この記事の所要時間: 437

楽しくお酒を飲んでいたはずなのに・・・翌日起きると頭痛や吐き気などの辛い症状を経験したことはありませんか?二日酔いから早く解き放たれたいですよね。

ではそのような時はどうやったら早く治すことができるのか?

二日酔いが起きる原因や対処法を詳しく解説していきましょう。

二日酔いになる原因とは?

どうして二日酔いになるのでしょうか?二日酔いが起きるメカニズムとは?

実はお酒を飲んだあとに体の中で起きる二つのことが大きな原因なのです。

その二つの原因についてご説明していきましょう。

1、アセトアルデヒドによるもの

二日酔いには「アセトアルデヒド」という成分が大きく関わっています。

人の体はアルコールが入ると肝臓で分解し、分解されたアルコールはアセトアルデヒドという成分に変化します。

その成分が血管を拡張し神経を圧迫するため、ズキズキと波打つような頭痛や全身のだるさなど二日酔いの主な症状を引き起こしているといわれています。

2、逆流性食道炎によるもの

通常、胃と食道というのは逆流を防ぐために細くしまっています。しかし、アルコールを飲んだことで緩んでしまい、胃液が食道に流れて吐き気や胸焼け・胃のムカつきなどの不快な症状を起こす原因になっているのです。

ただし未だに二日酔いの原因は解明されていないことも多く、他の原因がある可能性もありますので注意が必要です。

症状別、二日酔いを出来るだけ早く治す方法

不快な二日酔いの症状はできるだけ早く治したいですね。現状では二日酔いを一発で治すことのできる薬はありませんが、主な症状別に早く対処できる方法があります。

それでは解説していきましょう。

頭痛で辛い二日酔いの対処法

頭痛の原因はアセトアルデヒドの分泌ですので、まずはアセトアルデヒドを薄めてあげることが大切。オススメは経口補水液やスポーツドリンク、または水などを適度に飲み体内の水分を補給しながら薄めてあげましょう。

また頭痛でズキズキする部分を直接冷やしてあげることも効果的です。

吐き気が辛い二日酔いの対処法

吐き気の原因は胃食道逆流症により起こる症状ですので、二日酔いで弱っている胃に脂っこいものや刺激になるような食べ物は避けましょう。

まずは胃に負担の少ないあっさりした食べ物から食べるのが良いでしょう。ただし吐き気や胸焼けが強い時は無理に食事をとらなくてもOK。

動けるようであればクリニックに行き、症状に見合った薬を処方してもらうとある程度症状を抑えてくれるのでオススメです。

身体がだるくなる二日酔いの対処法

とにかく体がだるくて仕方がない時は頭痛と同様にアセトアルデヒドが原因ですので、無理に食べたりせず水分補給をメインに体内のアルコールを薄めながらゆっくり休みましょう。体が楽になってから少しずつ栄養を摂るのが良いですね。

アルコールにより脱水症状も起きていますので、まずは適度に水分をとりながら体を休ませて回復を待つのが一番です。

ただし、水分も飲みすぎると胃液の逆流が起きるので飲みすぎには注意してくださいね。

二日酔いを事前に回避する秘策!

アルコールによる二日酔いを回避するためには、アルコールの吸収スピードを早めないように工夫して飲むことが大切です。

そのためには、必ずお酒と一緒に食事とチェイサーも摂るように意識してみてくださいね。食事やチェイサーを挟むことで効果的にアルコールを薄め吸収を抑えることができます。

また、お酒を飲んだあと3時間くらいは体を横にしないことも一つの対策です。

体を横にして平行になると、胃液が逆流し胃食道逆流症の原因になってしまいますので注意してください。

飲んだあとはどうしても眠気に襲われることが多いですが、イスに座るか又は体を少し起こした状態でいるように心がけましょう。

「二日酔いにウコンやしじみが効く」というのは根拠なし!

一般的にウコンやしじみが二日酔いに良いと言われていますが、実はウコンやしじみは鉄分を多く含んでいるためとりすぎると更に肝臓に負担をかけてしまう恐れがあるのです。

ウコンやしじみの効果については科学的根拠がないことからも、二日酔いの万能薬ではありませんので摂取量には注意が必要です。

しかしアセトアルデヒドを抑制するような効果が全くないとは言い切れませんので人によっては効果が得られる可能性もあるでしょう。

ただしウコンやしじみを摂取したからといって油断は禁物です。ウコンやしじみの効果に期待しすぎて飲みすぎてしまわないように気をつけてくださいね。

まとめ

二日酔いの原因はアセトアルデヒドと胃食道逆流症が主な原因です。

二日酔いを早く治す方法としては、適度な水分補給とゆっくり安静を保つことが1番早いでしょう。頭痛には直接患部を冷やすことも効果的です。

それでも翌日辛い頭痛や吐き気がきてしまったら病院で症状を抑えてくれるような薬を処方してもらうのも一つの解決策です。

ただし、二日酔いになる以前にお酒を飲みすぎないというのが大前提ですね。中でもアルコールだけしかとらないというのは絶対NG!

お酒を飲む時は食事やチェイサーを挟むなどして、二日酔いを回避するための工夫が大切です。うまく水分補給や食事を挟むことが二日酔いの明暗を分けると言っても過言ではないでしょう。

二日酔いはできるだけ早く治したいという方はぜひ、一度試してみてください。

スポンサーリンク