この記事の所要時間: 1148

【日本酒のおつまみ26選】スーパー・コンビニ編!
日本酒のオススメおつまみ【通販編】家飲みに!

大学生や社会人になると、
日本酒を置いてあるお店に行くことが
ありますよね。

「でも日本酒はよくわからないから」
と飲まずにいるのはもったいない!

日本人が古くから飲んでいた日本酒は、
和食はもちろん、いろんな料理に合う
面白いお酒なんです。

この記事では、日本酒初心者にもわかりやすい
日本酒の見分け方、
そしておすすめの飲み方をご紹介します。

これさえ知っておけば、
日本酒初心者から大きくランクアップすること
間違いなし♪

それでは、どうぞご覧ください!

スポンサーリンク


日本酒の種類を知ろう

日本酒のラベルを見ると
「純米」「大吟醸」などの表記が
ありますよね。

「わざわざ書いているということは
いいものなんだろうな」

思っているだけの人も多いはず。
筆者も初心者のころは、「わからないまま」派でした。

これらは特定名称酒と呼ばれる、
いくつかの基準を満たしたお酒のことで、
8種類あります。
違いを知ればお酒選びの手掛かりになりますよ♪

これが8つの特定名称酒!

こちらが8つの特定名称酒です。

スポンサーリンク

見分け方のポイント3つ!

初心者にもわかる見分け方のポイントです。

1.精米歩合
ラベルに「精米歩合◯%」と
書いてあることがあります。

私たちが食べるお米も
精米をして、お米の外側を削って
玄米から白いお米にしていますよね。

日本酒を作る時も、お米の外側を削ってから
お米を使います。

その理由は、雑味を消すためです。

お米を削れば削るほど透明感が出て、
きれいな味わいになります。

逆にあまり削らないと旨味や雑味を
感じさせます。

例えば、精米歩合60%というと
お米の外側40%を削り、
残りの60%を使ってお酒にしている
という意味ですよ♪



2.吟醸?純米?本醸造?普通酒?
吟醸酒は、よく精米したお米を低温で
ゆっくり発酵させる吟醸造りという
手の込んだ作り方をしています。
吟香と呼ばれる華やかな香りが特徴。

純米酒は醸造アルコールを使わず、
お米と米麹のみで作ったものです。
コクのある味わいのものが多い傾向です。

本醸造酒は純米酒に近い風味を持っていますが、
醸造アルコールを使っており、純米酒より
すっきりとした特徴を持ったお酒です。

普通酒とは特定名称酒の規定を満たさないお酒の事。
多くはカップ酒や紙パックのお酒ですが、
またに精米歩合が50%以下でも他の条件が合わない
ために普通酒という扱いになっているお酒もあります。



3.原料は?
原料が何かによっても種類の違いが出ます。

吟醸酒、本醸造酒、普通酒
醸造アルコールというものが入っています。

醸造アルコールはでんぷんなどから醸造された
アルコールのこと。
これを入れると、香りが出てすっきりした
風味が出ます。

純米酒米と米麹のみで作られていて、醸造アルコール
は使っていません。
すっきりよりも、旨味やコクを重視したつくりになります。

こちらでも詳しくご紹介しています。

日本酒のカロリーは?賞味期限は?みんなが知らない日本酒の話も


甘口?辛口?最新のトレンドは?

1980年代の辛口ブーム

年上の男性と日本酒を飲みに行くと
「辛口で!」と注文する人が多い気がしませんか?

筆者が初心者のころは
「私も辛口でお願いします」と便乗して
注文していました。

実は、1980年代には新潟の淡麗辛口酒のブーム
がありました。
酒造が「都会のホワイトカラー層が喜ぶ
すっきりとした日本酒」をキーワードに
商品づくりをした結果、サラリーマン層を中心に
大ヒットとなりました。

当時、市場にはすっきりキレがよくドライなお酒が
たくさん並んだのです。

実際、辛口の日本酒は
料理の味を損なうことなく飲みやすいので、
その後も引き続き
辛口党だという人も多いんですね。

最近の流行はふくよかに香る甘口

ここ10年ほどで大人気となったお酒に
「獺祭」というものがあります。
ふわっとした甘みと華やかな香りが
特徴の日本酒です。

日本酒初心者でも素直においしいと思える
ほど良い甘みが女性にもウケて、
一時は入手困難になったほど!

