この記事の所要時間: 433

お酒を飲む前に牛乳を飲むと胃に膜が張られお酒の吸収率を下げるという噂が話題となりました。牛乳といえば胃に膜を張る印象が強く残っている方も多いのではないでしょうか。

また牛乳を飲むだけでお酒が飲めるようになる人もいる!?なんて噂までありました。

二日酔いを予防するために様々な方法がありますが牛乳には薬のような副作用もなくお手軽で試しやすいですよね。

夜寝る前にホットミルクを飲んだりする人もいるくらい牛乳は私たちにとって身近な存在です。

しかしこの牛乳を飲むだけで二日酔いを防ぐ効果は果たして本当なのでしょうか?

それでは他機関で行われた実験結果なども踏まえて詳しく解説していきましょう。

お酒の前に牛乳を飲むと二日酔いになりにくい!その理由とは

お酒を飲む前に牛乳を飲むことで胃が守られ二日酔いになりにくいというのはどういう理由からなのか?

それでは牛乳の謎に迫って詳しく解説していきましょう。

牛乳はアルコール代謝を早め酔いにくくさせる!

お酒を飲む前に牛乳を飲みその後のアルコール濃度の変化を調べた実験結果によると肝臓内でアルコール代謝のスピードが早くなったという報告結果が出ました。

アルコール代謝が早いということはそれだけ酔いが冷めるのも早いということ。

具体的に説明すると日本酒を3合飲んだ人が血中アルコール濃度がゼロになるまでにかかる時間が8時間とされています。

牛乳を飲んだ人で実験したところその血中アルコール濃度がゼロになるまでにかかった時間が1〜2時間短縮されたというのです。

その結論からお酒の他に牛乳やたんぱく質を摂るとアルコール代謝が早いということがわかりました。牛乳以外でも甘い食べ物が同様の効果を発揮するのだそう。

甘いものをおつまみに取り入れるもよし、チェイサーに牛乳!なんてどうでしょうか?

ただし高カロリー摂取にならないよう気をつけたいですね。

牛乳飲むことでお酒が飲めるようになるわけではない

牛乳を飲むことでお酒が飲めるようになるという噂を聞いたことがありますか?

牛乳を飲むだけでお酒に対する体質も変わるのか?

それではお酒と牛乳の関係性について解説していきましょう。

アルコールに牛乳の膜は意味がない

他機関で行われた実験結果によると牛乳を飲んだあとに胃カメラで胃を観察した結果、胃には膜が張られていることが分かりました。

しかし胃に膜は張られますがその膜がアルコールの吸収を抑えるわけではないということも実験結果により明らかになりました。

どうしてかというと牛乳の液体は大きな粒々の集合体で、アルコールの分子よりも非常に大きいのです。

血管から脳に浸透するくらいアルコールの分子は小さく牛乳の膜では隙間を通過し吸収されてしまいます。

よって牛乳が膜を張ってもアルコール濃度になんら影響を及ばすことはないということが証明されました。

この結果に誤解が解けた方も多いのではないでしょうか。

牛乳の役割は「胃の粘膜」を保護すること

牛乳がアルコールの吸収を抑えるわけではありませんが何も効果を得られないわけでもありません。

牛乳を飲むことによって胃酸を中和して胃の粘膜を保護してもらえるのです。

また牛乳の成分であるカルシウムには胃の粘膜へ刺激するストレスを和らげる働きもあるとされています。

お酒を飲む前に牛乳を飲むことで胃の粘膜を保護し代謝を助けてくれる効果は嬉しいですね。ぜひ飲み会の前には牛乳の準備をオススメします。

お酒の前に乳製品!牛乳以外に効果のあるもの

お酒を飲む前に牛乳を飲むといいと言われていますが牛乳の他にはどんなものが良いのでしょうか。

牛乳同様にヨーグルトも胃に膜を張るようなイメージですが実はどちらにも含まれているたんぱく質や脂質が重要な役割を果たしているのです。

空腹状態でお酒を飲めばすぐさま胃や腸がアルコールを吸収してしまいます。

しかしヨーグルトに含まれている乳脂肪により空腹状態でお酒を飲むよりかは消化を緩やかにします。

ヨーグルトにはアルコールの分解に必要なたんぱく質やビタミンB1も含まれていることから牛乳に負けず劣らずの効果が出るでしょう。

また乳製品が苦手という方はもずくやめかぶといった海藻類もオススメです。

海藻類にはアルコールの分解を助けるフコイダンという成分が豊富に含まれています。

その他には生野菜や豆腐・肉・枝豆・卵などたんぱく質を含む食べ物もオススメです。

中でも大切なのはやはりお酒だけではなくちゃんと水を飲むこと。

チェイサーやおつまみを工夫して色々試してみてくださいね。

まとめ

お酒を飲む前に牛乳を飲んだり飲むヨーグルトを飲む工夫も大事ですね。

ポイントは体内でアルコールを分解するときに必要な栄養素を持つ食べ物や一番重要な水をきちんと摂ること!

ただし飲みすぎてしまっては何をどれだけ飲んだり食べたりしても全てが台無しになってしまうので注意が必要です。自分のお酒の適量を知っておくことも必要ですね。

お酒というのは楽しいひとときを与えてくれますが胃や肝臓に負荷をかけすぎてしまうと病気を招くことにもなりかねないということも忘れずに♪

ぜひお酒と牛乳の知識を役立ててみてくださいね。

スポンサーリンク