この記事の所要時間: 757

スポンサーリンク

酒屋さんや居酒屋さんに行くとたくさん並んでいる焼酎。
最近は瓶のラベルがきれいなものもあって
気になりますよね。

焼酎は
「一度飲んでみたけど匂いが苦手だったし、
色々ありすぎてよくわからないから
それ以降手を付けていない」
という人も多いと思います。

筆者も焼酎に詳しい先輩に教わりながら飲みに行き
やっと味の違いや、選び方がわかってきました。

ちゃんと選ぶと美味しいし、気に入る味もあったのに
今までもったいなかったなあと思います。

そんな焼酎について、解説していきたいと思います!

スポンサーリンク


焼酎とは

焼酎は主に芋や麦などを原料に使い、麹と一緒に
発酵させそれを蒸留したものです。
お酒の中の分類では「蒸留酒」と呼ばれます。
蒸留酒の仲間はウイスキー、ラム、ウォッカ、ジンなど。
ワインやビールは醸造して作るので「醸造酒」という
カテゴリーにくくられます。

甲類・乙類

焼酎は、まず大きく二つに分けられます。
焼酎のCMでよく「本格焼酎」という言葉が出てくるのを
聞いたことがある方も多いと思います。
本格とは?本格ではない焼酎はあるのでしょうか?

実はあるんです。

焼酎には甲類・乙類という区別があり、この甲類・乙類の
区別こそが本格か?そうでないか?を握る鍵なんです。

・甲類焼酎
甲類焼酎はでんぷん質の原料を使い蒸留を何度も繰り返して
できる無色の焼酎です。でんぷん質の材料はいろんなものが
混ざっているので、原料をこまかく特定できません。

居酒屋さんでサワーを頼んだ場合はこの甲類焼酎を
炭酸やジュースで割って出してくれます。
無色で味に癖がないので果実酒やサワーにするには
ちょうど良いお酒と言えますが、これだけを
ストレートやロックで飲むと寂しいのでお勧めはできません。

・乙類焼酎
乙類焼酎は芋や麦など特定の原料と麹を発酵させ、1回だけ
蒸留したものです。素材そのものの風味が味わえ、旨味や個性が
あります。
芋や麦以外にも米、黒糖などいろんな原材料が使われるので、
それぞれの個性を楽しみながらロックやストレートで楽しむのに
向いています。

この乙類焼酎を甲類と区別するためにお酒業界では「本格焼酎」
と呼びます。

甲類と乙類では乙類のほうが高価ですが、焼酎全体の価格帯は
他のお酒よりリーズナブル!上質なお酒をコスパよく楽しみ
たい人には乙類焼酎はおすすめのお酒です。


焼酎の種類

乙類焼酎の原料は無限にあるので全部を紹介しきる
ことはできないのですが、代表的なものと、少し
面白いものをご紹介します♪

麦焼酎

麦焼酎は二条大麦を原料に使用し、すっきりとした
味わいが特徴の焼酎です。麦の香ばしい香りがし、口当たりも
いいので料理と一緒に飲むのもおススメ。
比較的クセがないので焼酎に初挑戦するときも麦焼酎から
チャレンジしてみるといいですよ!

芋焼酎

芋焼酎はサツマイモを原料に使用した焼酎です。
味は濃厚で、濃醇な甘い香りが特徴です。
お湯で割ると特に香りが引き立ちますので
芋焼酎の匂いが気に入った方にはお湯割りが
おススメですよ。

米焼酎

米焼酎はお米を原料にした焼酎です。お米のほのかな甘み
とフルーティーさが特徴です。味は淡くすっきり爽やか
なので、白身のお刺身など繊細な味の料理にもよく合います。
同じくお米を使ったお酒日本酒の酒蔵が米焼酎も
作っていることがありますので、お気に入りの日本酒が
あったら、そこの焼酎もぜひ飲んでみてくださいね!

黒糖焼酎

黒糖焼酎はサトウキビを原料にした焼酎です。他の
焼酎は産地の限定がないのですが、この黒糖焼酎だけは
奄美諸島で作られたもの、という酒税法上の指定地域が
あるんです。黒糖といっても、蒸留しているので甘さは
ほんのり、まろやかな飲み口で飲みやすく女性にも
人気です。こってりした料理にもよく合います。

そば焼酎

そばの実を原料にした焼酎です。そば焼酎はクセが少なく
そばの香ばしい香りと軽やかな飲み口が特徴的です。後味も
スッキリしているので非常に飲みやすい焼酎と言えます。
和食にも会いますし、お蕎麦屋さんで粋に飲むときにも
ぜひお供にしたい焼酎です。