また白ワインを意識したかのような日本酒も
人気を集めています。

程よい甘みと酸味を楽しむ
「甘酸」と呼ばれる日本酒です。
筆者もこれが大好きです!

最近はスパークリング日本酒も
注目されていて、市販されている「澪」は
とっても飲みやすいので初心者におすすめ!
スパークリングについてはこちらをご覧ください。

スパークリング日本酒は3種類!美味しいスパークリングをもっと楽しもう♪

日本酒を飲むシーンにも変化がありました。
和食に合わせるだけではなく
中華、フレンチ、イタリアンにも
日本酒を合わせるように。

日本酒と料理がどのように美味しく
引き立て合うかをみる「ペアリング」という
飲み方で楽しんでいる人もたくさんいます。

日本酒のおつまみに関しては
こちらをご覧ください!
日本酒の市販おつまみ26選!
日本酒おすすめおつまみランキング<通販編>

味わいと香り

日本酒は、いろんな切り口で
ジャンル分けされていますね。
味わいと香りに着目して
4つのタイプに分けた見分け方もあり、
初心者には覚えやすいのでおすすめです。

薫酒(くんしゅ)

スッキリ×華やか。
フルーツな香りや花の香りのような
華やかな香りが特徴です。
苦みや旨味が少なくすっきりとした飲み口。
あっさりとした味わいの料理、
素材そのものを活かした料理との
相性が抜群です。

爽酒(そうしゅ)

スッキリ×穏やか。
爽やかな香りとシンプルな味わいが特徴です。
幅広い料理と相性がよく食中に飲む
日本酒としては万能です。
脂っこい料理と合わせて、
口の中をすっきりさせるのにもいいですね。

熟酒(じゅくしゅ)

濃醇×華やか。
製造した年に出荷せずに2年間以上、
貯蔵・熟成させた日本酒を古酒、
長期熟成酒
と呼びます。

ワインにおけるヴィンテージのようなもの。
熟成することによって、味と香りに
ボリュームが出ます。

こってりした肉料理や、スパイシーな味付けの
料理と相乗効果がありますよ。

醇酒(じゅんしゅ)

濃醇×穏やか。
手作業で米をすりつぶし、
時間をかけて自然な乳酸を発生させて作るのが
生酛(きもと)づくりです。
控えめな香りながら、しっかりした味わいと
旨味があります。

香りが料理を邪魔しないので、
幅広い料理と合わせることができます。
特におすすめしたいのは、
ダシの旨味を味わうような料理です。
じんわりと染みるダシと
醇酒の相性は抜群ですよ。


飲み方のおすすめ

日本酒の基本がわかってきましたね!

では初心者はまず何から飲もう?
ということですが、
ぜひスパークリング日本酒から
始めていただきたいです!

なぜなら、圧倒的な飲みやすさ!だからです。
日本酒のイメージが変わると思います。
お店であればおすすめのものを。
お家であれば澪を買ってみてください。
女性はきっと好きだと思いますよ!

筆者もこれを飲んでイメージが変わったのです!
スパークリングがなければ、
冷や(常温)か冷酒から始めましょう。

熱燗だとニオイがきつく感じたり
口の中でもわっとするので初心者には
レベルが高いです。

最初のイメージで
日本酒が嫌いになってしまうかもしれないので
まずは軽めなところからチャレンジしてくださいね!

酒器を選ぼう!

同じ日本酒でもグラスの形や素材で
味わいが変化します。

お酒って、雰囲気も大事ですからね。

いろんな酒器を試してみると、
1本の日本酒をいろんな味わいで
楽しめますよ!

・ガラスのストレートなコップ
ガラスのコップで、
まっすぐな形をしているもので飲むと
すっきりと味わうことができます。
ガラスの薄さは、
味をシャープに伝えてくれる効果があります。



・大きく膨らんだワイングラス
繊細な味わいを感じやすいグラスです。
日本酒を空気に触れさせることで
お酒が隠し持つおいしさや香りを
たっぷりと感じることができます。
特に香りがウリの日本酒におすすめです。



・おちょこ
比較的厚みのあるおちょこは
味をまろやかに感じさせます。
飲み疲れしにくいので、ゆっくりと楽しめますね。

冷や酒と冷酒(れいしゅ)は違う!

