この記事の所要時間: 102

●お葬式についてはこんな記事も書いています●

【参列者向け】通夜・葬儀でのあいさつ例文。

【男性版】お葬式の服装は?マナーや選び方!

女性のお葬式の服装!気をつけるべき点6つ

【女性用】お葬式にスーツはOK?服装の注意点

スポンサーリンク


故人との最後のお別れの場である
お通夜やお葬式。

お葬式前後の予定もあるでしょうから、
式の流れや所要時間が
気になっている方も少なくないでしょう。

喪主になると「時間はどのくらいかかりますか?」
と問い合わせを受けることもあります。汗

そこで今回は、お通夜やお葬式の流れと
目安となる所要時間をまとめてご紹介します。

だいたいのスケジュールを把握しておくと
慌ただしい葬儀においても
落ち着いて行動できるようになりますよ。

それでは、どうぞご覧ください!

スポンサーリンク


お葬式にかかる時間

一般的に仏式の葬儀の場合は、
おおむね2日程の日程で行います。

1日目にお通夜
2日目に葬儀・告別式

を行う流れです。

お通夜は午後6時か7時頃から始めて
だいたい1~2時間くらいで終わり
その後通夜ぶるまいへと移ります。

葬儀は午前中に行い
告別式と合わせて約2時間程度
終わることが多いです。

その後、出棺し
火葬の後に遺骨を迎えて
初七日の法要や精進落としまで行います。

もちろん宗派などによっても
スケジュールが異なる事はありますので
あくまで目安の時間です。

それぞれの流れや所要時間を
詳しく見ていきましょう。


お通夜の流れ

1日目はお通夜です。

お通夜は故人と特に親しかった人たちが
集まって故人との別れを惜しむ儀式です。

遺族は夜通し灯りを消さずに
ご遺体を見守ります。

現代では半通夜が一般的であり
午後6~7時頃から僧侶の読経が始まり
遺族・弔問客の焼香を行います。

※半通夜とは・・・
通夜とは本来、夜通し行われるものです。

しかし夜通し弔問客がやってくるのは
遺族にとっても負担が大きいです。

そこで一般的になってきたのが半通夜。
日が変わらないうちに弔問客は帰ります。

通夜ぶるまいを含めても
午後10時頃には終わる形式が多いです。


葬儀・告別式

2日目は葬儀・告別式が行われます。

告別式はその名の通り、
故人に最後のお別れを告げる儀式です。

午前9~10時頃に遺族が集合し
だいたい9時半頃から
受付を始め、弔問客を控室に通します。

喪主は、受付が行われている間に
宗教者(僧侶)に挨拶し
必要であれば打ち合わせを済ませる形です。

10時から葬儀・告別式が執り行われ
1~1.5時間程度で終了します。

葬儀・告別式が終わったら出棺です。

出棺

告別式が終わると
祭壇から棺を下ろします。

故人との最後の対面です。

故人の頭の方から
喪主、血縁の濃い順に棺を取り囲み
祭壇の供花を棺の内側に入れる
「別れ花」を行います。

その後、棺の蓋を閉め
「釘打ち」を行い
遺族や親しかった男性が棺を担いで
霊柩車に納めます。

近年では釘打ちを
省略するケースも増加傾向であり
釘打ちが必要ないタイプの棺も
登場しています。

火葬

火葬場に着いたら
納めの式が行われます。

遺影と花を飾り
僧侶の読経が終わったら
火葬炉の前で焼香を行いましょう。

その後、ご遺体を火葬します。

一般的に、火葬には1~2時間程度
時間がかかります。

その間、遺族は控室で僧侶と同行者を持てなします。

火葬が済んだら骨揚げです。

火葬後に斎場または自宅に戻ります。

自宅の場合は家に入る前に玄関先にて
水と塩でけがれから身を清めましょう。

喪主が後飾りの祭壇に遺骨を安置し
遺影や位牌を置いた後
僧侶がお経をあげ
一同が焼香して葬儀が終了します。

近年では初七日の法要まで
合わせて行うことが多くなりました。

※初七日法要とは・・・
故人が亡くなってから最初に行う法要のことで、
以前は亡くなって方七日後に行っていました。

しかし日程を調整するのが難しいため、
今では葬儀と同じ日に行うことが多くなりました。

精進落とし

葬儀の後に精進落としの宴を開きます。

精進落としとは・・・
初七日法要を終え、お世話になった
僧侶や世話役、弔問客に感謝を込めて
食事の席を設けることを指します。

精進落としの宴は
1~2時間程度で切り上げることが多いです。

僧侶や世話役などの労をねぎらう席ですが
僧侶が辞退する場合もあります。

その場合は丁寧に挨拶し、
「御車代」と「御膳料」
包んでお渡しします。


焼香だけでも失礼ではない?

