この記事の所要時間: 93

日本酒おすすめおつまみ<通販編>

おうちで日本酒を飲むとき、どんな器を
使っていますか?

筆者は最近まで日本酒専用の器は持っておらず、
手持ちの湯呑みを使っていました。
もちろん湯呑みでも問題はなかったのですが・・・。
いくつか専用の酒器をそろえてみたところ、
日本酒を飲む時のムードが
ぐっと良くなりました。

それに酒器によっては日本酒の微妙な味わいを
うまく引き出す事ができると知り、
もう少し買い足そうか迷い中です。

そんな日本酒の酒器について特徴や使い方を
ご紹介します♪

スポンサーリンク


酒器の種類と特徴・使い方

ひと口に酒器といっても色んな種類があります。
今まで居酒屋で見かけた事はあるけれど、
なんという名前なのかわからないものもありますよね?
種類と特徴と使い方をチェックしましょう!

おちょこ

おちょこは「お猪口」とも書きます。
材質は陶器、ガラス、錫など様々ですね。
徳利(とっくり)などで、少量を何度かに分けて
注ぎながら飲みます。
一口で無理なく飲みきれるくらいの量が入る
小さなサイズの酒器です。

よく居酒屋で見かけるおちょこの内側に
青い二重の円の模様が入ったものは
「蛇の目」と呼ばれるおちょこです。
これは元々酒蔵の人や利き酒師が使っていた
プロ用品でした。

日本酒を蛇の目に入れて、
白い部分でお酒の透明度を
青い部分で光沢をチェックするために
使われていたものなんですよ。

ぐい呑み

ぐい呑みは、お猪口より大きな酒器です。

おちょことぐい呑みの違いはサイズなのですが
明確に数字で線引きできるような基準はありません。

おちょこがひと口ふた口で飲み干せる
サイズなのに対し、ぐい呑みはもっと
たくさんのお酒が注げる器、
とざっくり把握しておけばOK。

「ぐいっと呑む」「ぐいぐい呑める」という
のが名前の由来です。

徳利(とっくり)

徳利(とっくり)は、首が細くくびれ
胴が膨らんだ器のこと。

酒瓶から移し替えてテーブルに
提供するための器で、陶器製のものは
直接湯煎に掛けられるので、
熱燗を呑むときに便利です。

大きさは1合から1升までありますが、
熱燗に便利な1合か2合の徳利が
一番よく使われています。

ちなみに、居酒屋さんで「お銚子1本!」
と注文する人もいますが、
厳密に言うとお銚子と徳利は違うもの。
お銚子は結婚式の三三九度で巫女さんが
持つような大きくて豪華な柄杓のような器や、
お屠蘇(とそ)セットでお屠蘇を入れる
急須のような器のことなんです。

お屠蘇(とそ)とはこれです↓

しかし、現在は居酒屋で「お銚子」と言えば
徳利に入った日本酒が出てきますので、
お店もお客さんも暗黙の了解として
徳利=お銚子という認識になっています。
これはこれでアリになっているようです。

片口(かたくち)

片口は、注ぐ口がついた器のことです。
サイズに決まりはありませんが、
日本酒用として売っているものは
1合~2合ぐらいのサイズのものが多いです。

陶器の場合、レンジで熱燗をするのにも
向いています。
平らなものから、背の高いものまで
デザインは様々です。
好みのものを探すと楽しい酒器です。
またお酒を入れる以外にも、
小鉢料理を盛ってもOK!
活躍の幅が広い酒器として人気があります。

もし、食器&酒器として使う場合は、
念のためニンニクなど匂いの強烈な食材を
盛るのは避けましょう。
ニンニクの匂いが染みついた器に
とっておきの日本酒を注いだら、
匂いが台無しになってしまう心配があります。

ちろり

ちろりは熱燗専用の容器のことです。
材質はアルミ、錫(すず)、胴、真鍮などで
作られていて、取っ手がついています。

ちろりに直接日本酒を注ぎ、鍋に入れた
お湯で温めるという使い方です。
熱燗が大好きな人は、
ひとつ購入してみるのもいいかもしれません。

熱燗が好きな方はこちらもどうぞ!

熱燗の作り方!お家で日本酒♪オールシーズン熱燗を楽しもう!


酒器の選び方

上記で様々な酒器をご紹介してきました。
さて、それではいざ購入しよう!と思っても
それぞれの種類、サイズや形状などの
バリーエーションがたくさんあり、
迷ってしまいますよね。

自分が好きな日本酒に合った酒器は
どんなものか?

選び方はいくつかのポイントがありますので
一緒にみて行きましょう!

