅があります。

またスコティッシュフォールドには
長毛タイプと短毛タイプがいますが
長毛の方が少ないので、やはり価格は
長毛の方が上がります。

顔はまん丸で可愛らしく、
腰を抜かしたような座り方が
スコ座りと呼ばれ愛されています。

性格

スコティッシュフォールドの性格は
穏やかでのんびりしています。

人懐っこい性格もあり、
子どもがいる家庭や多頭飼いにも向いています。

鳴き声も小さく飼いやすい猫の種類ですね。


まとめ

いかがでしたか?

小さい猫の種類、
長毛編をお送りしてきました。

長毛種は大きい猫が多いので
今回ご紹介したのは
小さい猫5種類でした。

長毛種はただでさえお手入れが大変なので
買う際はぜひ小さい猫を検討してみてくださいね!

参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク