この記事の所要時間: 541

会社の飲み会や友人達との付き合い、色々なシーンでお酒を飲むことがあると思います。

しかしお酒を飲んでいるとだんだんと頭痛吐き気が起こって、気持ち良く飲むことができないことってありませんか?

中には予想以上に飲みすぎてしまって翌日ひどい頭痛で動けない、強い吐き気がして起き上がれないという経験をする人も多いのではないでしょうか。

今回はそんなお酒による辛い頭痛や吐き気がどうして起きるのか、原因や対処法・予防法について解説していきます。

お酒を飲むと頭痛や吐き気が起こる時の2つの原因

お酒を飲みすぎてしまうと、どうして頭痛や吐き気が起きてしまうのか、体のメカニズムも踏まえて解説していきましょう。

予防策や対処法などを知っていると必ず役に立つ機会があるはずです。

1、体がアルコールに反応して発生する頭痛

お酒を飲むことで体が反応して起こる頭痛についてを記載。

お酒に弱い人は飲むと頭痛が起きたりします。というのも、日本人はお酒が体に合わない体質の人が多いそう。

お酒を飲むと頭痛が起きるのは、体の中でアルコールを排出しようと血管が拡張し、血流を促進してしまうからです。

その拡張した血管が神経を圧迫してしまうので、痛みが発生してしまいます。

お酒には体質・症状の現れに個人差がありますが、この働きがお酒に強い・弱いを分けているのです。

お酒に強い人はこの働きが弱く、頭痛が起きにくい。お酒に弱い人はこの働きが強く、頭痛を引き起こしやすいのです。特に日本人はこの分解する働きの弱い人が多いようです。

2、飲んだ翌日に二日酔いによって発生する頭痛

二日酔いで発生する場合の頭痛についてを記載。

二日酔いで頭痛を引き起こしてしまった場合は『アセトアルデヒド』というお酒を分解する物質が原因となっています。

アルコールを肝臓で分解する時、体内にアセトアルデヒドという物質が発生し血管を拡張させ、脳内の三叉神経を刺激します。

頭が割れるような痛み・・・とはまさにこのメカニズムから起きているのです。

そして二日酔いの際に注意しなくてはならないのが、脱水症状。アルコールの利尿作用で大量の水分不足が起きます。

また、肝臓がアルコールを分解するため低血糖になり、頭痛を引き起きしている場合もあります。

肝臓は優先的にアルコールの分解処理を行うため、体内の水分を消費してしまいますので二日酔いで頭痛や吐き気がする場合は水分をしっかりとるようにしましょうね。

お酒を飲んでる時に頭痛や吐き気がきてしまったら?

お酒を飲み進めていると急に頭痛が発生!そんな時、こちらの対処法がオススメです。

痛む箇所を冷やす

頭痛による痛みが強いところを冷やすということをまとめる。

アルコールの分解過程で血管が拡張して頭痛が起きているので、まず血管を拡張させないようにする必要があります。

濡らしたタオルなどで痛い部分を直接冷やしてあげましょう。二日酔いの時も効果がありますので、ぜひ試してみてください。

誤って温めてしまうと、頭痛が悪化してしまう恐れがありますので、気をつけてくださいね。

水分をしっかりとる

体内のアルコール濃度を薄めることについてまとめる。

体内に摂取したアルコール濃度を水分で薄めて、アルコールの排出を促してあげましょう。

また、アルコール濃度が高くなると同時に脱水症状も引き起こされるので、水分を取りながらお酒を飲むことで、脱水症状の予防にもなります。

途中途中で水を飲み、一旦クールダウンをしましょう。

お酒を飲む前にできる頭痛の予防法はこれ!

お酒を飲む前に、少しの工夫で頭痛を回避することができます。その工夫とはどんなことでしょうか?

こまめに水を飲みながらお酒を飲む

こまめに水を飲みながらお酒を飲むことでどのように予防できるのかをまとめる。

こまめに水分を摂ることで、アルコールの濃度が一気に上がるのを防ぎます。またアルコールの排出も助けるため、こまめに水分を意識して飲むことが大切です。

チェイサーとしてお水を用意するのもいいですね。また、緑茶やコーヒーなどに含まれるカフェインも、血管を収縮させる効果がありますのでオススメです。

お酒と一緒に食べるものに気を付ける

どんな食べ物を食べれば予防になるのかをまとめる。食べ物については箇条書きすると見やすい。

実はあまり知られていませんが、ビタミンB2とマグネシウムはお酒による頭痛を抑える効果があります。それぞれの栄養素を含む食材は以下があります。

ビタミンB2

  • 納豆
  • レバー
  • ししゃも

マグネシウム

  • いくら
  • 豆腐
  • あさり

などなど、色々な食材があるので、組み合わせてお酒のおつまみに選ぶと、より効果的ですね。

またしじみの味噌汁には、肝臓の働きを助ける必須アミノ酸が含まれていますので、アセトアルデヒドの分解を促進する効果があります。

お酒だけではなく、食材などもバランスよく取り入れてみてはいかがでしょうか。

お酒を飲んで頭痛や吐き気がきたときにやっちゃいけないこと

アルコールを体内から出すために汗を流そうと、よくサウナに行く人がいますがこれは絶対にNG。お酒を飲んだ後の体は、ほぼ脱水症状のような状態です。

そのような状態でさらに体内から水分を出すことは、脱水症状を促進させてしまう危険な行為ですのでやめましょう。

アルコールは肝臓で分解されますが、その過程でも水分を必要としますので、体が水分を必要としているのに水分を出してしまうのは本末転倒。

もちろんお風呂や運動などで汗を流す行為もやってはいけません。

そして、お酒で起こる頭痛で頭痛薬を飲むこともできれば避けましょう。薬も肝臓に負担をかけますので、きちんとした通常の効果は得られず効きすぎてしまったり、まだ残っているアルコールと薬の成分の併用となり大変危険ですので絶対にやめましょう。

まとめ

お酒による頭痛や吐き気が起きる原因としては、体にアルコールが過剰に反応してしまうことや、体内に溜まったアルコールを分解しようと血管を拡張させ頭痛を起こす二日酔いが主な原因です。

頭痛を和らげるための予防法としては水分をしっかりととることや、頭痛で痛む箇所を冷やすことが効果的でしょう。

またお酒と一緒に食べるものの中にも頭痛を緩和してくれる食べ物もありますので、おつまみに取り入れてみてください。

上手にお酒を飲むというのは、予防策や対処法をうまく活用する事なのかと思います。

楽しくお酒を飲めるよう、ぜひ実践してみてくださいね♪

スポンサーリンク