この記事の所要時間: 817

お葬式の受付を頼まれたら!受付係の役割とマナー
【葬儀・告別式・通夜の違い】それぞれの意味
【通夜での喪主あいさつ】定型例文をご紹介
最近増えている家族葬とは?費用の相場

スポンサーリンク


通夜の席では喪主による
弔問者への挨拶が必要となります。

故人に親しい方や近所の方が集まる分
言葉を選ぶ必要がありますが
どのように挨拶したら良いのか
困ってしまうことも多いですよね・・・

喪主になる機会は人生の中で
限られていますので
戸惑ってしまうのも無理はありません。

そこで、この記事では
通夜での喪主の挨拶について詳しくご紹介します。

定形の例文も載せますので、
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


通夜の挨拶の基本

通夜での挨拶の主な目的は、
故人に代わって弔問して下さったお礼や
生前の感謝の気持ちを伝えることです。

タイミングとしては通夜振る舞いの前
または、通夜の終了時に行います。

次の5つのポイントを含めることが基本です。

1:弔問に対するお礼
2:故人のエピソード
3:通夜振る舞いの案内
4:葬儀・告別式の案内
5:お礼の言葉

なお、喪主が挨拶できない場合は
他の遺族が代行して行ってもかまいません。

また、故人のエピソードの紹介は
手短に済ませる場合は省くこともあります。


一般的な挨拶の例文

基本を踏まえた一般的な挨拶は次の通りです。

“本日はお忙しい中、
お通夜の焼香を賜りましてありがとうございました。
皆様のお志に、亡き●●も喜んでいることと存じます。

また、故人の生前はひとかたならぬお世話になりました。
故人に成り代わりまして深くお礼申し上げます。

ささやかではございますが、
別室にお食事とお酒の用意をさせていただきました。

どうぞ召し上がりながら、
故人の在りし日の思い出話などを
聞かせていただければ幸いです。

なお、明日の葬儀・告別式は●●時より
●●斎場にて執り行います。

ご都合がよろしければ、ご参集いただければと存じます。

本日は、誠にありがとうございました。”



短く済ませる時は
次のような例文を参考にすると良いでしょう。

“本日はご多忙のところ、
お運びくださいましてありがとうございました。

生前皆様からいただきましたご厚誼に対し、
心からお礼申し上げます。

あちらの部屋に粗餐を用意いたしました。
どうぞお召し上がりください。

なお、明日の葬儀は●●時より、●●にて執り行います。
よろしくお願いいたします。”


故人の晩年を紹介する挨拶

通夜の挨拶は、ある程度決まった文句があります。

その為、「故人のエピソード」部分を工夫することで
生前の人柄が伝わるように配慮する方が多いです。

晩年を紹介する場合の例文を見てみましょう。


“皆様、本日はお忙しいなか、
ご弔問下さいましてありがとうございました。

●●は●年前に定年し、悠々自適な生活を送っておりました。

●月●日、●病院にて●●歳の生涯を終えましたが、
大往生ともいえる安らかな最期であったと思います。

●●が晩年を豊かに過ごせましたのも、
ひとえに皆様方のご厚情のたまものです。

故人に代わりまして、心よりお礼申し上げます。

なお、明日の葬儀は●時より当斎場にて予定しておりますので、
お時間が許すようでしたらお見送り頂ければと存じます。

本日はどうもありがとうございました。”



急死の場合は、遺族含めて
訃報を受けた方のほとんどが驚きます。

挨拶においては、
突然の訃報にもかかわらず
弔問してくれたことに対する
感謝の言葉を添えましょう。

“●●は数日前まで元気にしておりましたが
●月●日の夜、急に苦しみを訴え
救急車で病院に運びましたが、息を引き取りました。
長く苦しまなかったことがせめてもの幸いです。

突然のことで私どもも
信じられない気持ちでございますが、

故人は皆様に支えられ
幸せな人生を送ることができました。

改めて、生前たまわりましたご厚誼に対し、
心からお礼申し上げます。

本日は突然のことにも関わらず
大勢の皆様にご焼香いただき
ありがとうございました。”


