この記事の所要時間: 517

子猫の爪が伸びてきたけれど、もう切っても大丈夫? 子猫を育てているとそんな疑問が挙がってきますよね。飼い主さんにとっても子猫にとって初めての爪切りです。

子猫の爪切りはいつから、またどんなことに注意をして切るとよいのかをご紹介します。

子猫の爪切りは生後1~2ヶ月頃から

まだ子猫なのに、もう爪を切らないといけないの? そんな疑問もあるかもしれませんが、子猫の爪を伸ばしたままにすると危険がいっぱいです。

お家の中も傷がつきますし、伸びたままの爪で飼い主さんが引っかかれてしまったら怪我をしてしまうかもしれません。同時に子猫にとっても、爪を伸ばしっぱなしにしていると色々なものに引っかかるだけでなく、爪が肉球に食い込んでケガをする場合もあります。

そのため、子猫の爪切りはしっかり行うことをお勧めします。爪切りに適した時期は、生後1~2か月と言われています。爪がある程度の固さになったら切って良い時期ですので、子猫の状態を見て判断してみて下さい。

子猫の爪切りをはじめる前にするべきこと

子猫の爪をいざ切ろうと思っても、初回からスムーズに爪を切らせてくれるわけではありません。ここで無理矢理切ってしまうと、今後も怖がってしまい、うまくいかなくなります。

そうならないために、いくつかの対策をご紹介します。

足を触るなどスキンシップを欠かさずに

爪を切る時には子猫の足を掴むことになりますが、足を触られることに慣れていない子猫は嫌がることがあります。

この時、飼い主さんが無理やり押さえつけて切ってしまうと、爪切りのたびに嫌がり切らせてくれないことが大人になっても続くことがあります。

そのため爪を切る前までに、飼い主さんが普段から子猫の足を触ったり爪の部分に触れることで足を触られることに慣れさせる、つまり子猫が爪切りの時に怖がらないようにしてあげることが大切です。

爪の出し入れの練習をしておく

足を触るついでに、爪の出し入れも行うとよいでしょう。

普段は隠れている爪ですが、足の根元を押すことで出てきます。爪を切るときは必ず爪を押し出してから切りますので、押し出すことも慣れているとより安心できますよね。

子猫の爪をスムーズに切るためのポイントとは

出来る限りの準備ができたら、いよいよ爪切り本番です。

当日はどのようなことに注意をすればよいでしょうか? 子猫を安心させるためにいくつかのポイントを交えてご紹介します。

1、後ろから抱き子猫の楽な体勢でキープ

子猫の爪を切るときは後ろから抱くことがポイントです。

子猫を安心させ、怖がらせないようさせる効果だけではなく、子猫の体勢も安定するので爪を切りやすくなるでしょう。

爪を切る人と抱っこする人の2名体制のほうがより体勢が安定するので理想的ですが、飼い主さんが一人で対応しなければならないことも多いでしょう。

子猫が一番安心する体勢を取ることが何より大切です。

2、足は軽く抑え時間をかけずに切る

子猫の爪を切るときには、片足を持って爪の根元を押さえ、爪を押し出してから切ります。

爪が出てきたら、手早く切ってあげましょう。あまり時間がかかってしまうと猫が暴れてしまって怪我をする可能性もあります。その時出来れば爪を切っている姿を見せないように配慮をしてあげてくださいね。

3、切る順番は前足から

前足を優先して切る理由は、爪をひっかけてしまう可能性が高いからです。

特に前足の親指は、巻き爪にもなりやすい部分なので優先して切りましょう。

爪切りの途中で、猫が嫌がってうまくいかないこともありますので、優先順位をつけて対応すると良いでしょう。

4、嫌がり暴れた場合は中断をする

もし爪切りの最中に子猫が暴れてしまった場合は、すぐに中断してください。

無理して押さえつけて爪を切ってしまうと、猫は恐怖を感じ、次回から嫌がって切らせてくれなくなる可能性があります。また、暴れたまま爪を切ろうとすると、切りすぎてしまったりするリスクもありますので注意が必要です。

自宅で爪切りが出来なくなると、毎回獣医さんにお願いしなければいけませんよね。そのため、決して無理をしないで対応してくださいね。

5、全て切れたときにはご褒美をあげる

無事に全部の爪切りが終わったら、子猫をたくさん可愛がって褒めてあげて下さい。

直後に褒めてあげると、猫も学習するので次回から快く切らせてくれるかもしれません。

褒めた後に好きなおやつをご褒美にあげてみるのも効果的ですよ。

爪切りで血が出てしまった場合の対処法

いざ、爪を切ろうとした時、飼い主さんは「爪はどこまで切ったらいいんだろう?」と悩むかもしれません。

猫の爪は全体が白いので、白い部分を全て切っていいのかな? と疑問に思うこともあるかもしれませんが、白い部分(クイック部分と呼びます)をよく見ると、うっすらピンク色の部分に血管が通っています。このクイック部分から1~2ミリ程度を切るようにしてくださいね。

万が一出血した場合はまずは止血をするために、ガーゼで患部を押さえて下さい。もしくは、ペット用の止血剤も市販されていますので、ご自宅に1本あると安心できますよね。

もし止血しない場合、身体の小さい子猫は貧血を起こしてしまう可能性もあります。傷の大きさや子猫の状態によっては獣医さんに相談してみることをお勧めします。

子猫の爪切りの頻度は大体10日前後!

飼い主さんにとって、最初は一大行事の爪切りですが、切る目安は10日前後です。

あくまで一般的な目安となりますが、伸びるのが早い子は1週間、遅い子は2週間と差があります。

飼い主さんが子猫の爪を観察して必要であれば都度対応するくらいでも良いかもしれません。

まとめ

初めての爪切り、緊張しますよね。初回を乗り越えたら、爪切りの時間が良いコミュニケーションタイムになるかもしれません。

子猫は足も小さく爪も柔らかく、触ることも怖い! と思うかもしれませんが、成長とともに足も爪もしっかりしてきますので、切りやすくなっていきます。

何より子猫の安全のために、飼い主さんの身を守るために、お家を守るためにも定期的な爪切りをしてみて下さいね。

スポンサーリンク