この記事の所要時間: 1056

●お葬式についてはこんな記事も書いています●

【参列者向け】通夜・葬儀でのあいさつ例文。失礼のない大人の挨拶!

【女性用】お葬式にスーツはOK?知らないと恥をかく服装の注意点

【葬儀・告別式・通夜の違い】参列者が知っておくべきそれぞれの意味

お葬式の受付を頼まれたら!知っておくべき受付係の役割とマナー

【お葬式】香典の相場は?香典を用意する時に気をつけること5つ!

女性のお葬式の服装!知って安心。喪服で気をつけるべき点6つ

スポンサーリンク


お葬式は予期せぬときに訪れるものです。
近しい知人のご家族などが亡くなられたときには、
お香典とは別に気持ちを花で伝えたいこともありますよね。

自分の親族の葬儀などには
葬儀全体の花も考えなくてはいけません。

そのようなお葬式で使う花には
決まりがあります。

マナーとして知っておきたい
お葬式のお花に関してご紹介しましょう。

スポンサーリンク


お葬式で使う花の種類

お葬式でたくさんの花が
使われることは知っていると思いますが
その花の名前を知っていますか?

お葬式で使う花には、
いくつかの種類があります。

それぞれについて
確認していきましょう。

枕花

葬儀で使用するお花で
「枕花」と呼ばれる花があります。

枕花は、お通夜の前から
故人の枕もとを飾る花のことです。

枕花には、故人を哀悼する
意味が込められています。

特に血縁の深い方・故人と特にゆかりの深い方、
故人と親しかった方が送る花です。

一番形式ばらない花ですね。

形態としては、盛花やカゴ花にとして
アレンジメントにしてもらうのがよいでしょう。

花の種類は、決まりがないことが多く、
仏花(ぶっか)として使用される花が一般的です。

故人と親しい方の場合には、
故人が好きだった花などもおすすめです。

供花

供花は「きょうか」「くげ」と読み
通夜、葬儀の祭壇に供えます。

供花も、故人を哀悼し霊を静めるという意味や
身内を亡くした遺族の悲しみや苦しみを
和らげるという意味もあります。 

供花は、遠方などで葬儀に出席できない場合に
香典の変わりとして送ることもあります。

花輪

花輪は、地域や風習によって
通夜、葬儀の際に葬儀場や、
葬儀を行う家の周辺に供えます。

葬儀が行われる場所によっては
大きな花輪を供えることができないため、
送る際には確認してから
送るようにしましょう。

東京、横浜、川崎などでは一般的に
高さが約3.3m、直径が約1.8mの
花輪が多く使用されています。

献花

献花は、葬儀に参列した参列者が
祭壇に供える花のことです。

キリスト教の葬儀では
お線香を供える「お焼香」の
代わりとなります。

祭壇の横などに一輪ずつ花が置かれ、
それを手に取り1人1本を祭壇に供えます。


花輪、供花はどんな人が送るの?

供花を送るのは遺族や親族、
故人と親しかった場合にも送ることがあります。

また、故人と親しい間柄でも
遠方で葬儀に参列できない場合に
贈ることがあります。

故人の希望、遺族の希望で
香典辞退の葬儀などでも、
香典の代わりに供花を贈ることがあります。

花輪も供花と同様な立場の人が送りますが、
近年では、葬儀を行う環境などに考慮し
花輪の受付を断るところもありますので
事前の確認が必要です。


花の値段相場

それぞれのお花の値段相場です。

今は本当に便利な時代で
急なお葬式でも、
気がついたのが夜遅くても
楽天で花を注文することができます。

・枕花の相場 
儀場などに送る場合、5,000円~20,000円
自宅に直接届ける場合には10,000円前後

【形態】フラワーアレンジメント 盛り花 カゴ花
【送る時期】お通夜開始前
【枕花の種類】菊 ユリ  ランキュラス 
デルフィニウム カラーカーネーション(赤以外)

枕花を送るのは、訃報を受けてから
お通夜がはじまるまでの間
がよいでしょう。

しかし、訃報を聞いてすぐに送るのも
準備していたようで失礼に当たりますから
注意しましょう。



・供花の相場 7,500円~15,000円



・花輪の相場 15,000円~20,000円 

楽天で探して見ましたが
見つかりませんでした。

地域性が強いので、
全国的には販売してないのかもしれません。



・供花スタンドの相場 15,000円~25,000円

※供花スタンドとは、スタンド花とも言われ
スタンドにアレンジされた大きめの花のことです。

慶弔問わず贈ることができますが
花の種類が変わります。


供花・花輪の注文

供花の手配とマナー

【送る時期】訃報の連絡を受けた時から
通夜開始の3時間前ぐらいまで
【供花の種類】 仏教では菊、ユリ
キリスト教ではカラー、カーネーション(赤以外)など
【送る形態】フラワーアレンジメント、
花輪、フラワースタンド、カゴ
【手配】一般的には、訃報を受けた際に
葬儀を担当している葬儀社に依頼

