この記事の所要時間: 433

世の中にはお酒を飲むと顔が赤くなる人と赤くならない人がいます。お酒飲むと顔赤く人とならないその違いをご存知でしょうか。

お酒を飲んで顔が赤くなる人の中にはお酒を飲み続けると危険な人もいるので、なぜ顔が赤くなるのかを理解しておく必要があります。

そこで今回は、お酒を飲むとなぜ顔が赤くなるのか、赤くならない人との違いを詳しくご紹介します。

お酒を飲んで顔が赤くなるのはアセトアルデヒドのせい

お酒を飲んで顔が赤くなるのは、お酒に含まれているアルコールを肝臓などで分解する過程で発生するアセトアルデヒドの毒性が原因です。

アセトアルデヒドの作用で顔など全身の毛細血管が拡張され、その影響で顔などが赤くなります。

顔などが赤くなるだけでなくアセトアルデヒドは交感神経への刺激作用が強いため、脈拍の上昇・血圧の上昇・動機・冷や汗などの症状も引き起こします。これらの症状をまとめて「フラッシャー」といいます。

お酒を飲んでも顔が赤くならない人との差は?

お酒を飲んで顔が赤くなる・赤くならない人の差というのは、アセトアルデヒドを分解する「アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)」が影響しています。

この酵素は全ての人が持っている酵素ですが、一部の人の酵素はアセトアルデヒドを分解する力が弱い場合があります。

ALDHのひとつである「ALDH2」の活性はその人の遺伝的要素によって決まっています。

「ALDH2」の活性は人によって生まれつき強弱があり、3パターンの活性型にわかれています。

3パターンの活性型をそれぞれ見ていきましょう。

赤くならない「活性型(NN型)」

ALDH2が正常な動きをするのが「活性型(NN)型」です。高い分解能力とされているN型を両親どちらからも受け継いだ人が、顔などが赤くならない「活性型(NN型)」です。

自他共に認めるほどの酒豪がほとんどで、お酒を飲んでも赤くならないノンフラッシャーです。

赤くなる「不活性型(ND型)」

高い分解能力のN型と分解能力が低下したD型のどちらも受け継いだ人が、赤くなる「不活性型(ND型)」です。

全くお酒が飲めないわけではありませんが、基本的にはアルコールに弱いタイプの人です。普段からお酒飲む人ではない場合、顔がすぐ赤くなりやすいです。

普段はなんともない人でも、体調などによってはフラッシャーを引き起こす場合もあるため注意が必要なタイプです。

全く飲めない「失活型(DD型)」

両親どちらからもD型を受け継いだ人が、全くお酒が飲めない「失活型(DD型)」です。

お酒が弱いどころではなく全く飲めない人で、奈良漬けを食べた程度でも酔ってしまうほどです。

このタイプ人のほとんどがフラッシャーになってしまいます。

遺伝子検査でタイプを知ることもできる

自分がどのタイプなのか気になる人もいると思います。遺伝子検査で自分がどのタイプなのか調べることができ、お酒が弱いのかどうか知ることができます。

自分では、お酒が強いから活性型だと思っていても、実は不活性型だったという可能性もあります。お酒を飲むとすぐに顔が赤くなったりしていて気になる人は専門機関で検査してみてはいかがでしょうか。

また専門機関での遺伝子検査が予算的に難しい人は、一般向けの遺伝子検査するサービスもあります。

民間の遺伝子検査サービス提供企業から検査キットを購入し、自分で唾液を採取して送ることで生活習慣病やガンをはじめとした様々な病気のリスクを調べることができます。

この検査の中でもどの活性型タイプなのかを調べることができます。医療機関ではないため費用は三万円程度と専門機関よりもお安く調べることができます。

ただし、遺伝子検査サービス提供企業は医療機関ではなく民間なため医療機関ほど正確な検査結果ではないということを把握しておく必要があります。

遺伝なのでお酒の得意不得意を覆すのは難しい

お酒を飲んで顔が赤くなる人と赤くならない人、そして全く飲めない人というのは遺伝子によってわかれており、親から受け継ぐ遺伝なので後天的に変わることはありません。

そのためお酒が弱い人が頑張ってお酒を強くなろうと思って、たくさん飲んだとしても簡単に強くはならないです。

また、日本人の約38%の人がお酒に遺伝的に弱い体質で、約7%の人が全くお酒を飲むことができない体質と言われています。

顔などが赤くなるのは毒性に反応しているということなので、無理してお酒を飲み続けるのは身体に負担をかけてしまい体調不良を引き起こしてしまう可能性もあるので飲み続けない方がいいでしょう。

まとめ

お酒を飲んで顔が赤くなるのは遺伝子のタイプによるものなので、赤くならないようにしようと思ってできるものではありません。

また、お酒をどんだけ飲んでも顔が赤くならない人や、全くお酒が飲めない人も遺伝子によってわかれています。

自分がどのタイプの遺伝子なのかは遺伝子検査で知ることができます。専門機関や民間の遺伝子検査サービス提供企業などで調べることができます。

また、お酒を飲んで顔が赤くなったり、全く飲めないは毒性に反応しているということなので無理にお酒を飲まないようにしましょう。お酒を飲んでも顔が全く赤くならない人でも飲み過ぎは身体に毒なので飲み過ぎないようにしましょう。

スポンサーリンク