胡麻焼酎

胡麻を原料にした焼酎です。胡麻の焼酎は白胡麻を使うか
黒胡麻を使うかで味わいが変わります。白胡麻をつかうと
甘みを感じスッキリした飲み口に。黒胡麻をつかうと
コクと旨味が楽しめます。両者ともごまのいい香りを
楽しむことができ、熱烈なファンが多い焼酎です。

牛乳焼酎

変わりダネとしては牛乳焼酎も有名ですよね!
「牧場の夢」という焼酎は、弱アルカリ性の温泉水と良質の
お米、そして牛乳を発酵させて作った焼酎です。
ミルクのほのかな香り、柔らかな酸味が特徴です。
最初はウケ狙いで頼んでみたのですが、美味しくて
びっくり!お肌のお手入れに使われる方もいるようです。
焼酎はいろいろな材料で作ることができるため
個性豊かなバラエティーがそろう、自由なお酒ですね!


焼酎の基本の飲み方

色々な焼酎をチェックしたところで、まずは基本の
飲み方をご紹介します。この3種類の飲み方なら
焼酎本来の旨味と香りをダイレクトに感じることが
できますよ!

ストレート

まずご紹介したいのはストレートです。
ロックグラスに氷を入れずに焼酎を注ぎ、
そのまま飲む飲み方です。
焼酎に一切手を加えないので、初めての銘柄を
飲むときはストレートがおススメです。
最初からロックグラスに注いでおけば、気分を
替えたいとき、後から大きめの氷を入れて
ロックスタイルに変更することもできます。

ロック

ロックグラスに大きめの氷を入れておき、
氷に当てるように焼酎を注いでください。
焼酎の香りがふわりと立ち上り、口を近づけると
氷の冷気を感じられ、さわやかです。
少しずつ氷が溶けるにつれ、味わいが変わって
いきます。その変化も楽しいですね!

水割り

タンブラーに氷を入れて、焼酎と水を6:4の
割合で注ぎ、軽く混ぜてから飲むのが水割り。
水を加えるので酔いにくく、すっきりと楽しめる
飲み方です。一緒に飲む人とゆっくりと
話に花を咲かせながら時間をかけて飲みたい
ときにもいいですね。
割り方は個人によって好みがありますので5:5
という方も…。自分の好みの濃さを見つけてください。


焼酎のアレンジした飲み方

焼酎は割りものの種類が豊富なことでも知られます。
どんなもので割るかによっても、焼酎の表情が
変わってきますので面白いですよ。

ウーロン茶割り

一番メジャーなのはウーロン茶割りではないでしょうか?
麦焼酎や芋焼酎によく合います。
ウーロン茶の渋みと、焼酎の香りはベストマッチ!
こってりした料理のお供にすると口の中がさっぱり
するのもいいですよね♪

炭酸割り

料亭の板前さんにおススメしてもらったのは炭酸
(甘みの入っていないもの)割りです。
特に米焼酎によいそうです。お米の甘みを邪魔せず
フルーティーな香りが引き立ちます。
夏は水割りの代わりに、炭酸にしてみると爽やか
で飲み心地がいいですよ!

ツウは前(さき)割り

焼酎の本場、九州ではメジャーな飲み方です。
要は水割りなのですが、ただの水割りと違う
ところは数日前に水割りを作っておき、
冷蔵庫などで寝かせてから飲むという点。
時間ともに水と焼酎が馴染んでまろやかな味わいに
なるんです。
作り方は水割りと同じ焼酎:水=6:4で作って
ラップをして冷蔵庫に入れておけばOKです。
是非真似してみたい飲み方です。

グラス代わりにフルーツを使って

筆者が有名焼酎バーに行った時にマスターに教えて
頂いた飲み方は、フルーツを器にして、焼酎を飲む
飲み方。その時はパッションフルーツを二つに割って
実をほぐしたものに黒糖焼酎を注いで飲ませて
もらいましたが、最高でした!!!
パッションフルーツは奄美大島の名産品。出身地
が近いもの同士の組み合わせは間違いがありません。
そのほかにもグレープフルーツやオレンジを使って
みるのもおススメ。


焼酎を楽しもう!

いかがでしたでしょうか?
焼酎はクサい!と苦手意識を持っている方も、
焼酎を知って、自分が飲めそうなものを選んでみると
案外はハマってしまうかもしれません。

焼酎の原材料も多種多様で幅広い味わいがあります。
そして割り方も、とても自由です。
色々試してお気に入りの飲み方を見つけて頂きたい
と思います。

参考になればうれしいです♪


スポンサーリンク