この記事の所要時間: 1245

日本酒というと、悪酔いする!という
イメージがありませんか?

筆者はもともとそう思っていませんでしたが
自分が日本酒を飲んで二日酔いになり
「日本酒=悪酔い」のイメージが定着しました。笑

そんな筆者も、今では悪酔いしません。
それは悪酔いする理由を知って
対策をしているからです!!

この記事では、日本酒で悪酔いする理由や
予防策を解説していきます。

皆さんもきちんと悪酔い予防策を講じて
もっと日本酒を楽しんでみませんか?

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク


日本酒は悪酔いするってホント?

冒頭でもお話ししましたが
「日本酒=悪酔い」はなかなか頑固なイメージですよね。

そもそも、なぜこのイメージが
ついてしまったのでしょう?

日本酒が悪酔いしやすいお酒の種類
ということなのでしょうか?

結論から言えば、事実ではありません!

アルコール飲料という点では
他のお酒となんら変わりありません。
日本酒だから悪酔いする、というわけではないのです。

日本酒に限らず、アルコール類は
飲み方次第で悪酔いしてしまいます。

適量を超えて飲み過ぎなければ
日本酒も「百薬の長」になるのです。

1つ言えることがあるとすれば
蒸留酒の方が悪酔いしにくいと言われています。

スポンサーリンク

醸造酒と蒸留酒

日本酒は、大きく2つに分けると
「醸造酒」「蒸留酒」があります。

醸造酒は、酵母によって
アルコール発酵させて造ったお酒です。

蒸留酒とは、醸造酒を蒸発・冷やして
再び凝縮(=蒸留)させることで
アルコール度数が上がり、
雑味が少なくできるというものです。

胃腸で分解・消化しなければいけない物質も
アルコール1種類に減らすことが出来ます。

胃への負担が得るので、
醸造酒と比べると悪酔いしにくい
というわけです。

しかし、日本酒本来の旨味を楽しみたいなら
醸造酒の方がおすすめです。


悪酔いする原因とは?

アルコール濃度の高さで言えば
ビールは数%であるのに対して、
日本酒は10パーセント以上が多いです。

日本酒で悪酔いする原因には
「日本酒をビールのような感覚で飲んでしまう」
ということが大きいでしょう。

最近は飲みやすい日本酒も多いです。
フルーティな飲みやすさから
「気が付いたら量をたくさん摂っていた」
という方も少なくないですね。

筆者も、飲んだことが無い日本酒を見つけると
つい頼んで飲み比べをしてしまいますが
摂取量には要注意です。

アルコール濃度が高いので、ビールやカクテルの調子で
たくさん飲んでしまうと飲みすぎてしまいがちです。

特に日本酒初心者は、適切な量がわからないので
このようにして悪酔いする例が多いです。

日本酒はちびちび飲むものです。
覚えておいてくださいね!

日本酒初心者さんは
こちらも読んでみてくださいね!

日本酒初心者におすすめ!基本の見分け方・飲み方・注意点!

また、日本醸造組合中央会によると
胃腸がアルコールを分解するまでの時間は
約3時間程度と言われています。

アルコール分解の時間も考慮して
飲む時間にも気を付けたいですね。

適切な量がわからない方は
日本酒の量を2合程度に控えると良いですよ
一合=180ml程度です。

楽しく悪酔いせずに飲みたいものですね!


醸造アルコールは悪酔いの元?

日本酒の悪酔いについて調べていると
必ず出てくる「醸造アルコール」という言葉。
皆さんはご存知ですか?

醸造アルコールとは、
食用のアルコール分でエタノールのこと。

「清酒の製法品質表示基準」により
「でんぷん質物又は含糖質物を原料として
発酵させて蒸留したアルコール」と定められています。

原料の大半はサトウキビが占めており
この糖蜜に、食品の発酵に用いる酵母を加えて
発酵・蒸留させたアルコールです。

醸造アルコールは、
後から日本酒に入れられるものなので
なんとなく「添加物」「悪いもの」というイメージがあるよう。
悪酔いの原因と考えている方もいます。

結論から言うと、醸造アルコールが
悪酔いの原因ではありません。

醸造アルコールは、大手メーカーで作っていて
蔵元はそれを購入して日本酒を作ります。
醸造アルコールは日本酒だけでなく
梅酒やサワーにも使われています。
梅酒を作るときに使う「ホワイトリカー」も
醸造アルコールなんですよ。