酒器の大きさ

酒器の大きさはコップほどのものもあれば
おちょこのように一口サイズのものもあります。
もちろんお好きなサイズを選んでOKですが、
熱燗や冷酒など、手を加えた温度で飲む事が
大事な飲み物は、小さなおちょこやグラスに
こまめに注いで飲むのがおすすめ。

そのお酒に適切な温度で飲み続ける事ができます。

常温で飲む場合はぐい呑みにたっぷり注いで
飲むといいでしょう。

形状

主な酒器の形状は以下の3種類です。

・ストレートな形で口径が広くない酒器

ストレートな形で口径が広くない酒器は
香りを閉じ込めることができます。
香りは控えめに、味わいもスッキリと
感じやすい形です。
古酒や長期熟成酒など、
一癖ある日本酒を飲む際にオススメの酒器です。

・お椀型の酒器

お椀型の酒器は、お酒本来の香りや
味わいを感じやすい形です。
甘みや旨みのあるお酒をじっくりと味わうのに
向いています。
日本酒の中でも一般的な本醸造や生酒などの
辛口なお酒を飲むのに適しています。

・口が広かったラッパ形の酒器

口が広かったラッパ形のものは、
お酒を空気に触れさせ、豊かな香りと味わいを
引き出す事ができます。香り、味わいともに
濃厚に感じることができます。
ですので、ラッパ型の酒器は
香り高い日本酒を飲むのにオススメです。
例えば大吟醸や吟醸酒などです。

より長さがあるものだと
香りを逃しにくいので良いですね。

最近はシャンパングラスで飲む
スパークリング日本酒も流行っていますよ。
飲みやすいので初心者におすすめです。

スパークリング日本酒は3種類!美味しいスパークリングをもっと楽しもう♪

素材

形や大きさで酒器の雰囲気が変わり
それを活かせば、日本酒がより美味しく
感じるのはもちろんですが、
素材によっても味わいは変化します。

陶器や漆器、木でできた酒器はやわらかな
口当たりなので、素朴な米本来の味を楽しむ
ようなお酒に最適です。

ガラスや金属は、シャープで華やかな香りの
お酒によく合います。

ガラスの素材だと、お酒の色も楽しむことができます。

高価ですが、錫の酒器は保温性にも優れ、
味がまろやかになると言われています。

飲み口がスッキリしているので、
日本酒にこだわりが出始めたら
一度は使ってみたい素材です。


おすすめの酒器

酒器について解説してきました。
それでは次に、具体的にはどんなお酒にどんな酒器が合うのか?
もチェックしていきましょう!

特別名称酒から考えてみると

・吟醸・大吟醸酒なら
薄口のガラスや金属の器を選びましょう。
香りをより華やかに感じたい場合はラッパ型、
きれいな味わいと香りをバランス良く
味わいたいならお椀型を選んでください。

・純米酒なら
口当たりが柔らかな陶器や木の酒器がいいですね。
甘みや旨みをじっくり味わうなら、お椀型、
旨みをさらに濃厚に感じたいならラッパ型を
選んでみては?

・本醸造、普通酒なら
控えめな香りの本醸造、普通酒は
ストレートな形の陶器か、ガラスの器で爽やかにスッキリと
味わうのがオススメですよ。

熟酒、醇酒、薫酒、爽酒をベースに考えると

特別名称酒以外にも
日本酒のタイプ分けをするガイドラインがあることは
別の記事でご紹介しました。

⇒日本酒初心者におすすめ!基本の見分け方・飲み方・注意点!

日本酒初心者におすすめ!基本の見分け方・飲み方・注意点!

このカテゴリー分けに沿った、おすすめ酒器も
ご紹介しておきます。

・薫酒なら
味が綺麗で香りが華やかな薫酒は、
ワイングラスやラッパ型の錫の酒器
チョイスすると、元々日本酒が持っている香りを
さらに楽しむことができます。
また、薄口のガラスならスッキリ綺麗な味わいを
邪魔することもありませんね。

・爽酒なら
香りが控えめでスッキリと飲める爽酒は、
ストレート型がぴったり。
材質はガラスか、薄めの陶器をチョイスすると
スッキリ気持ちよく飲む事ができます。

・醇酒なら
米ならではの味と香りが楽しめる醇酒は
お椀型の陶器や漆器をチョイスすると
お酒の持つ香りと旨みをバランス良く
味わうことが出来そうです。

・塾酒なら
コク、香りともに熟した深みが楽しめる熟酒は
お酒に負けないくらい重厚な和の陶器を
選んでみるのはいかがでしょう?
飲み口が厚いものは、お酒の味をより
まろやかに感じさせる事ができます。


まとめ

いかがでしたか?
日本酒の酒器の種類や、お酒と酒器の相性など
お分りいただけましたでしょうか?

酒器を選ぶときは
そのお酒に合った素材・形状・大きさのもの
をチョイスできるとベストです。
とはいえ、いきなり全部をそろえる必要は
ありません。

まずは、ぐい呑みをひとつ購入してみる
くらいから始めましょう。

そして手持ちの器も代用しながら
「自分がどんなスタイルで日本酒を飲むのが好きか」
を見つけてください。

十人十色のスタイルがあると思います。
ある程度わかってきたら、酒器を色々集めてみましょう。
旅先で1つ買ったおちょこ、人からもらったぐい呑み、
ちょっと奮発して買ったグラス・・・など
集めたものを並べてみても楽しいですね!
参考になりましたらうれしいです。


スポンサーリンク