この記事の所要時間: 1127

【通夜での喪主あいさつ】定型例文をご紹介
【葬儀・告別式・通夜の違い】それぞれの意味
お葬式の受付を頼まれたら!知っておくべき受付係の役割とマナー
家族葬とは?費用の相場と知っておくべき内容

スポンサーリンク



この記事を見てくださっているということは
身内に不幸があった方かもしれません。

お葬式は避けては通れないものですが
悲しみの中、喪主としてお葬式を
取りし切らねばならないのは
とてもストレスのかかることですよね。

苦しいお気持ちをお察しします。

まずは、故人をきちんと送り出すために
一緒に目の前のことと向き合っていきましょう。

この記事では、

受付を誰にお願いするか
何をやってもらうものなのか

喪主の方に知っていただけるよう
解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


お葬式の受付は誰にお願いする?

お葬式の受付は、ご遺族が
どなたかに頼まなければいけません。

しかし、誰にお願いするかなんて
考えたことがない人が多いはずです。

実際にその場になって初めて
あれ?誰にお願いするものなのかな。
と考えると思います。

一般的には、

・故人や喪主の友人関係や
町内会の方
・ご友人、趣味での繋がりがあるお仲間
・会社の関係者

などが多いです。

実際には、信頼のおける方でしたら
どなたに頼んでも構いませんし、
マナー違反にはなりません。

直系以外の親族に頼む

親族に頼む場合、

受付は基本的に、
直系以外の親族にお願いすることが多いです。

直系とは、亡くなられたにとっての
親や子、孫などを指します。

直系の方はお葬式の際に
遺族として着席しますので、
それ以外の方を選ぶということです。

「他人を煩わせたくない」という理由から、
中には、遠縁の親戚に頼まれる方もみえます。

町内会や会社の人に頼む

直系以外の親族の他、
町内会や自治会や近隣の方、
そして故人がお勤めされていた
会社の方に頼む場合もあります。

筆者の父が亡くなった際は
近所の方が受付をしてくださいました。

また、筆者が以前勤めていた会社の
社長が亡くなった際は、
会社の社員が受付をしました。

色々なパターンがありますね。

お葬式の受付は「誰がしなければならない」
「誰がしてはいけない」等の、
決まりもマナーも、基本的にはありません。

もちろん故人の方にもよりますし、
お住まいの地域により
様々なお葬式のやり方や決まりごとがある場合も。

場合によっては、
葬儀社に受付を依頼される方もあるようです。

ただ、ご香典などのお金を扱うため
信頼の置ける方にお願いするのが一般的です

誰にお願いするのかは、
まずはご遺族で話し合いましょう。

それぞれのお家の事情に合った形を
取られるのが最善かと思われます。


お葬式の受付は何をしてもらうの?