ですから、日本酒の醸造アルコールが
悪酔いの原因なんて、不自然ですよね。

醸造アルコールの役割

醸造アルコールは悪いものではありませんし、
使う理由もちゃんとあります。

まず1つ目に、香りを引き出すのに役に立ちます。
香りは水よりアルコールに溶け出しやすいので
醸造アルコールを使うことで
日本酒の独特の吟醸香が引き出すのです。

この吟醸香は、醸造アルコールを低温で
時間をかけて発酵させることで
フルーティな香りに仕上がります。

次に、味のキレをよくする役割です。

醸造アルコールは、日本酒の糖分や
酸の雑味を抑えて、後味をスッキリさせてくれ
軽快な味わいを生み出します。

また、醸造アルコールは
品質管理の技術が低かったころには
雑菌やカビなどから守る「防腐」の役割
果たしていました。
今では品質管理技術が向上したので
防腐の役割はそれほど無いですが・・・

醸造アルコールは、悪酔いとは直接の関係はなく
日本酒の吟醸香や風味に欠かせないものとなっています。


事前にできる!悪酔い予防策

悪酔いや二日酔いの大きな原因は「アセトアルデヒド」。
アセトアルデヒドは、アルコールが分解され
炭酸ガスと水になるまでの中間代謝物です。

吐き気、呼吸促拍、心き亢進を起こすなど、
アルコールよりも数倍有害物質なのです。

まずアルコールが肝臓で分解されて
アセトアルデヒドになり、
その次に酢酸になることで無害化されます。
酢酸になるまでが滞ると、血中にアセトアルデヒドが溢れ
悪酔いの症状を引き起こすのです。

肝臓がアセトアルデヒドを分解する量は
限られています。
しかも、人によって分解能力が違うのです。
酔いやすい人と酔いにくい人の違いです。

個人差はありますが、
分解処理が追いつかなくなるまで
たくさん飲まないこと、
一気に飲まないこと!
が大事です。

つまり、悪酔いを防ぐためには
アルコールの血中濃度の上昇を
ゆるやかにするのがポイントです。

食べ物で悪酔い予防!

アルコールの血中濃度の上昇をゆるやかにするために、
空っぽの胃に日本酒を入れるのは厳禁。

日本酒に限ったことではないですが
まずは何か胃に入れましょう。

空っぽの胃に日本酒が入れば、
一気に吸収されてしまいます。
アルコールの血中濃度を上げないためには
胃でのアルコール滞留時間を長くし、
小腸へ送る時間を遅くするか!が重要
なのです。

そこでおすすめなのが「オイル」
油自体が吸収されるのに時間がかかるので
先に油を取っておけば、
アルコールは二の次になり
ゆっくり吸収させることができます。

お酒のお供の「から揚げ」、「フライドポテト」
お魚ならオイルを使った「カルパッチョ」
サラダでもマヨネーズやオリーブオイルが
かかっていたら良いですね!

飲み屋さんに行ったときや
家飲みの際に、これを意識してみてください。

ただ、寝る直前だと食べ物の消化が
うまくできずに、胃がムカつく原因になる
こともあるので、食べすぎにも気を付けましょう。

ドリンクで悪酔い予防!

悪酔い軽減の飲み物として、よく聞くのが
「牛乳」ですよね。
皆さんは予防策として使ったことはありますか?

食べ物の項目でご説明しましたが
脂肪分がアルコールの急激な吸収を
防いでくれます。

牛乳の脂肪分に、予防策としての理由がある
と思います。
しかし、牛乳の脂肪分は4%程度なので
胃や腸でのアルコール吸収を防ぐ効果が
ほとんどありません。

飲まないよりはいい、という程度でしょうか。

ダイエットで「脂肪分を摂りたくない」
という人は緑茶がおすすめです。

緑茶に含まれるカテキン(フラボノイドの一種)も、
アルコールを吸収しないようにしてくれる効果があります。

コンビニでも販売されているヘルシアは、
高濃度茶カテキンにより悪酔いを予防の飲み物
としても優秀です。

しかし、何でも「飲み過ぎ・食べ過ぎ」危険!

高濃度茶カテキンの取り過ぎは、
肝機能障害の原因になることもあるので
無理のない飲み方を心がけてくださいね。

カテキンが含まれているお茶には、
他にも煎茶や玉露、抹茶などがありますが
カテキン含有率は少ないので、
やはり「緑茶」がオススメです。

また、玉露やコーヒーに含まれているカフェイン
血管収縮作用により、悪酔いの時の
「頭痛」にも効果を発揮します。

とはいえ、寝る前のカフェイン飲料の
摂り過ぎにも気を付けましょう。

サプリで悪酔い予防!