スケジュールを見るとわかりますが
お通夜も葬儀・告別式も
ある程度時間を要します。

しかし、忙しい方は
参列したいけれど様々な事情があって
長く時間が取れない方もいるでしょう。

近年は、お通夜のみ行き
葬儀・告別式には行かない人も多いです。

その場合は、お通夜の焼香のみ参加し、
帰っても問題ありません。

ただし、時間をわきまえないと
失礼になってしまうので気をつけましょう。

早すぎず遅すぎないタイミングが大切です。

一般的にお通夜の30分~15分前ぐらいに式場内に入り
焼香だけ行ってご遺族にご挨拶をして帰る形となります。

地域によってやり方や考え方に
違いがある場合もあります。

少しでも不安がある場合は
その地域でのやり方を確認してから参列しましょう。


どうしても都合が合わない時は?

訃報は予期できるものではありません。

どうしても都合が合わない場合もあるでしょう。

そのような時は、参列はできなくとも
弔意を示せる対応を取ることが肝心です。

①弔電を打つ

弔電は、葬儀の時にお悔やみの言葉を送る
電報のことをいいます。

弔電に不慣れであったり、
相談しながら決めたい時は
NTTの115番を利用する方法がおすすめと言えます。

また、最近ではインターネットでの
手続きもできるようです。

NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/dmail/

NTT西日本
https://dmail.denpo-west.ne.jp/p/P10000010P.do?r=4396436501745232154

他にも様々な会社がありますので
自分の条件に合ったものを選びましょう。

②供物や供花を送る

気持ちを伝えるために
供物や供花を送ることもできます。

ただ、供物や供花は
宗教によって送るものが違ってきます。

相手の宗教をよく確認して
適したものを送りましょう。

自分で用意する方法以外にも
葬儀社に依頼して、
供物や供花を用意してもらう方法もあります。

供花についてはこちらで詳しく書いています。

お葬式で使う花輪とは?花の値段や手配・マナーについても解説!

③香典を送る

お悔やみの言葉を添えて
香典を送る方法もあります。

香典は現金書留で送ることがポイントです。

香典についてこちらで詳しく書いています。

【お葬式】香典の相場は?香典を用意する時に気をつけること5つ!

④代理人を立てる

代理を立てて参列するケースもあります。

この場合、代理人が故人と面識がなくとも
問題ありません。

会葬者芳名帳(会葬帳)には
代理人として来たことがわかるように記載します。

筆者も経験したことはないのですが
代理人の参列はよくあることです。

特別難しいことも、
マナー違反にあたることもないので
このような方法があることも知っておくといいですね。

⑤後日弔問に伺う

葬儀後に先方の都合を確認した上で
後日弔問する方法もあります。

葬儀のすぐ後は、忙しい遺族の
負担になってしまう場合があります。

葬儀終了後3日以降~四十九日頃までの期間に
弔問すると良いでしょう。

後日弔問をする場合は、弔問するタイミングで
香典を持参する方法が一般的です。

あまり長居せず、気持ちを伝えて
早々に引き上げることが大切です。

故人との思い出話は
2~3分話すくらいが適当とされています。


変わってきた葬儀の形

2日間かけて通夜、葬儀・告別式を行う形式は
一般葬と呼ばれています。

戦後から長い時間をかけて
現在の一般葬の形式が主流となりました。

ただし近年では、
その形式にも変化が生じています。

通夜を行わず、葬儀・告別式から火葬へという流れをとる
「一日葬」という形式が増えつつあるのです。
この場合、1日だけで執り行われます。

また同じ2日をかける場合でも
家族や近親者のみで小規模に執り行う
「家族葬」を行う人も増えていることも事実です。

↓詳しくはこちらで書いています。

最近増えている家族葬とは?費用の相場と知っておくべき内容

従来の形式にとらわれず、
自由な形で行う「自由葬」も
誕生しました。

葬儀をしないで火葬だけ行う
「直葬(火葬式)」という形式もあります。

時代の変化に合わせて
葬儀の小型化が進んだり
形式に変化が生じてきています。

訃報を受けた際には
どのような葬儀が執り行われるのか
よく確認することが大切です。


お葬式をしないケースも増えている?

実はお葬式は、法律や規則で執り行うものと
定められているわけではありません。

近年では価値観の多様化など様々な傾向から
お葬式をしないというケースも
増えてきています。

お葬式は、故人との最後のお別れの場です。

遺族側になったら、
色々な葬儀の形があることを知らないと
あとで後悔しそうです。

知った上でどうするか決めることが
肝心ではないでしょうか。


まとめ

一般葬の場合
葬儀は2日間執り行われます。

流れをまとめてみますと、

・1日目のお通夜は夕方~夜にかけて
・2日目の葬儀・告別式は午前中から始まり
1~2時間程度で執り行われる
・その後出棺、火葬、初七日の法要や
精進落としへ

というようになっています。

どうしてもお葬式に行けない時は
弔電や後日弔問などの形で
弔意を伝えましょう。

遺族の負担にならないように
配慮してあげたいですね。

葬儀の形式も時代とともに
変わってきていいます。

心配なことがあれば
間違った対応をするより素直にきいて、
宗教や相手に合う形式をよく確認しましょう。

参考になれば嬉しいです。


スポンサーリンク