「日本酒を冷やでください」というと、
どんなお酒が出てくるか知っていますか?
実は「冷や酒」は常温のこと。
冷やしたお酒が欲しかったら
「冷酒(れいしゅ)」とオーダーしてくださいね。

常温で飲むと、お酒本来の味わい
をストレートに楽しむことができます。
冷やして飲むのは、
淡麗辛口系のお酒をキリリと飲みたいときが
おすすめですよ。

温めてお燗にしよう

日本酒美味しいかも?と思い始めたら
熱燗にチャレンジしてみましょう!

日本酒を温めると、味がまろやかになり
甘みが強くなります。
しかも酔いがすっきり、適度なところで
冷めてくれます。

温度の目安は、40度がぬる燗、
50度が熱燗、55度が飛び切り燗
(かなり熱め)です。

旨味のある醇酒はぬる燗、
淡麗辛口系爽酒は熱燗がおすすめ。

自宅で作るときは
鍋に水を入れ、80度くらいまで沸かします。
徳利を入れ1~2分で引き揚げます。
あまり長く温めるとアルコール分が
飛んでしまうので注意してください。


日本酒を飲む際の注意点!


日本酒を美味しく楽しむためにはいくつかの
注意点があります。

水でブレイクしながら飲もう

日本酒のアルコール度数は15℃。
お酒の中では中程度の強さです。
でも美味しいからと、スイスイ飲んでしまうと
やはり酔いすぎてしまいます。
日本酒を飲むときは
お水を差し挟みながら飲みましょう。

日本酒を飲む時は、同量のお水を飲むことを
心がけてください。

筆者は日本酒をあまり飲んだことがない頃、
調子に乗ってぐいぐい飲んでしまい
脱水症状になったことがあります・・・

本当に苦しい思いをしたので
皆さんはくれぐれもお気をつけください。

またお水を飲むことは口の中を
リフレッシュする効果もあります。
直前に食べたものや飲んだお酒の味が
残っていて、本来の味わいが楽しめないと
もったいないですよね!
料理やお酒を変えるときには
一度お水で口の中を洗い流して
飲んでくださいね。

食べ物を食べてから!

日本酒に限ったことではありませんが
空きっ腹にお酒は悪酔いに繋がります。

胃に何もない状態でアルコールを飲むと
血中のアルコール濃度が急激に上がります。
そうすると、食後に飲んだ時の3倍酔いがまわるのが
早くなってしまいます。

その上、アルコールは刺激が強く
胃にも負担がかかるので、
胃の粘膜が荒れる原因になります。

とにかく、
空きっ腹にお酒は良くありません。
特に日本酒の場合は
ビールなどと違い少量で酔うので
必ず胃に何か入れてからお酒を飲みましょうね。

飲食店の日本酒の瓶を勝手に触らない

珍しい日本酒と出会うと
ついついラベルを確かめたくなります。
ラベルを見ることはいけないことではないです。
しかし、日本酒は温度変化や光に弱いため、
お店ごとによく考えた置き方をしている場合が
多いのです。

瓶やラベルが見たい場合は
お店の人に聞いてから手に取ってくださいね。

うんちくはほどほどに

ネットや雑誌で得た知識を他の人に教えたがり、
長時間語る人、いますよね・・・。
お店の人や他のお客さんからすると
あまり気持ちのいいものではありません。

美味しい日本酒を飲んで
その感動を語り合うは楽しいこと。それはOKです。
でも、一人でうんちくを長々語るのは
粋ではありませんよね。
知識の披露はほどほどにしておきましょうね♪


まとめ

いかがでしたでしょうか?
最近はジャパニーズ・サケとして
海外でも楽しまれるようになった日本酒。

初心者でもあまり難しく考えずに、
一度飲んでみるとハマるかもしれませんよ。

日本酒の楽しみ方を知れば、
同世代から年配の方、また外国の人とも
楽しくお酒が飲めるようになりますよ♪

ぜひ、あなたのお気に入りを
見つけてくださいね。


スポンサーリンク