この記事の所要時間: 448

お酒は飲めるがすぐにお腹を壊してしまう、お酒を飲んだあとは必ず下痢になってしまう、そんな症状を経験した事はないでしょうか?

気持ちよく飲んだお酒と美味しく食べた料理なのに体調を壊し下痢になるのは少し悲しいですよね。

ここではお酒の席でもすぐにできる下痢の対処法や、下痢が起きる原因などを解説していきましょう。

お酒を飲むと下痢をしてしまう原因とは

お酒を飲むとどうして下痢を起こすのか?まず、一般的に便の水分の割合というのは約70〜80%と言われており、その便の水分量が増加することで下痢の強さも変わります。お酒で下痢が引き起こされる原因は、まさにお酒を飲みすぎる事。

その事が原因で起きる下痢を『浸透圧性下痢』といいます。

お酒を飲みすぎると小腸の粘膜にある酵素の働きが弱まり、糖や脂肪・水分やナトリウムなどが吸収されにくくなるため下痢を引き起こします。また、小腸で消化・吸収されなかったものが大腸に流れ、未消化物を早く排出しようと蠕動運動を活発にし通過を早くするため、水分の多い状態で排出され下痢になってしまうのです。

下痢になりやすいお酒の種類

特にアルコール濃度が高いお酒とビールは下痢になりやすいので注意しましょう。アルコール濃度が高いお酒やビールは、腸に達するまでアルコールの分解がされないため分解が難しい飲み物です。

ビールなどは一気にグイッと飲みたくなってしまいますが、消化過程で一部の炭水化物が分解されないまま大腸に到達してしまうので、水分が残ってしまい下痢になってしまうのです。

そして下痢も起きますが、腸の中では難しいアルコールの消化・分解・発酵の過程でガスも発生してしまうため腸を圧迫し悪循環となってしまいます。

また焼酎やワインを飲む人は比較的にみて下痢になりにくいようですが、アルコール濃度は高いので飲みすぎてしまうと結局ビール同様になってしまうので注意が必要。

アルコール濃度が高い飲み物は、体の反応も強く出るということを忘れずにお酒を飲みましょうね。

お酒を飲むと下痢をしてしまう人ができるお酒の席での対策

それではお酒を飲む時にすぐにできる対策とは何があるのでしょうか?

お酒を飲む量を控える

まず自分のアルコールの適量をオーバーしていないか一度チェックしてみてはどうでしょうか?

自分では気づかぬうちにお酒の席の雰囲気に流され、短時間に過剰なお酒の量を飲みすぎている可能性があります。

自分の適量を把握し飲酒量を減らすことで、下痢に見舞われず健やかに楽しくお酒を飲むことができますね。

脂質や糖質の多い食べ物をなるべくとらない

おつまみを選ぶときは、消化吸収の良い物を選びましょう。

なるべく脂っこくないフードを選んだりと少しの工夫で予防できますのでぜひ実践してみてください。また、空きっ腹にいきなりアルコールが入ると胃が荒れたり他の臓器トラブルを引き起こす原因ともなりますので注意しましょう。

そして多くの人が飲んだら食べたくなるシメのラーメン。

実はそれも要注意なのです。アルコールだけでも小腸・大腸で未消化・未吸収物となっている状態に油や塩分の多いラーメンを食べることは、下痢になる決定的な要因となってしまいますので控えたほうが良いですね。

どうしても食べたい場合は、なるべく消化の良さそうな食べ物にしましょう。ラーメンではなくお茶漬けやうどんに変えるだけでも違いますね。

お酒を飲んで下痢になってしまった時の対処法

お酒を飲んで下痢になってしまった時に注意したいのが脱水症状です。

脱水症状を防ぐためには水分・電解質の補充も大切ですので、スポーツドリンクやなるべく常温の水分をこまめにとるようにしましょう。温かい味噌汁も有効的です。

そしてゆっくりと休息をとり胃腸を休めることも重要ですね。

体が健康であるから美味しいお酒を飲めるということ忘れずに、ムリをせずゆっくり休みましょう。

お酒が原因の下痢に薬はNG!

お酒を飲んだときお腹が痛くて痛み止めを飲んでしまうことはありますか?

実はアルコールの残っている体に痛み止めを飲むことは、薬が効きすぎてしまったり体内のアルコールと薬の成分の併用になってしまったり、大変危険なので飲まないように注意しましょう。

もし薬を飲むならば、痛み止めではなく市販されている下痢止めなどがオススメです。

下痢が続く場合はお酒以外の原因の可能性大!

お酒で起こる下痢症状は大抵お酒が抜ける数日間で体調と共にお腹の調子も戻ることが多いようです。

しかし、あまりに長引く下痢症状や1日に異常なほどトイレに行くような場合は、他の病気が原因となっている可能性もありますので早めに病院を受診するようにしてください。何事も早期発見が一番ですね。

まとめ

お酒を飲んで下痢が起きる原因は、お酒の飲みすぎが主な原因です。

特に空っぽの胃にアルコール濃度の高いお酒やビールなどを飲むのは下痢になりやすいのでやめましょう。お酒を飲みすぎることで小腸の消化・吸収がうまくいかず腸の動きを活発にしてしまうため、水分が多く通過し下痢になります。

下痢を防ぐ一番の予防法はお酒をなるべく控えることです。自分の適量を把握しセーブしながら飲むように心がけてください。

またお酒を飲むときは食べることも大切。

意識して消化吸収の良い食べ物を一緒に食べ、こまめに水分もとりましょう。

下痢をせずに安心してお酒を飲むことができれば今よりもストレスなく楽しいお酒が飲めますね。ぜひお伝えした対処法や予防法を今後のお酒の席で実践してみてください♪

スポンサーリンク