この記事の所要時間: 643

二日酔いの救世主「ウコン

今やお酒を飲む人で知らない人がいないウコンですが一般的に有名なのは二日酔いを防ぐなどザックリとした情報ではありませんか?

実際どうして二日酔いに効くのか?ウコンは薬?漢方?副作用はないの?

認知度が高いわりに謎めいてる救世主ウコン。

それでは詳しくウコンの効果や効能を解説していきましょう。

酔いを和らげる「ウコン」って何?効果や効能とは

ウコンてなんだか生姜に似てると思ったことはありませんか?

実はウコンはインド地方を原産とするショウガ科クルクマ属植物の多年草なのです。

主に日本には春ウコンと秋ウコンが輸入されており日本でも九州や沖縄でも栽培されています。

ちなみにカレーでおなじみのターメリックは秋ウコンを乾燥させたものです。

なんとも印象的な黄色が特徴的ですね。

また春ウコンと秋ウコンはそれぞれに成分の特徴を持ち合わせています。

特に二日酔いの特効とされているのが秋ウコンに多く含まれているクルクミン。

お酒の席ではウコンが欠かせない?!二日酔いには効果的

先ほどもご紹介した秋ウコンに多く含まれているクルクミンという成分。

この成分が二日酔いにとても効果を発揮するとされています。

ウコンが黄色いのはこのクルクミンという成分が黄色いからなのです。

まず二日酔いのメカニズムをご説明しましょう。

摂取しすぎたアルコールの分解過程でアセトアルデヒドという成分に分解されます。

そのアセトアルデヒドが体内に残ることで頭痛や吐き気を引き起こしてしまうのです。

しかしウコンに含まれるクルクミンはそのアセトアルデヒドを残さないように肝機能を活発にします。それにより二日酔いを防ぐ効果があるとされているのです。

大切なのはお酒を飲む前にウコンを飲みアセトアルデヒドの発生を抑制することです。

二日酔い防止には先手を打つ!これ賢い飲み方かもしれませんね♪

ウコンの飲み過ぎには要注意!!知られざる副作用

実はウコンには副作用があることを知っていましたか?

ウコンの副作用はあまり知られていないのが現状ですね。それでは詳しく解説していきます。

1、ウコンに含まれる「鉄」が悪影響?

飲み会のたびにウコンを飲んでいる方!

そして二日酔いにはしじみの味噌汁が体に良いと思ってる方・・・

ウコンには鉄が多く含まれていることを知っていましたか?

実は鉄のとりすぎは大変危険なのです!