飲み物や食べ物でアルコールの急激な吸収を抑える
という悪酔い予防策を説明してきました。

ここでサプリメントをご紹介しますが
サプリを取る理由は、
「アルコールの分解に必要なものを補う」ためです。

ですから、飲んでしまった後にも
有効な悪酔い予防策となります。

サプリには色々種類があります。
肝臓の働きを助けるものや、代謝を良くして
アセトアルデヒドを排出する目的のものなど。

長くなってしまうので
こちらの記事で具体的にご紹介します!

<ーーーーーーーーー記事URL入れるーーーーーーーーーー>


悪酔いしない正しい飲み方

飲酒前に、油を取る!

アルコールは、体内への吸収を遅らせることで
悪酔いを軽減させることができます。

上記でご説明しましたが
「日本酒を飲む前に、まずは油を取る!」
が基本です。

そして、空腹時の日本酒厳禁!です。

日本酒はちびちび飲もう

またまた基本中の基本ですが、
日本酒は一気飲みを控えましょう。
そのように飲むお酒ではないのです!

日本酒は、お猪口に入れてちびちび!
が正しいスタイルです。

日本酒は飲んでいる時はそうでもなくても
少し時間を置くと一気に酔いが回ります。
筆者も大変な思いをしました・・・。

繰り返しになりますが
日本酒はアルコール度数が高いので
ゆっくり飲んで体への吸収を和らげましょう。

しかしチビチビ飲めば、
いくらでも飲んで良いというわけでは無いですよ。
量をとってしまえば悪酔いしやすくなります。

適量は2合までですが、
量も、人によって悪酔いしない量に
個人差があります。

様子を見ながら飲みましょうね。

飲酒中、飲酒後は水を飲む!

お酒の飲み過ぎは脱水症状を引き起こします。

「お酒を飲んで水分取っているのになんで?」
と思うかもしれません。

アルコールには利尿作用があり、
お酒を飲んでいても、尿として水ばかり排出され
体の中は水不足なのです。

これもつい忘れがちなのですが
お酒の傍に水を置いてこまめに摂取する、
これだけでかなりの確率で悪酔いしません。

そして大事なのが、寝る前に水を飲むこと。
酔っていると、ついそのまま
ベットに突っ伏してしまいますが、これが危険!!

必ず水を飲んでから寝ましょう。
朝起きた時、寝る前の自分に感謝すると思います。笑

体調を整える

飲み会の前日はしっかり睡眠を摂って
体調を整えておきましょう。

体調が悪い時は、内臓の働きも弱くなり
お酒を飲んだら体調も悪化しますし
悪酔いしやすくなります。

疲れている場合も胃腸に負担をかけるので、
無理しない程度に飲むことが大切です。


失敗談を聞いて気をつけよう!

お酒を飲み過ぎると「泣き上戸」になったり、
「陽気になる」「怒りっぽくなる」など
色々なタイプの人がいますよね。

しかし悪酔いが過ぎると、以下のような
失敗を引き起こすことがあります。

・トイレで泥酔してしまった
・(お財布や指輪など)大切なものを無くした
・バックをどこかに忘れてきた
・高いお酒をすべて吐いてしまった
・記憶がなくなった
・隣の人の家でお酒を飲む?
・タクシーで吐いてしまった
・おならをしてしまった
・道で寝てしまった
・上司や異性に絡んでしまった
・全裸になっていた
・電車のホームに落ちた

・脱糞していた
・電柱にぶつかり前歯が折れた

恐ろしいことですが
実際に、筆者の周りで起こったことです・・・!汗

ちなみに、筆者はすぐ酔いが回って
悪酔いしやすい方なので、
普段から無理な飲み方はしていません。

それでも少量の日本酒で
悪酔いしてしまったときには
言葉遣いが思っていた通りに出来なかったり
陽気になり過ぎて調子に乗ってしまう
ことがありました。

脱水症状になり、
翌日全身が痛くて動けなかったこともあります。汗

お酒の失敗談も様々ですが、
取り返しがつかない失敗もあります・・・

後で後悔するような失態を侵さないように
日本酒も適度な飲酒で楽しく飲みたいですね。


まとめ

いかがでしたか?

日本酒の正しい飲み方や、
悪酔を防止する飲み方について
お分りいただけましたでしょうか。

この記事をまとめると・・・

<日本酒で悪酔いしないためには>
・日本酒は一気飲み厳禁!
・量は2合まで!
・飲む前に油を取る!
・飲酒中、寝る前に水を飲む!

これで悪酔いするなら諦めましょう。笑
正しく飲んで、日本酒を楽しみましょうね♪


スポンサーリンク