この記事の所要時間: 442

普段はいびきの心配がないのにお酒を飲んで寝るといびきがうるさいと言われたことはありませんか。

自宅で1人のときはどんだけいびきをかいても構いませんが、やはり友人との旅行や恋人とのお泊まりなどでは周りの目が気になり恥ずかしい思いをしてしまいますよね。

自分ではなかなか気付くことがない、いびきについてしっかりと原因と対策法を知っておくことが大切です。

そこで今回は、お酒を飲むといびきをかいてしまう原因と対策法をご紹介します。

お酒を飲んでいびきが出るのは筋肉が緩むから

お酒を飲んでいびきをかく原因として、アルコールに筋肉を緩める筋弛緩作用があるため喉の筋肉が緩み空気の通り道の気道が狭くなっていびきがでやすくなります。

いびきをかきやすくなるもう一つ要因としては、舌の筋肉が麻痺し、仰向けに寝ていると喉の方に舌が落ちやすくなったり、血行が良くなり鼻の粘膜が腫れることで鼻詰まりを起こしやすくなるのもお酒を飲んでいびきをかく原因となります。

さらに、日本人は欧米人に比べるとアゴが小さく鼻が平べったいという骨格でいびきをかきやすく、喉の奥がもともと狭い作りで口呼吸になりやすいのです。

お酒を飲んで寝ると、舌が落ち込み喉の奥が狭くなると余計に口呼吸になりやすくなりいびきをかきやすくなってしまうのです。

アレルギー性鼻炎の場合はいびきがより出やすい

お酒とアレルギー性鼻炎は相性が悪く、アレルギー性鼻炎などを持っている人はお酒を飲むと飲んでいないときよりも鼻水や鼻詰まりなどの症状が出やすくなります。

そのためアレルギー性鼻炎を持っている人はお酒を飲むといびきがより出やすくなってしまいます。

また、アレルギー薬を服用している人は注意が必要です。アレルギー薬とお酒は相性が悪いこともあるため医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

酔っていびきをかきながら寝ると寝つきが悪くなる

お酒を飲んで寝ると、寝る瞬間の寝つきはよくなりますがいびきをかきやすくなるので眠りの質が悪くなってしまい結果として寝つきが悪くなります。

寝ているときにいびきをかいているときは眠りが浅いため、ちょこちょこトイレに行きたくなってしまったり、喉が渇いて飲み物を飲みたくなったりなどして目が覚めてしまったりしてしまいます。

その場合は身体しっかりと休まっていない状態なので、疲れが残ってしまったり寝不足になったりと次の日に影響が出てしまいます。

しっかりと睡眠を取り身体を休めたい時はお酒を飲まずに寝るようにしましょう。

お酒を飲んだ場合のいびき対策

お酒飲んだ日になんとかいびきを抑えたいときもありますよね。簡単にできるお酒を飲んだ日のいびき対策3つをご紹介します。

1、飲み過ぎない

お酒を飲んだ後のいびきを抑える一番効果的な対策は、難しいことではありますが飲まないこと・飲み過ぎないことです。

お酒を飲む場合には自分の適量を守って飲むことが重要です。楽しい飲み会だからといって、歩けなくなったり・記憶がなくなるほど飲み過ぎてしまうのはもちろん論外です。

自分のお酒の適量を知っておくということも大切です。

ほどほどに抑えて飲み過ぎないようにお酒を飲むということが、いびき対策にも健康にも繋がります。

2、空腹の状態でアルコールを飲まない

空腹の状態でアルコールを摂取すると、アルコールの吸収速度が速まってしまいます。アルコールの吸収速度を抑えるためにおつまみなどを食べながらゆっくりとお酒を飲むようにしましょう。

おつまみを選ぶときは野菜を中心に食べるようにするのがおすすめです。お酒を飲んでいるときはビタミンやミネラルが失われやすいので、ビタミン・ミネラルが豊富に含まれているサラダ・枝豆・冷奴などを食べながら、メインもから揚げなどの揚げ物ではなく刺身や鍋物・焼き鳥といったカロリーの抑えたものを食べるようにしましょう。

また、焼酎やウイスキーなどのアルコール度数が高いものは特にアルコールの吸収速度が速く胃腸への負担も大きいためチェイサーを挟みながらゆっくりと飲むことが望ましいです。

チェイサーを挟むことで胃への負担を和らげるとともに、血中アルコール濃度の急激な上昇を抑えることができます。

3、横向きに寝る

お酒を飲んだ日の寝る体勢としては、仰向けに寝てしまうと舌が喉に落ち込むためいびきが出やすくなってしまうので横を向いて寝ると気道が確保されやすくなります。

気道が確保されることでいびきをかきにくくなるので効果的です。

横向きで寝ることに慣れていない人は、まくらの片側を高くしたり、抱き枕を使うなどして横向きでも寝やすい環境を作ることで快適に睡眠を取ることができるようになりますよ。

まとめ

お酒を飲むと舌の筋肉が緩み喉に落ち込みやすくなり気道が狭くなってしまうため、いびきをかきやすくなってしまいます。アレルギー性鼻炎を持っている人はお酒を飲むと鼻詰まりや鼻水などの症状が出やすくなりいびきがよりかきやすくなります。

いびき対策としては、お酒を飲まない・飲み過ぎないということが大前提であり一番の対策法です。

お酒を飲む場合には適量を守って、おつまみやチェイサーを挟みながらゆっくり飲むようにしましょう。

また、寝る直前までお酒を飲んでいるといびきよりでやすくなるので寝酒の習慣がある人は避けたほうがいいです。

お酒はほどほどにすることでいびきを防いだり、健康を守ることができるので適量を楽しみましょう。

スポンサーリンク