鉄を過剰摂取してしまうとC型肝炎や脂肪肝を発症してしまう恐れがあります。

鉄が肝臓に蓄積してしまうことで活性酸素により肝細胞が傷つき炎症を悪化させるのです。慢性的な炎症が悪化し進行してしまうと肝硬変や肝がんになるリスクが高くなります。

実際に脂肪肝の人の血液には鉄が過剰になっているという臨床データもあるそうです。

鉄を含むしじみも同様に気をつけたほうが良いですね。

日本人には鉄分が不足しているという話をどこかで耳にしたことがあるかと思いますが鉄ばかりを摂取してしまうと恐ろしいことになりかねないのです。

2、肝機能が低下している人は注意が必要

ウコンといえば何やら漢方的で健康なイメージがあります。

しかし肝機能が低下している人にとって実はかなり危険なものです。

10年ほど前に日本肝臓学会では「高い確率で薬物性肝障害を引き起こす要因の一つがウコンである」と発表されました。

その他にも5年前に健康食品・サプリメントによる健康被害の現状と患者背景の特徴というカテゴリーでウコンは3位にランクインするほどの健康被害数でした。

肝機能が低下している人が飲めば肝障害を起こしてしまうリスクがとても高いのです。

特に下記の方はサプリや飲料などの経口を控えたほうがいいかもしれません。

・妊娠、授乳中の方

→紫ウコンに含まれる精油成分が子宮収縮を起こしてしまう恐れあり

・肝機能が低下している方

→ウコンに含まれる鉄分が蓄積すると鉄分過剰状態になり肝臓障害を起こしてしまう恐れあり

・胆石・胆汁管障害をお持ちの方

→ウコンに含まれるクルクミンが胆汁の分泌量を増やす作用があるため胆のうを刺激してしまう恐れあり

・抗血液凝固剤を服用している方

→ウコンに含まれるクルクミンが血液の流れを良くする作用があるため血液が止まらなくなる恐れあり

・降圧剤を服用している方

→ウコンに含まれるクルクミンが血圧を下げる作用があるため低血圧を引き起こす恐れあり

上記以外にも心配な方は一度医師に相談してみてください。

3、繰り返し飲むことで起こる肝臓の異常

仕事やプライベートなどでも飲む機会が多くその度にウコンを摂取している方。

無言の臓器といわれる肝臓が静かに悲鳴をあげているかもしれません。

ウコンに頼りきって暴飲暴食が繰り返されると中性脂肪が肝臓内にたまり脂肪肝から進行して肝硬変になってしまいます。

気軽に二日酔いを防げるものだと思ってウコンを飲み続けているとお酒の量を過信してしまい体を壊すことになりかねません。

そもそも肝臓は自覚症状が出にくい臓器です。

健康診断で肝炎や脂肪肝と診断され驚いた方も少なくないのではないでしょうか。

取り返しのつかない状態になる前に十分注意してくださいね。

お酒を飲む前?飲んだ後?ウコンの飲むタイミング

さてウコンはお酒を飲む前に飲むべきか、または飲んだ後に飲むべきか?

どちらが効率よくウコンの効果が発揮されるのでしょうか?

「ウコン研究所」が発表しているウコン飲料の健常者における二日酔い改善作用という項目ではお酒を飲む前にウコンを摂取した効果が発表されています。

やはりお酒を飲む前にウコンを飲むと効果が発揮されるようです。

「飲む前に飲む!」などと謳われたCMが記憶にある方も多いのではないでしょうか?

ウコンはお酒の前に飲みましょうね。

お酒の席でどのくらいウコンを飲めば二日酔いにきく?

二日酔いを避けるためにはウコンをどれくらい飲むのが適量なのでしょうか?

食糧農業機関(FAO)と世界保健機関( WHO)の合同会議で体重60kgの人の1日上限摂取目安数は180mgまで推奨となっています。

一般的にコンビニで見る「ウコンの力」の1缶にはクルクミンが30mg配合されています。他の成分とのバランスからみるとかなり手厚い量が配合されているようです。

推奨されている最大量まで「ウコンの力」を飲んでしまうと鉄やカリウムなども摂り過ぎてしまう可能性がありますので注意が必要ですね。

もう少しウコンを摂りたい場合は「ウコンの力 スーパー」というクルクミンが40mg配合されているタイプもあるので購入を検討してみてはどうでしょうか?

まとめ

二日酔いを防ぐため気軽に飲めるウコンはとても魅力的です。

今の時代は飲料やサプリメントが気軽に手に入るので忘年会や歓送別会の時期には会社やまたは友人が用意する場面もあるでしょう。

しかしウコンは安易に手に入りCMのイメージも良いので副作用があるとは知らずに飲んでいる人も多いのではないでしょうか。

人の体に作用するものはほとんどのものが副作用を起こす働きがあります。

痛みを抑えるためには眠気が起きたり喉が乾いたりと副作用の症状もまた人それぞれ違います。色々な成分が入っているものは特に気をつけましょう。

またなるべくならウコンに頼りすぎずお酒を飲むときは自分の適量を超えないことが一番大切ですね。

そして忘れてはいけないのがウコンを飲んでお酒を飲んでも肝臓へのダメージは防げないということです。やはりお酒は二日酔いにならないよう適量で飲むことをオススメします。

ウコンの副作用についてまだ知らない方へはぜひ教えてあげてくださいね。

スポンサーリンク