この記事の所要時間: 542

子猫便血便だった時、どう対処したら良いのでしょうか?

こちらでは血便の原因や対処法など役立つ情報をご紹介していきます。

猫は体調が悪いと隠れてしまいますので飼い主さんが唯一猫の健康状態をチェックできるのは便です。

猫は嘔吐したり下痢したりしやすいですが血便が出るのは不調を知らせるサインです。

大したことないのでは?と血便が出ているのに安易な情報で自己判断するのはNG。

何が原因で血便が出るのか?

血便が出た時はどのように対処するべきなのか?

詳しく解説していきましょう。

子猫が血便をしたらまずは動物病院へ!

猫が1〜2回の単純な嘔吐や下痢をしていてもいつもと変わらず元気ならそのまま様子をみることもあります。

しかし血便は重大な病気のサインの可能性もあるため初めて子猫を飼った方が子猫の血便を見つけたらすみやかに動物病院へ行きましょう。

また猫の飼育に慣れている方であっても血便を発見したらまずは動物病院へ行きましょう。

猫はペットショップから来た場合も含め寄生虫に感染していることが多いです。

子猫が保護した野良猫であれば感染の確率はさらに上がります。

飼い主さんの間違った自己判断でまだ体力のない子猫の命を危険にさらさぬよう気をつけてください。

様子を見ているうちに実は微熱など他の症状も併発し猫がぐったりしてしまうこともあります。

出来るだけ早く対処してあげましょう。

子猫が血便をしてしまうのはなぜ?

子猫の血便には色々な原因が考えられます。

血便が出ても血の混ざり具合や便の色で体のどの部分で出血が起きているのかも変わってきます。

考えられる出血の原因は

  • 食物アレルギーや寄生虫が原因で炎症を起こし出血している場合
  • 口から異物を飲み込んだことで消化器官を通り便として排出されるまでに消化管内を傷つけ出血している場合
  • 大腸から肛門付近が傷つき出血している場合

このように血便といっても原因が複数考えられます。

まだ小さい子猫にとって家の中にある何気ない物が危険因子となったり初めて食べる物でアレルギーを起こしたりしますので注意が必要です。

子猫の血便の状態をチェック!危険な状態は?

猫の血便といっても皆同じではなく症状により血便の色もタイプも違ってきます。

タイプ別に解説していきましょう。

うんちに鮮血が混ざっている場合

鮮血がついているということは便として排出される直前についたものであると考えられます。

おそらく大腸から肛門付近のどこかで出血しているかもしれません。

この場合下痢で腸が荒れて出血したり、ひどい便秘で痔になっている可能性も考えられますがわりと子猫は下痢をしやすい傾向があります。

しかし重篤な病気が潜んでいる可能性もありますので油断はできません。

病気によって血便が出る主な病気として

  • 大腸にできる悪性腫瘍やポリープ
  • 猫汎白血球減少症
  • 高中傷

などがあります。

いずれも命の危険性が高いのできちんとした検査を要します。

まだ検査していない方は一度動物病院で検査することをお勧めします。

うんち全体が黒っぽくなっている場合

便が鮮血ではなく黒っぽい状態も実は血便です。

出血している部分が口・食堂・胃・小腸など便として排出されるよりも前に体の中で出血した場合に黒っぽい便となって排出されます。

鮮血は出血して間もないことが多いですが黒い色になると前からの出血を見逃している可能性もあります。

緊急性は鮮血の便と同様ですのでやはり動物病院へ受診することをお勧めします。

子猫が血便をした時の対処法とは

子猫が血便をしてしまった時にできる対処法をご紹介します。

まずは慌てず適切な対処をするために覚えておくと良いことをまとめました。

ぜひ実践してみてください。

1、うんちを確保し子猫の状態をチェック

子猫の血便を見つけたらまずは便を確保しましょう。

なるべく排便後すぐ空気に触れないようなものに入れ保管してください。

例えばラップに包んだり、袋に入れます

(袋に入れる際は袋の口を固く閉じましょう)

あればタッパーなどもOKです。

動物病院へ便を持ち込み獣医師が直接チェックすることで正確な診断もしやすいでしょう。

またその際に血便が出た時の状況も併せて問診されると思いますので下記の内容を参考にメモして行きましょう。

  • 血便意外に嘔吐や下痢の症状はないか
  • 子猫の体調
  • 子猫の食欲
  • 異物を飲み込んでいないか

普段から子猫の便を確認する習慣があると便に変化があったらすぐ気づくことができます。

体調チェックも兼ねて日頃から見てあげてくださいね。

2、血便に気付いたタイミングで動物病院へ

子猫の血便を見つけたらまずは動物病院へ電話or行けるなら早めに受診しましょう。

病院では持参した便をすぐに検査し原因追求してくれます。

まずは寄生虫や感染症などリスクの高いものから検査を行います。

その理由は血便や下痢は寄生虫や感染症の初期症状として現れることが多いからです。

検査を一度も受けたことのない猫も多いため動物病院では一通りの検査が行われるでしょう。

また検査済みの猫もその検査結果が古い情報であれば新たに感染している可能性を疑いもう一度再検査した方が良いでしょう。

寄生虫や感染症に異常がなければ原因は生まれつき胃腸が弱いことと診断されることが多いです。

その場合は乳酸菌が入ったサプリメントなどを与えて様子を見ます。

また子猫はストレス性と診断されることもあります。

子猫はとくに環境の変化などストレスに弱くすぐに下痢をしてしまいます。

そこから血便を招いてしまうこともあるからです。

どちらにせよ病院での検査になりますので血便を見つけたらすぐに便を持参して病院にかかりましょう。

まとめ

猫は痛みを見せないようにするので飼い主さんは普段から愛猫の便チェックをしてあげてくださいね。

その時に血便を見つけたらまずは便の確保と猫の様子を見て動物病院へ!

重篤な病気を疑う場合もありますので自己判断で病院へ連れて行かなくても大丈夫だろうというのは大変危険です。早期発見が一番。

病院をすぐ受診できるように猫用のお出かけセットやペット保険への加入、動物病院へ便や嘔吐物をすぐ持参できるようトイレ環境の整備など事前準備しておくと良いですね。

そしてとっさの時に慌てずご紹介した内容を役立て適切な対処をしてあげてくださいね。

スポンサーリンク