お葬式の受付の役割は、
会場の出入り口で弔問客を出迎え、
受付を行います。

弔問客から香典をお預かりし、
弔問客をスムーズに葬儀会場へ案内します。

近年のお葬式では、
上記のお葬式受付の業務のほか、
香典の会計やお葬式の会場係や
駐車場係を任されることも。 

その場合は、会場の全体図や、
駐車場の位置、場合によっては
近隣のパーキングの位置も確認する必要があります。

お葬式の受付の方が迷うことなく
弔問客をご案内出来るよう、
密な確認と打ち合わせをしておきたいですね。

そして故人の遺族の方は、
受付ではどんなことをやってもらうのか
知っておくと安心です。

難しいことはないので
安心してください。

流れを知っておきましょうね。


お葬式の受付のやり方

お葬式の受付を依頼する時は

頼み方は、
「お葬式の受付をお願いできませんか?」
というような言い方で構いません。

やったことがなくても、
ここで喪主のあなたが
ざっと学んでいただいたことで
知識としては十分です。

もしよければ、
受付の方には
こちらを読んでもらってください。

お葬式の受付を頼まれたら!知っておくべき受付係の役割とマナー

頼まれた方も頼む方も
不安なことがあると思いますが

葬儀社の方もきちんと
アドバイスをくれますので
そこは心配ありませんよ。

お葬式の受付を依頼するときに気をつけること

お葬式の際には
弔問客の方を含め、
たくさんの人の出入りがあります。

そしてお香典を受け取るので
お金の管理をお任せすることになります。

大切な家族の一員であった
故人の方との最後の別れの時を
安心して迎えられるよう、
信頼出来る方にお願いしましょう。

誰でもいいのですが、
そういう意味では人を選ぶことになります。

受付をお願いする方が決まったら

お葬式の受付の方が
当日どのように動いたらよいかを、
分かりやすく伝えられると尚よいですね。

こういったことは
喪主のあなただけが背負うのではなく
遺族の方と協力して行えば良いです。

お葬式の受付を頼まれた方も
不安な気持ちや分からないことが
きっとあるかと思います。

そのような不安を取り除き、
気持ち良く役割を
果たしてもらえるといいですね。

お葬式の受付の方に気をつけてもらうこと

受付の方にはお葬式の当日
時間にゆとりを持って会場へ来て頂きましょう。

開式の1時間前までに準備を終えておきます。

芳名帳や、記帳してもらう際に使う筆記具を
多めに準備しておきます。

場合によっては会場の案内の係も
兼務して頂くことが多くあります。

まずは会場の見取り図を確認してもらいます。
受付係にトイレの位置や駐車場の位置を
しっかりと把握して頂きましょう。

お葬式の際の受付の具体的なやり方

①弔問客から香典を受け取る

お葬式の受付はまず、
弔問客や参列者の挨拶を受け、
香典を受け取ります。

※香典とは、香は線香、
典はお供え物のことで、
線香や花の代わりに
死者の霊前に供えるものです。

やや使用感のある現金を
のし袋に包んで渡されます。

ピン札はNG、間違っても
祝儀用封筒はは使わないでください。

香典を受け取る際には
「お預りします」と言い、
一礼し必ず両手で受け取ります。

もしも、お葬式の受付時に差し出された香典袋に
苗字しか書いていない場合はご注意を。

弔問客にフルネームをお聞きし、
分かるよう名前を書き足しておきます。


②芳名帳に記帳をしてもらう


お葬式の受付の方は

香典を受け取って、
そこからの流れで弔問客に
記帳をお願いします。

「恐れいりますが、こちらへ
お名前とご住所をお願いします」

と声掛けし、芳名帳に記帳して頂きます。

芳名帳が一冊しか無い場合は、
混み合うことが多くなります。

通常は芳名帳を2、3冊並べて
複数同時に記帳出来るようにします。

それでも、混み出すと順番に列を作ります。

規模の大きなお葬式の場合は、
長机を置くスペースなどを確保し
芳名帳を増やすなどの対応が
必要となってくるでしょう。

遺族の方で、どのくらい弔問客が
訪れそうなのか?を把握しておければ安心ですね。

お葬式にたくさんの弔問客の方が
訪れてくれそうな場合には、
受付のスペースを広げておきましょう。

余裕を持って弔問客の皆様を
お迎え出来ると焦らなくて済みます。

遺族の方があらかじめ、
葬儀場や世話役の人と
よく打ち合わせておきましょう。


③返礼品をお渡しする