思い出も含めての挨拶

一口に喪主と言っても
故人との関係は様々です。
自分ならではの思い出がある方も多いでしょう。

喪主の挨拶でも、思い出のあるエピソードを添えると
気持ちが伝わりやすくなります。



“みなさまもご存じとは思いますが、
●●は人との交流が大好きな明るい人間でした。

定年した後も通学路のパトロールを始め
ボランティアに積極的に参加し
地域の皆さまとの触れ合いを
楽しみにしていた姿が印象的です。

本日は、皆様に見守られて、
●●も喜んでいることと思います。

なお、明日の告別式は●●時より●●で
執り行う予定でございます。

どうぞよろしくお願いいたします。

本日は誠に本当にありがとうございました。”


死因の報告も兼ねての挨拶

「故人のエピソード」部分で
死因の報告を行う方法もあります。

実は、通夜や葬儀の場で死因を遺族に尋ねることは
マナー違反
とされています。

死因を答えている内に
遺族の悲しみが増してしまう可能性があるからです。

しかし、突然の訃報に接した方は
それとなく死因を気にしている場合もあります。

挨拶で差し支えない程度に
死因について伝えてあげると親切です。



“●●は、去る●月●日の●時●分に■■にて
入院先の病院で息を引き取りました。
享年、●●歳でした。”

なお、死因は必ずしも
挨拶に盛り込まなくても大丈夫です。

特に不慮の事故や自殺など特殊な場合は
通夜の時にまだ気持ちの整理が
できていないこともあると思います。

その場合は死因については話さず
一般的な挨拶を行う方法を選ぶことが多いです。


喪主のあいさつのポイント

喪主の挨拶には3つのポイントがあります。
順番にご紹介しますね。

①長さに注意する

挨拶の長さは長すぎず短すぎないことがポイントです。

目安として1~3分程度で
終わる文を考えておきましょう。

内容は無理に暗記しなくても大丈夫です。
不安な時は手元に紙を用意しておき
見ながら挨拶をしても失礼ではありません。

ゆっくり丁寧に挨拶することを心がけると良いでしょう。

緊張するとつい早口になってしまう方も多いですので
事前にゆっくり伝える練習をしておくことをオススメします。

②忌み言葉を避ける

縁起が悪いとされる「忌み言葉」は
挨拶で使わないように注意しましょう。

例えば、不幸が重なることを連想させる
重ね言葉は避けるべき言葉とされています。

・重ね重ね
・またまた
・再び

など

また、仏教の葬儀では下記の言葉も
不吉な言葉として挨拶にふさわしくないと考えられています。

・浮かばれない
・迷う

忌み言葉は宗派によっても異なる場合があるので
事前に挨拶に含まれていないかどうか
チェックしておくことがオススメです。

不安な場合は挨拶が得意な方に
文章を確認してもらう方法も有効と言えます。

③大切なのは感謝の気持ち

喪主の挨拶の一番のポイントは
感謝の気持ちを自分の言葉で伝えることにあります。

喪主の機会は多くはありませんから
緊張してしまうのは致し方ないことです。

こちらで紹介した例文を活用しながら
自分の言葉で感謝の気持ちを伝えましょう。

上手くなくても良いのです。
心を込めて挨拶をすることができれば
十分に会葬者に感謝の気持ちが伝わるでしょう。


まとめ

喪主の挨拶で一番大切なことは
お別れに来て下さった方々に
感謝の気持ちを伝えることです。

悲しい気持ちはあると思いますが
なるべく気持ちを落ち着けながら
冷静に話すようにしましょう。

故人を偲びつつ
少しでもあたたかい気持ちで帰っていただけるように
配慮することも大事です。

会葬者も完璧な挨拶を求めているわけではありません。
自分の言葉でゆっくり伝えれば大丈夫です。

こちらで紹介した例を参考にしながら
自分の言葉で挨拶を考えてみてくださいね。



●お葬式についてはこんな記事も書いています●

女性のお葬式の服装!知って安心。喪服で気をつけるべき点6つ

【参列者向け】通夜・葬儀でのあいさつ例文。失礼のない大人の挨拶!

【お葬式】香典の相場は?香典を用意する時に気をつけること5つ!

【葬儀・告別式・通夜の違い】参列者が知っておくべきそれぞれの意味

スポンサーリンク