この記事の所要時間: 823

現代はストレス社会だとはよくいわれますが、ストレスは本当に毎日のように耳にする言葉ですよね。
日本は景気が芳しくないですし停滞感があり、何かと息苦しさを覚えます。

筆者もストレスでニキビができたり、眠れなくなったりと
ストレスは万病の元だな!と思っています。泣

ニキビにお悩みの方はこちらをご覧下さい!

ニキビを治す方法!早く治す薬&予防のための習慣

ストレスが原因の病気もたくさんありますし
溜めすぎないうちに、にうまく発散していきたいものですね。

ストレスでご飯が食べられなくなった・・・という方はこちらもご覧ください。

ストレスで食欲不振?その原因と食欲不振時にオススメの食事

ここでは、ストレスを根本からなくしていけるよう
ストレスを感じやすい考え方についてと、
タイプ別のストレスを発散して行く方法をご紹介します!

スポンサーリンク


ストレスとは


ストレスという言葉に悪いイメージを持っている方が大半だと思いますが
ストレスって一体なんなんでしょうか。

ストレスとは、なんらかの刺激によって起こる精神的緊張や生体の変化のことで
よく使われる意味としては、精神的・肉体的に負担となる状況や刺激を指します。

仕事のプレッシャー、満員電車での通勤、忙しい毎日・・・なんでもストレスになり得ますね。

私たちが不快だと感じるものは人によって違うのですが、
この不快な刺激を「ストレッサー」といいます。
このストレッサーによって、心身に生じる反応のことをストレスといいます。

ストレスには4つの要因があります。
・騒音や天候の暑い・寒いなどの環境要因
・睡眠不足や病気などの身体的要因
・不安や悩みなど心理的な要因
・仕事が忙しいことや人間関係に関する社会的要因

しかし、人間にとってある程度のストレスは必要です。
ストレスを感じないというこ感じないということは、刺激がなく成長もないということ。
しかし現代人はストレスを感じることが多いので、
体への悪影響も現れてしまうのです。



スポンサーリンク

ストレスの起きるメカニズム


まず、ストレッサー(刺激)から心理的・物理的刺激を受けます。

経験や状況、捉え方というフィルターを通ります。

ストレスを感じ、身体や精神に異常をきたす
or
ただの刺激として何事もなく通り過ぎる
良い刺激として受け入れる

このようなメカニズムになっていますが、
ここで注目していただきたいのが、「フィルター」です。

人によって生きて来た環境や経験が異なるので、
それぞれストレスと感じるものが違うのです。
ですから、ストレスを感じやすい人、感じにくい人がいますし
考え方次第でストレスを減らすことができます。

考え方の癖を変える


ストレスを感じやすい人は、物事の捉え方が偏っています。
これを「認知の歪み」といいます。
難しいことですが、ストレスを減らそうと思ったら、この考え方の癖を
修正していかないといけません。

全か無か思考

仕事や自分に対して常に高い目標を持っていて、それが達成できないと
自分を認めることができません。完璧主義な発想の持ち主です。

一般化のしすぎ

自分の悪い経験をずっと気にしていて、また起こるに決まっている、
そういう運命だと、過度に一般化してしまう人です。

結論の飛躍

事実はどうかわからないのに、勝手に悲観的な結論を出してしまいます。
人の言葉や態度を深読みして悪い方に捉えたり、
未来に起こることが悪いことばかりだと決めつけてしまいます。

拡大解釈と過小評価

悪い面ばかり誇張して捉え、良いことはあまり評価しません。
自分の持つさまざまな資質の中でも悪い部分やダメなところばかりに注目し
自分の成功や長所をほんの些細なことだと、極端に小さく見積もって考えてしまいます。

感情的決めつけ

自分が感じることが真実だと決めつけてしまいます。
誰かに挨拶した時に、返事がなかった時など
聞こえなかっただけかもしれないのに、「無視された」と感じたことをそのまま真実と思い込みます。

すべき思考

「~しなければならない」「~べきである」という考えが強い人です。
自分ルールを持ちすぎて自分の首を絞めてしまいますし
これを他人に向けても感じることで、思い通りにいかないとストレスになります。

個人化

何か悪いことが起こった時に、何でも自分のせいだと感じます。
自分とは関係のない理由があるかもしれないのに
自分のせいにしてしまい苦しくなります。

マイナス思考

何に関してもネガティブに捉えてしまう癖があるので
あらゆることにストレスを感じやすいです。
癖がついているので、他の人から見たらどうでもいいことに
悩んでいたります。


