この記事の所要時間: 444

猫は散歩をしなくてもいいから手間がかからず、飼育がしやすそうというイメージがある方も多いかと思います。しかしながら、猫を飼うには注意しなくてはならない点も多くあります。

注意しなくてならない点のひとつとして、猫には爪とぎをする習性があり、気をつけていないと壁やふすまをボロボロに猫がしてしまったなんてこともあります。

賃貸だと退去時に高額の修繕費がかかってしまうので、猫が壁などで爪とぎをしないように対処しなくていけません。

そこで今回は、猫が爪とぎをする理由と対策方法をご紹介します。

猫に爪とぎは必須!爪をとぐ4つの理由

猫の爪とぎにはさまざまな理由があります。主に4つの理由があるので詳しく見ていきましょう。

1、するどい爪を保つためのお手入れ

猫の爪は木登りや外敵と戦う時などさまざまな場面で重要な役割を果たしています。

いつでも使えるように、爪とぎをして古い薄皮を取って常にするどい爪を保つためでもあります。

2、その場所に自分のニオイを残すため

野生のくまは目印を残すために木に爪あとをつけることがあります。猫もマーキングのために爪とぎをすることがあります。

猫の肉球の間には臭腺があり、自分の臭いをこすりつけることで縄跳びを主張しています。

3、ストレス発散やリラックスのため

猫はストレス発散やリラックスにためにも爪とぎをします。叱られた後だったり、遊びでうまくいかなかった時などに爪とぎをしているのはこのためです。

あまり頻繁に爪とぎをするようであれば、ストレスが溜まっている可能性もあるので注意してあげましょう。

4、「かまって欲しい」という自己アピール

飼い主の前でもし見せびらかすように爪とぎをし始めたらそれは、かまって欲しいという猫なりの自己アピールです。

遊びたがっていたり、エサや水を欲しがっていることもあります。様子を見ながら要求に答えてあげるとよいでしょう。

爪とぎをしつけられるのは子猫のうち!

猫の爪とぎのしつけは早い方がいいですが、すでに爪とぎをしていて家にキズが付いてしまっていることも少なくないでしょう。このような場合には、爪とぎのクセがついてしまっている場所に猫用の爪とぎを置くことが有効な対策方法です。

壁や柱の場合には壁掛けタイプの爪とぎ、ソファーやラグの場合には据え置きタイプなど場所に合わせて爪とぎを選ぶと良いです。

また、猫の爪とぎは生後2ヶ月くらいから始まります。爪とぎのしつけは子猫のうちにするのが基本です。

爪とぎをし始めたら、猫用の爪とぎを用意してあげましょう。子猫の前足を持ち爪とぎの表面をひっかくように動かし、ここは爪とぎをする場所なんだよと教えてあげましょう。

他の場所で爪とぎをしそうになったら猫用の爪とぎの場合にそっと連れて行きましょう。くれぐれも他の場所で爪とぎをしそうになったからといって大きな声を出したり、叱ってはいけません。

何度も繰り返しているうちに自分だけでもできるようになります。

家具や壁を守る!猫の爪とぎ対策の方法とは

特に子猫の場合は爪とぎの場所を覚えたとしても、爪の伸びも早くやんちゃ盛りなので、どこにでも爪とぎをしてしまう可能性があります。

家中がボロボロになる前にしっかりと対策をしておきましょう。

保護シートや回避スプレーで対策

爪とぎをして欲しくない壁や家具に保護シートや回避スプレーを使用して対策します。

保護シートはツルツルとした素材なため爪とぎには向かず猫がここでは爪とぎしたくないと思うようになります。

回避スプレーは猫の嫌がる柑橘系などの匂いで、爪とぎをして欲しくないところにまいておきます。

回避スプレーは多用しすぎると猫が慣れてしまうこともあるので注意が必要です。

さらに匂いにストレスを感じる猫もいるため多用は避けなくてはいけません。

柱に爪とぎ場を手作り!

手作りでも爪とぎ場を作ることができます。柱やテーブルの脚に簡単に作る方法をご紹介します。

押し入れシートを適当な大きさ切り、柱やテーブルの脚に巻きます。

その上からボンドを塗り、麻ひもを巻きつけていきます。巻き始めを結んでおくといいです。

麻ひもを巻きつけ終えたらボンドが乾くまで、ガムテープやマスキングテープを麻ひもの上からキツく巻いていきます。

そのまま一晩放置して、ガムテープやマスキングテープを剥がして完成です。

爪とぎグッズを数箇所に設置

家の中数箇所に種類の違う爪とぎグッズを置くことで猫がお気に入りの爪とぎができやすくなります。猫それぞれ好みも違うため飼い猫の好みを知ることも大切です。

猫が自分好みのお気に入りの爪とぎが見つかればそこで爪とぎをするようになります。

最終手段はネイルキャップ

して欲しくない場所で爪とぎが治らない場合には、猫の爪にキャップをするのも方法のひとつです。爪とぎ自体はしますがキャップが付いているので壁などにキズがつくことはありません。

ただし多くの猫は嫌がるので、あくまでも最終手段として考えておきましょう。

まとめ

猫にとって爪とぎは本能であり大切な意味を持つ行為です。猫の気持ちを理解し正しいしつけを行うことで家の中がボロボロになるのを防ぐことができます。

また猫の好む場所や材質がわかれば、どの場所にどのようなグッズを置けばいいかわかってきます。

爪とぎグッズを活用しながら、猫思う存分爪とぎできる環境を作ってあげましょう。

そうすることでお互いにストレスなくより良い生活が送れるでしょう。

スポンサーリンク