それから、粗供養品や会葬御礼などの
返礼品を渡してもらいます。

お香典が連名になっている場合は
全員に返礼品が行き届くよう、
数を確認してお渡しします。

もし弔問客がお供え物や
弔電などをお持ちでしたら、
御礼を言って受け取り、記帳して頂きます。

※弔電とは、お葬式に際に
お悔やみの言葉を伝える電報のことをいいます。

お供え物は、お葬式社の方や
式場のスタッフに手渡し、
祭壇にお供えしてもらいます。

弔電は、司会者や進行役に渡します。

また、お葬式の途中で
弔電や花などの
届けものが届くこともあります。

まず、相手の名前を確認して記入し、
受付の方からお葬式場の方に渡してもらいます。


④頂いた香典を管理する

受付で集めたお香典は、
通常受付の後方で作業している
お葬式の会計係に渡しましょう。

香典泥棒がいることもあるので、
お葬式の受付の時にはくれぐれもご注意を。

お葬式の受付を身内に頼み、
お葬式場のスタッフに
この役割を頼めない理由ここにあります。

お葬式でお金のトラブルは
後味のの良いものではありません。

金銭のトラブルは
絶対に起こらないように注意すべきですね。

お香典に関するトラブルを避けるためにも
最終的に誰が受け取っておくのがいいのか、
事前に親族の間できちんと確認しておきましょう。


⑤荷物をお預かりする

必ずあるわけではありませんが
お葬式場にクロークがある場合は、
弔問客の大きい荷物や
上着などをお預かりします。

クロークのスペースなどにも
限りがある場合がありますので、
お葬式の規模も考えながら
クロークを使用するかどうかも
事前に決めておきましょう。

なお、貴重品については
トラブルを避けるためクロークではお預かりせず、
弔問客自身で保管してもらうようにするのがベストです。


お礼はいくら支払う?

現金で渡す

お葬式の受付を引き受けて頂いた方には
謝礼を渡すものです。


このお金のことを「心づけ」といいます。

金額としては、
2000円から5000円くらいが相場です。

「御礼」「志」などと書いてお渡しします。
お葬式の当日にお渡しするのが良いですね。

熨斗(のし)を付けるなら、
黒白結び切りで「御礼」や「志」がベストです。

忙しくしていると、
「お金を入れ忘れてしまった」
なんてこともあるようです。

こういう時だからこそ、
気が急いてミスをしがちです。

きちんと確認してお渡ししましょうね。

品物で渡す

現金でなく、
品物にする場合もあります。

その時はお菓子やタオルなど
無難なものを選ぶのがいいかと思います。

年配の方でしたら、
お茶などもいいでしょう。

なお、「寸志」は
目下の方に使う表現になります。
使わないようにしましょう。

しかし、地域によっては
御礼をしない取り決めのある所も
あるようですね。

お葬式の受付を
町内会の方に依頼する場合は、
今までのお葬式の受付のやり方や
取り決めをよく確認しましょう。

その場合でも、果物や缶詰なので
何らかの御礼の形を伝えられると良いですね。


さいごに

遺族や喪主にとって
突然のお葬式は悲しみにくれる間もなく
慌ただしいものです。

どのようにお葬式を執り行うべきなのか
迷われる遺族の方も多いでしょう。

心配しなくても大丈夫。
みんな最初は戸惑うものなのです。

まずは、お葬式の流れや受付の役割
そして会場の見取り図などを
故人の遺族の方が把握しましょう。

そしてお葬式の受付を依頼した方に、
当日どのように動けばよいのか
しっかりと伝えられると良いですね。

葬儀社の方はプロですから
しっかりサポートしてくれるはずです。

わからないことは遠慮せずに
聞いてみてください。



この記事ではお葬式の受付のやり方を
解説して来ました。

しかし、受付を頼むにあたって
特に「こうしなくては失礼だ」という
決まりはありません。

この記事で十分な知識を得られたと思います。
落ち着いて対応しましょう。

あまり気負いせずに
慎ましやかなお別れの時を過ごされますように。


●お葬式についてはこんな記事も書いています●

女性のお葬式の服装!知って安心。喪服で気をつけるべき点6つ

【参列者向け】通夜・葬儀でのあいさつ例文。失礼のない大人の挨拶!

【お葬式】香典の相場は?香典を用意する時に気をつけること5つ!

【葬儀・告別式・通夜の違い】参列者が知っておくべきそれぞれの意味

スポンサーリンク