上記項目全て共通して必要なのが、「まぁいいや!」という考え方です。

そして自分の考えが真実なのか、客観的に見直してみることが必要です。
思考の癖をすぐに変えるのは難しいですが、この癖を知っていれば
ストレスを感じた時に、自分の感じ方は客観的事実なのか
冷静に判断することができます。


ストレスによるタイプ別の反応


自分がどんなことにストレスを感じやすいのか、
ストレスによって自分にどんな変化が現れるのか把握しておきましょう。

⑴憂鬱タイプ

ストレスを感じると憂鬱な気分になり、希望が持てなくなります。何をしても楽しくなく、無気力で悲しい気持ちになります。
常に何かが心配でそわそわし、仕事もモチベーションが上がらず、判断力が鈍ったりします。

⑵イライラタイプ

ストレスを感じると、人や物に当たったり、カッとなったりします。
また、衝動買いや暴飲暴食に走ることも。
些細な事が許せなかったり、なかなか気持ちが休まりません。

⑶体調不良タイプ

ストレスを感じると身体に出てしまいます。肩こりや頭痛がしたり、ひどいと息が苦しくなったり動悸がしたりします。
また胃の不調や下痢、便秘になることも。立ちくらみ、貧血もストレス過多による1つの症状です。


この3つのタイプが混ざっている場合もあります。


反応タイプ別!オススメのストレス解消法

⑴憂鬱タイプのストレス解消法

憂鬱タイプの方は、リラックス系のストレス発散法がオススメです。

ペットと触れ合う
アニマルセラピーという言葉があるように、動物を触ると癒し効果があります。
ペットを飼っていない方は、猫カフェに行くのも良いでしょう。
一緒に過ごすだけで、気持ちが和らぎます。

すぐに動物と触れ合うことができない方は、まずは動画でどうぞ♪

入浴
お風呂に入ることでリラックスするのはもちろんですが、
体を温めることで睡眠の質も上がりますし
血行を良くする効果があります。

瞑想
深い呼吸をしながら、精神を整えることができます。
ヨガやストレッチなど、すっくりとした運動をしながらも良いですね。

自然に触れる
公園に行ったり、お花を見に行ったりするだけでも癒されます。
家庭菜園などで土に触れることもリラックス効果があります。

⑵イライラタイプのストレス解消法

イライラタイプの方は、アクティブなストレス発散法がオススメです。

カラオケ
大きな声を出して思いっきり歌うとスッキリしますよね。
最近は一人カラオケのお店も多いですから、好きなタイミングでいけます。

スポーツ
バッティングセンターやゴルフなど、売ったり叩いたりするとわかりやすくストレス発散できます。
これだけでなく、体を動かすこと自体良い気分転換になるので、お好きなスポーツを選んでください。

旅行
いつもと違う場所に行くことで気持ちを切り替えることができます。
どこでもいいのですが、自然が多いところや温泉だと
リラックス効果があるのでオススメです。

ショッピング
欲しいものをたくさん買ってお金を使うとすごくスッキリしますよね。笑
女性には定番のストレス発散法かもしれません。

⑶体調不良タイプのストレス解消法


マッサージ

体の不調が出ていますから、マッサージでリラックスするとともに
血行を良くしてもらうと体調が改善しやすいです。

料理
身体に良い料理を作って食べれば、一石二鳥!
胃や腸に不調が出ていたりするので、脂っこいものは避け
食べ過ぎないよう気をつけましょう。

掃除
お部屋が綺麗になると何だか心も晴れやかになりますよね。
体を適度に動かせるのも良いです。
長い時間過ごす場所ですから、綺麗に保っておくことで心も安定します。

ドライブ
運転することに集中すれば、気持ちの切り替えもしやすいです。
車が好きな方には特にオススメの方法です。
景色が良いところに行くとなお気分がよくなるでしょう。


まとめ

ストレスをなくすには・・・
・ストレスを感じやすい、自分の考え方の癖を自覚する!
・自分がストレスにどのような反応をするか把握する!
・ストレスが溜まったと感じたら、自分にあったストレス発散法を行う!

いかがでしたか?

上手なストレス解消方法を知っていれば、
ストレス社会でも、毎日楽しく過ごせるのではないでしょうか。
ぜひ皆さんもストレスとうまく付き合って
より良い毎日にしていきましょう!

スポンサーリンク