花輪の手配とマナー

【送る時期】訃報の連絡を受けた時から
通夜が始まる前まで
【供花の種類】デザインは地域や
風習により異なるので確認が必要
【送る形態】葬儀場の外に立てかけるような
大きな花輪(造花)
【手配】一般的には、訃報を受けた際に
葬儀を担当している葬儀社に依頼


供花や花輪を送りたい場合には
訃報を受けてすぐに、
葬儀の行われる葬儀会場へ直接問い合わせ、
担当葬儀社の連絡先を
教えてもらうのがよいでしょう。

その際、葬儀が行われる日付と
喪家名を間違えないようしっかり伝えます。

次に、問い合わせた葬儀社へ連絡し
喪家名と葬儀の日時を伝え、
供花の注文をします。

ここで気を付けなければいけないのが
「喪家へ直接電話しない」
ということです。

分からないことが多いお葬式ですが、
喪家は遺族を亡くされ、
葬儀の準備にも追われているはずです。

手を煩わせるのはよくありません。
問い合わせは控えるようにしましょう。

また、最近では
花輪を用いない地域もあります。

外観の問題や葬式が行われる施設、
ご自宅周辺のスペースなどから
花輪を禁止していることもあります。

花輪を送ることを検討するのなら、
葬儀を担当している葬儀社に
花輪の確認をしっかり行ってからにしましょう。

宗教的にも、キリスト教では
ほとんどの場合、花輪は使用しません。

キリスト教は基本的に
お葬式には生花しか使用しないからです。

芳名名札の書き方

供花には送る側の名札をつけますが、
この立札を「芳名名札」と呼びます。

通常はひとつの供花に
1枚の立札をつけます。

お葬式などのお供え用の供花には
贈り主のみ名前を記載します。

贈る側が個人であったり、
複数人、会社としてなど
それぞれ名札の書き方も違います。

会社で贈る場合

左側:会社名(例○○○株式会社)
中央:肩書と代表者名
(例:代表取締役〇〇〇〇)

この際、代表者の名前は
フルネームで記載します。

また、会社名などが長すぎる場合には
(株)や(有)を使用することが多くあります。

会社で供花を贈る際には、
必ず代表者の名前を記載します。

故人と直属の者の名前でなくても
良いことを覚えておきましょう。



社員が複数名で贈る場合
左側:会社名 (例 株式会社○○○)
中央:所属部署+「一同」
(例 〇〇支店〇〇部一同)

肩書のあるものが連名で贈る場合
左端:会社名 (株式会社○○○)
中央:肩書+名前 肩書+名前~
(例 〇〇部長〇〇〇〇 ○○課長○○○)



同部署内で連名で贈る場合
左端:会社名+部署名 (例 ○○○株式会社○○部)
中央:名前 名前~ 
(例 ○○○○ ○○○○)

供花などに連名ので氏名を記載する際には、
基本的には肩書や年齢が上の方から
右から順に記載していきます。

同じ立場の場合には五十音順に記載します。

「○○一同」とするのは、
人数が4人以上になる場合です。



友人が連名で贈る場合
左側:学校名+所属名など 
(例 ○○○大学○○学部)
中央:〇〇年卒 友人一同

「友人一同」で贈る場合など
団体のになるケースは、
全員の個人名を記載して
書面を添えるのが良いでしょう。



親族が連名で贈る場合
左側:苗字+家 (例 ○○家)
中央:続柄+一同 
(例 子供一同 孫一同など)


花輪、供花のお礼・お返し

お葬式に花輪や供花を
送っていただいた方にはお礼をします。

しかし、お香典をいただい際のお礼とは
少し異なります。

花輪、供花をいただいた場合には
お礼状を書き、送るのが一般的です。

これは、お香典は「相互扶助」
という意味合いから派生している
のに対し、
献花、供花は故人へのお供え物だからです。

お礼状を送る時期としては、
できるだけ早い方が良いです。

しかし、故人を亡くした状況は
周囲の人も理解してくれますので、
無理に葬式の直後にしなくてもかまいません。

また、自宅に故人が好きだった花など
思い入れのある花輪や供花を送って頂いた場合や、
故人と特別に親しい関係であった場合には
お礼の品を贈るのも良いでしょう。

他にも、会社として連名で供花や花輪を
いただいた場合にも
会社宛てにお礼状とお礼の品を
付けることがあります。

その場合には、頂いた供花、花輪の
3~5割の金額を目安に選ぶのが一般的です。


まとめ

いかがでしたか?

お葬式で使う花には色々と名前があって
違いがわからなかった方も多いと思いますが
一通りはお分りいただけましたでしょうか?

お葬式は突然来るものなので
経験が少ない若い方は特に
いざとなると、
何を送っていいかわからないですよね。

筆者は北関東出身ですが
花輪を使っているところは
あまり見たことがありません。

花輪は地域によって
使わないところもありますから
身近な人に聞いてみるのが安心ですよ。

参考になれば嬉しいです。



●お葬式についてはこんな記事も書いています●

【通夜での喪主あいさつ】これで困らない!定型例文をご紹介

【お葬式の受付】やり方は?誰に頼む?喪主が知っておきたい受付の内容!

お葬式の時間はどれくらい?お葬式の流れとそれぞれの所要時間

スポンサーリンク