この記事の所要時間: 54

最近、猫に舐められた手が臭い・猫の噛んでいたおもちゃが臭いなど、猫の口臭が気になっていませんか?

「愛する猫ちゃんだから口臭なんて気にならない!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、たかが口臭だと侮っていたら要注意。

猫の口臭はもともと無臭と言われているので、あなたの愛猫の口から臭いがしていたら、それは何かの病気のサインかもしれません。

今回は、猫の口臭の原因やそこにどんな病気が隠れているのか、猫の口臭予防について解説します。

飼い猫の口からこんな臭いしていませんか?

猫の口臭は原因によって臭いが異なります。分類するとしたらこのような臭いがします。

  • 魚や生ごみのような臭い
  • 膿の臭い
  • うんちの臭い

猫は本来の性質上獲物を捕まえる動物ですので、相手に自分の存在を気付かれてはいけないことから、口臭や体臭がしない動物です。

そのため、愛猫からこのようないつもと違う臭いがしているのであれば、口臭が発生してしまう原因があるためすぐに対処をしてあげなければなりません。

猫の口臭が発生する2つの主な原因

口臭の発生原因は、大きく分けて2つあります。

1、口腔内や体内の病気による口臭

歯周病や口内炎といった口腔内の病気によって口臭が発生します。

人間も同じですし、「歯周病で口が臭くなる」というのは聞いた事があると思いますので、イメージがしやすいでしょう。

また、口腔内だけでなく、腎不全等の体内の病気も口臭の原因になります。

病気については後ほど解説します。

2、餌やおやつなど食べ物による口臭

猫が餌を食べた直後はもちろん口の中から餌の臭いがしますが、ここでお伝えしたいのは、

餌の種類によっては口臭の原因となる歯垢、歯石がつきやすくなるという事です。

餌の種類といっても、形や風味、臭いの事ではありません。餌の固さです。

よく「カリカリの餌」と呼ばれる固めの餌、いわゆるドライフードは、歯に残りにくく、逆に歯に付着している歯垢・歯石を取る効果も期待できます。歯の研磨効果もあります。

一方で、缶詰等の柔らかい餌、いわゆるウェットフードやペースト状のおやつは歯に残りやすく、歯垢、歯石ができやすくなってしまいます。

猫の口臭がひどく臭う時に考えられる3つの病気

口臭がひどく臭う時には次のような病気になっている可能性がありますので、かかりつけの病院で見てもらう事をおすすめします。

1、口内炎

歯ぐき、舌、口腔内の粘膜が炎症を起こす病気です。

ウイルス類(ヘルペス、白血病)の感染症や、何らかの理由で口腔内に出来た傷によって発症します。

口腔内が痛み咀嚼が上手くできない為、食欲が落ちます。

また、痛みでよだれをダラダラと垂らす事もあります。

2、歯周病

歯肉炎と歯周炎の総称です。

歯に歯垢、歯石がついたまま放置していると、やがて歯周病になります。

歯ぐきが腫れ、よく出血するようになります。

放置しておくと、歯周ポケットがどんどん深くなって歯がグラつき、最終的に抜け落ちてしまいます。

3、腎不全

腎臓の動きが弱くなる病気です。

体の中で作られたアンモニア等の老廃物を尿として体外に排出する働きが鈍くなり、口臭が発生します。

猫の口臭予防は日頃からの歯磨き

家でできる口臭予防として最も有効なのは歯磨きです。

「猫に歯磨きって必要なの?」と思うかもしれませんが、食べかすを放置しておくと歯垢に、歯垢を放置しておくと歯石に、歯石を放置しておくと歯周病になってしまいます。

※余談ですが、野良猫の8割は歯周病といわれています。

※歯磨きのできない野良猫は、なんと8割が歯周病ともいわれています。

歯磨きはできれば毎食後にするのが理想ですが、なかなか難しいと思いますので、まずは週に2、3回、慣れてきたら1日1回を目標にして下さい。

尚、猫の歯ブラシには、通常の歯ブラシタイプ(人間が使用するものと同様)以外にも、指サックのようなタイプ、シートを指に巻いて磨くタイプもあります。猫との相性、そして飼い主さんとの相性がありますので、実際に使用して試してみましょう。

また、デンタルケア用のおやつも販売されていますので、猫が暴れてどうしても歯磨きができない場合は活用しましょう。

ただし中には口臭に気がついた時にはすでに歯石になっていた、という場合もあります。その場合、一度歯石がついてしまうと歯磨きでは取れませんので病院での処置が必要です。

猫の口臭元の歯石は病院で処置

歯石を除去するには「動物病院に連れて行く」しかありません。

歯石が酷い場合は病院で処置してもらいます。

一度ついてしまった歯石を除去するには「動物病院での処置」が必要です。

ただ、処置といっても人間の歯石取りのようパパッと簡単に終わるものではありません。

猫の歯石除去は全身麻酔が必要になりますし、費用も高額です(病院や状態によりますが、一般的には安くても20,000円前後といわれています)。

しかし、歯石を放置して歯周病になってしまうと、これよりも更に高額な治療費が必要になる可能性もありますので、歯石が酷い場合は歯石除去の処置をする以外に選択肢はありません。

そうならないように、普段から歯磨き等で予防する事が大事なんです。

もしもしっかり歯磨きができているのか不安な時は、定期的に検診を受けることもおすすめですよ!

まとめ

猫の口臭は立派な病気のサインです。

「臭いだけなら大丈夫」と放置しておくと、様々な病気に侵され、大切な家族である猫が苦しい思いをしてしまいますので、飼い主さんが猫の口臭について理解を深め、普段からデンタルケアを怠らないように心掛けましょう。

そして、取返しのつかない事にならないよう、あまりにも口臭が酷い場合は一刻も早く病院に連れて行ってあげて下さい。

スポンサーリンク